矢嶋武弘の部屋

日一日の命 日々新たなり
あらゆる分野の興味や関心のあることを論じ、小説などの創作を行なうブログ

<まとめ> 青春の苦しみ

2017年10月14日 06時53分56秒 | 小説・『青春流転』と『青春の苦しみ』
過去の作品をまとめる必要が出てきたので、この場を借ります。ご了承ください。 http://blog.goo.ne.jp/yajimatakehiro/e/cb7cbb5f0cfe671b27fafb95ed9f5de5http://blog.goo.ne.jp/yajimatakehiro/e/e3f7dd4e546e21f8c1d84438730f995ahttp://blog.goo.ne. . . . 本文を読む
コメント

青春の苦しみ(16・完)

2017年10月14日 06時53分21秒 | 小説・『青春流転』と『青春の苦しみ』
17)エピローグ  外気の寒さがまだ残る日々だったが、冬は一歩ずつ遠のき、すぐそこに春の訪れが近づいている。行雄は全ての学業から解放され、後は春の到来を待つだけという気分になった。 やがて試験の結果が発表され、彼はほとんどの課目で「優」を取ったが、そんなことより卒論の「優」の方が何よりも嬉しかった。  そして、卒業式を前にした3月中旬、大学近くのS蕎麦店で仏文科のお別れ会が開かれた。A、B両ク . . . 本文を読む
コメント (3)

青春の苦しみ(15)

2017年10月14日 06時52分46秒 | 小説・『青春流転』と『青春の苦しみ』
16)卒業論文  冬休みに入ると、彼は遅れがちだった卒業論文の作業を進めようとしたが、まだどうも気乗りがしなかった。 そこで、近所に住む向井弘道の家へ遊びに行ったり、彼の方が行雄を訪ねてきたりして雑談を交わしていたが、向井も某石油化学会社への就職を決めていたため、将来の仕事や生活ぶりが話題の中心になった。  彼は親元を離れ、会社の独身寮に入るということが相当に嬉しいようだった。日頃は温和で控え . . . 本文を読む
コメント

青春の苦しみ(14)

2017年10月14日 06時52分13秒 | 小説・『青春流転』と『青春の苦しみ』
15)百合子の指  Fテレビの研修が終って通常の大学生活に戻ると、また早稲田祭の季節になっていた。百合子は歌舞伎研究会の活動に熱心に参加していたが、行雄は蓼科での合宿に行けなかったことなどから歌舞研にはほとんど関心を失い、早稲田祭のサークル活動には加わらなかった。  そんなある日、徳田と雑談を交わしていると、エール・フランスの採用試験に失敗した百合子が、彼の助力でフランス大使館への就職を決めた . . . 本文を読む
コメント

青春の苦しみ(13)

2017年10月14日 06時51分44秒 | 小説・『青春流転』と『青春の苦しみ』
 秋も深まり11月を迎えると、Fテレビで就職内定者の職場研修が始まった。一日目の午前中、まず総務局の河野人事部長から、23人の内定者に対して研修の目的や日程などの説明があり、そのあと研修生は7つの班に分けられ各職場へと配置された。  制作関係を希望していた行雄は、同じようにドラマのディレクターを志望する他の3人と一緒に、まず制作現場に回された。テレビ局のスタジオを見るのは初めてなので、興味津々覗 . . . 本文を読む
コメント (2)

青春の苦しみ(12)

2017年10月14日 06時51分02秒 | 小説・『青春流転』と『青春の苦しみ』
14)研修  就職が決まって一安心していると、歌舞伎研究会が夏休み中に長野県の蓼科で合宿を行なうということが分かった。 行雄は以前ほど歌舞伎に関心は持っていなかったが、面倒臭い就職問題も片付いて気が楽になったせいか、気分転換も兼ねて合宿に参加しようと思った。  また、蓼科高原の自然の中で、百合子と一緒に合宿生活を送るのは、他に多くの学生が参加していようとも何か“淡い期待&rdquo . . . 本文を読む
コメント

青春の苦しみ(11)

2017年10月14日 06時50分21秒 | 小説・『青春流転』と『青春の苦しみ』
13)就職戦線  大学4年の新学期が始まって一週間ほど経ったある日、高村宗男が声をかけてきた。「おい、就職説明会があさって開かれるというが、一緒に聞きに行かないか?」と言う。 新学年がスタートしたばかりだというのに、もう就職の話しが出てくるのかと行雄は“せっつかれる”思いがした。  彼が志望していた出版関係の就職試験は、秋口にならないと始まらないので“のんび . . . 本文を読む
コメント

青春の苦しみ(10)

2017年10月14日 06時49分25秒 | 小説・『青春流転』と『青春の苦しみ』
12)1963年  新しい年・昭和38年を迎えた。 行雄は気持も改まる思いで、今年中に自分の進路を決めなければと考えているうちに、にわかに百合子を誘って歌舞伎を見に行こうと思い立った。各劇場の正月公演を調べてみると、歌舞伎座では「助六」などの出し物が予定されていた。  彼は以前、歌舞伎研究会の資料で「助六」のカラー写真を見たことがある。その中で、女形役の最高峰と言われる揚巻の打掛け衣装は豪華け . . . 本文を読む
コメント

青春の苦しみ(9)

2017年10月14日 06時48分45秒 | 小説・『青春流転』と『青春の苦しみ』
11)艶・・・妄想  11月も半ばに差しかかると、歌舞伎研究会は早稲田祭の準備に追われていた。百合子は長唄の発表会があるのでその練習に余念がなかったようだが、行雄はまだ“新入り”なので大したことをやるわけでもなく、展示会場の手伝いをする程度だった。  そんなある日、徳田誠一郎が久しぶりに行雄に声をかけてきたので、二人は仏文科の講義が終ったあとS喫茶店に入った。「家庭教師 . . . 本文を読む
コメント

青春の苦しみ(8)

2017年10月14日 06時48分05秒 | 小説・『青春流転』と『青春の苦しみ』
10)1周年  行雄が歌舞伎研究会に入ってから半月ほど経った日曜日、浦和の自宅に森戸敦子の母である敏子が訪ねてきた。 埼玉県・川口市の知人に用があったついでに立ち寄ったものだが、彼女は村上家を久しぶりに訪れたこともあって、行雄の父や母と歓談していった。  敏子は最近の森戸家の写真も持ってきたが、特に娘の敦子のものを見せたかったらしい。同席した行雄が驚いたのは、敦子が大学の先輩とすでに婚約してお . . . 本文を読む
コメント

青春の苦しみ(7)

2017年10月14日 06時47分39秒 | 小説・『青春流転』と『青春の苦しみ』
8)屈辱  それから一週間ほど経っただろうか、春の陽光がまぶしく輝くある日の午後、行雄は文学部の生協食堂で軽食をとった後、たまには演劇博物館でも覗いてみようと本校舎の方へ歩いていった。 学生会館の前を通り過ぎてキャンパスに入ってすぐ、20メートルほど前方から歩いてくる男女3人の姿を見て、彼はハッとして立ちすくんだ。  徳田が中野百合子ともう一人の女子大生と連れ立って、こちらの方へ向ってくるとこ . . . 本文を読む
コメント

青春の苦しみ(6)

2017年10月14日 06時46分58秒 | 小説・『青春流転』と『青春の苦しみ』
6)呪い  学生会館で百合子と会ってから、行雄は彼女への想いが“重圧”として感じられてくるようになった。 彼はそういう自分の心境変化を不思議に思うのだが、どうしようもないことなのだ。なぜ重圧なのかと自問自答する。  お前は百合子の肉体に魅惑されているだけではないのか。 オスがメスを欲しがるように、お前は獣のように彼女の肉体を求めているのではないのか。お前が望んでいるのは . . . 本文を読む
コメント

青春の苦しみ(5)

2017年10月14日 06時46分26秒 | 小説・『青春流転』と『青春の苦しみ』
5)恋文  冬休みに入ると、行雄は百合子との関係をなんとか打開しなければと焦ってきた。しかし、妙案があるわけではない。 電話で話しても、自分の気持を十分に伝えることは極めて難しい。 思い切って彼女の自宅を訪れようかと考えたが、そうする勇気もないし、彼女だって自宅に来られるのは断るに違いない。  どうしてよいか分からず、行雄は悶々たる気持で数日を過ごしたが、そのうちにある考えが固まってきた。 百 . . . 本文を読む
コメント

青春の苦しみ(4)

2017年10月14日 06時46分02秒 | 小説・『青春流転』と『青春の苦しみ』
4)白昼夢  十一月下旬の早稲田祭が近づいた頃、行雄は、中野百合子が歌舞伎研究会のサークル活動をしていることを思い出した。 彼女は入学した時からサークル活動をしていたようで、教室でも時々、歌舞伎の話しをしていたことを行雄は覚えている。  彼は歌舞伎にそれほど興味はなかったが、歌舞研(歌舞伎研究会)ももちろん早稲田祭に参加しているので、それを縁にぜひ百合子に接近したいと考えた。 早稲田祭が始まる . . . 本文を読む
コメント

青春の苦しみ(3)

2017年10月14日 06時45分31秒 | 小説・『青春流転』と『青春の苦しみ』
3)中野百合子  九月の二学期が始まって一週間ほど経ったある日、行雄は授業に出た後、甘泉園の方へ散歩してみることになった。 大学の裏門を通り抜けて商店街に出たが、夏の蒸し暑さが残っていて、歩いていると汗がにじみ出てくる。  商店街から路地に入ると人通りもほとんどなくなり、日影になったので行雄はほっとした。 いつまでこの蒸し暑さが続くのだろうかと思いながら、彼は狭い路地から甘泉園前の広い通りに出 . . . 本文を読む
コメント