ジジの贈りもの(命日)




2013年7月13日

我が家の黒猫 ジジが虹の橋へ向かいました。

推定4歳10ヶ月。

猫エイズ & 猫白血病 のダブルキャリアだった彼。




そうだね・・・

名前は 『 楓 』 だよ。




おとぼけ顔の子だけれど

ジジと似ているところがあるの(*μ_μ)

ジジは私がお仕事の時は




高い所から、ずーっと見ててくれたよね(*゚ー゚*)

楓もデスクの隣にあるベッドで

フミフミしながら、ずっと待ってる (*μ_μ)


そして




楓もフカフカお座布が大好き!



最も一緒なのは

私のお膝の上が一番好きなところ





いなくなってしまった君が

残してくれたものは沢山あります。


ジジが旅立った4日後に起こったブリーダー崩壊。

辛くて悲しい事だけれど

今では




ありがとうと言ってくれる、里親さま達がいる。

幸せにしてくれて、感謝しかないのに。




そして崩壊で増えた我が家の家族。




6にゃんが増え、それぞれの病気で

一気に通院が増えた時には

気持ちがすり切れそうな時もあったけれど

崩壊の子達のために始めたブログで

人見知りで人付き合いも下手な私に




沢山の猫友さん(親バカさん)が出来たよ♪

そして励まして貰えた。

それまでは自分と同じ気持ちで

動物達に接する人達に出逢えなかったけれど

今は沢山いて、それが当たり前のように話せる。

猫さんの話も医療の話しも雑談も





ジジが最後にお世話になった病院も

ジジが居てくれたから辿り着けた。

輸血のための血液検査キットの不足で

電話したのがキッカケだったね。

最期の最期まで懸命に診て下さって




その後も、みんにゃがお世話になっています。



・ ワクチンはノンアジュバントを選ぶこと

・ 接種する場所は、腰からお尻、後ろ足のあたり

・ 検査で抗体値があれば、その期間接種しなくても良い

・ エコー検査は麻酔や毛刈りをしなくても出来る

・ 血液検査は調子を理解するために必須

・野良ちゃんだって、野良ちゃん風味の子だって必死に診て下さる





我が家の腎臓病の子も、肝臓病の子も

先生達のお陰で元の数値に戻ってる。


君が残してくれたものは

私にとってかけがえのない、大きく大切なものばかり。




猫飼い歴は12年8ヶ月ほど。

猫友さん達からすれば、若輩者な私。

だからこそ色んな事を吸収して、病についても知っておきたい。

そして知り得た事を共有して

いつまでも猫友さん達と笑っていたい。



君の時には、サプリは一種類だった。

楓は4種類。




まだまだ未熟だけれど、あの頃はもっと未熟だった。



サプリは何がどれだけ効果があるなんて

目にはあまり見えないけれど

君に教えて貰った事だけじゃなく

それ以上に、活かしていけたらと

先生の許可を得て与えています。


『 今 楓君に出来ることは、これ以上ありません 』


そう、太鼓判を貰いました。



もう二度と白血病の子は無理だと思っていた。

でも楓と一緒に頑張るよ!




虹の橋は綺麗ですか?





いつも思うこと。

沢山愛して、どれだけ対応しても後悔は必ずある。

それを少しでも減らしたい。

今度逢った時に、少しは胸を張れるように。


これからも、みんにゃを見ていくよ




私の子になってくれて、本当にありがとう。



沢山の贈りものを、ありがとう。










★ 最後に お ま け があります ★









= 迷子のお知らせ と お願い =





【 緊 急 で す!!】

 スコティッシュフォールドの マルコ が行方不明になりました





※ 各所掲示物には電話番号を記載してあります。

※ 首輪は着けていません。



もしも、既にマルコを保護してくださっている方がいらっしゃいましたら

どうか生存確認をさせてください。



大切にされているなら、取り上げるようなことは致しません。

どうかご連絡をお待ちしております。
見かけた方は捕獲せず、情報を送って頂きたいです。(すぐに付近に捕獲器を仕掛けます)


yaizuneko@mail.goo.ne.jp までご連絡をお願いします。




ブリーダー崩壊より救出され、里親希望宅よりトライアル中に脱走しました。

生存救出数41匹の内、この子だけが 愛される事を知りません。

心残りです。再度、皆様のご協力をお願い申し上げます。


マルコ詳細はこちら → 迷子猫 マルコ







【  お ま け  】



もうひとつ、ジジと楓の共通点。

それは





気軽に席を外せません

幸せな時間だった。



どうかマルコの情報へ繋がりますように (-人-)
下の写真をポチッと押して、ご協力下されば幸いです。
いつも応援をありがとうございます。 励みになります。

にほんブログ村 猫ブログ 完全室内飼 ←ぽちっとニャ
にほんブログ村



心から願ってる

お手数をお掛けしますm(v v)m




コメント ( 16 ) | Trackback ( 0 )
この記事をはてなブックマークに追加


« 二刀流(お誕... 追悼 »


 
コメント
 
 
 
素敵なお話しに… (ななもりうぃるまま)
2017-07-13 17:42:49
素敵なお話にジジーーーン! …ときました(*'ω'*)

そうなのですよね、お世話の未熟な部分は先に居た子達によって磨かれ、
後輩たちはその恩恵にあずかれる。
目に見えない贈り物は巡り巡って、後輩たちを守ってくれているのですよね。
私もそんなことを思いながら暮らしています。
(まだまだ…未熟者ですけれども…)

ブログ、いつも楽しみにしております(#^^#)
 
 
 
ジジくん。 (チャンプママ)
2017-07-13 21:31:45
君は今、ドコにいるのだろう?
今、どんな景色を見ているのかな・・
いつかまた、どんなかたちでもいい
必ず逢って抱きしめたい。
涙腺崩壊です!
この気持ち胸が締め付けられるぐらい
わかります!
ジジくんが遺してくれたおかげで、
ジジくんのママと出逢えました!
ありがとう😊
ジジくん凄くイケメンだぁ❤️❤️❤️
 
 
 
ジジ君 (Kirari)
2017-07-14 01:11:54
あなたは幸せな子だと心から感じます。
いつも謙虚で皆んなを大切に見守っているお母さんですよね。
今より未熟だったって言うけれど、あなたの時も全力で対応されていた姿が見えるようです。猫ちゃん達は勿論のこと、ご自身がどんな時であっても困っている方に優しく出来るお母さん。きっと自慢のお母さんだよね。
外猫時代は苦労が絶えなかっただろうけれど、ほんとはこんなにも甘えんぼさんだから、自分のお家ができて愛された日々は宝物だね。
此れからも、優しいお母さんとお父さんを見守っていてね。

ひめさん、先日は用件だけですみませんでした。
肩を組んで飲み交わすなんて、夢のまた夢です。どれだけ尊敬してるか。ご自身のことだけでなく、いつも周囲に優しいひめさんを陰ながら見ていて凄い方だなと感じていました。
仕事も不規則でコメントはなかなか入れられないかもしれませんが、いつも応援している人間が此処にいるとお伝えしたかったです。これからも猫魂家のみんなが笑っていてくれるよう、笑わせてくれるように楽しみながら拝見していますね。
 
 
 
ななもりうぃるままさま (ひめ)
2017-07-14 15:45:27
お越し下さって、ありがとうございます(人-ω-)゚*。★。*゚
ママさんの、もりしちゃんへの対応を拝見させて頂いていて
車椅子でも目をキラキラさせて楽しんでいる様子がとても嬉しかったです(*゚ー゚*)
居なくなってしまうと寂しいですが、心の中では永遠ですよね。
病気やその対応は体験してみなければ本当のところは解りません。
その経験を今いる子達に活かしたいです!
先に旅立ってしまった子には申し訳ない気持ちですが
それが残してくれた遺産ですよね。頑張らなくちゃ┗(`・∀・´●)

小さな身体ですが、大切な命。
みんなが笑っていてくれるようにお互い頑張りましょうね(´ω`*)人(*´ω`)ノ
 
 
 
チャンプママさま (ひめ)
2017-07-14 15:55:58
ジジがイケメンですって?(゚ロ゚;   当然じゃな~い ヾ(´∀`*)アタリマエ

整っているとは言い難いのですが 味のあるお顔でした
もう居ないって頭では解っているのに、何処かでまだ生きているような気がします。
それが魂なのかな?

ずっと虹の橋にいるのなら、いつか必ず行くので待っていて欲しいし
もしも生まれ変わるのなら、今度は元気な身体で必ず私の前に現れてほしい。
その時には、黒猫のグリーンアイの仔猫で(´;∀;`)

私にはマルコ枠もありますが、ジジ枠もあるのです
悲しい事でも、その後に色んな事が起こって今の大切なものがある。
だから全てを大事にしたいです(´ω`*)人(*´ω`)ノイッショニ
 
 
 
Unknown (くったんマム)
2017-07-14 16:24:38
ジジくん、短い猫生だったけど
ひめさまに出会えて幸せでしたね(T_T
今は身体が辛いこともなく
のんびり天国でひめさまやみんにゃを見てるはずです。
ひめさまをひとりじめできないのが悩みかも(^^

そして、良い先生に出会えてホント幸運でしたね。
私は猫歴30年はありますが、
ひめさまほどの知識はないですよ。
お恥ずかしいことですが。
 
 
 
kirariさま (ひめ)
2017-07-14 16:31:02
再度お越し下さりありがとうございます(人-ω-)゚*。★。*゚

しかも・・・何だかとっても褒められているような(*μ_μ)
どこかに隠れたくなるような気持ちですε=ε=ε=┏( ;・_・)┛

現在も未熟なのですが、今考えると もっと何か出来たのではないか?
あの時の判断は間違っていたのではないか?と考えてしまいます。
たった4年ですが、あの頃と比べるとネットの情報が驚くほど増えていて
参考にさせて戴いたり、少しだけ心に余裕を持たせて貰ったりしています。

当時は調べても解らなかった事も沢山あったので、私も何処かの誰かのために
少しでも情報を伝えられたら嬉しいです
猫さんも、猫さんのお父さんお母さんにも笑顔でいて欲しいですね♪♪

綺麗なお水を水だと判断出来なかったジジ
おしゃべり好きで、私が唄うと必ずいい具合に合いの手を入れてくれたジジ。
懐かしく想い出しながら、これからも頑張りたいです!

そして的確な表現や文面を、もっとしっかり出来るようになりたい( ´艸`)
伝えるって、自分で理解していても難しいですよね。
kirariさんのコメントに
『そうそう!そうよ(σ゚∀゚)σ』と言っている自分が情けなかったです
 
 
 
くったんマムさま (ひめ)
2017-07-14 16:58:06
ありがとうございます(。-人-。)

医療面では今でも考えてしまう時がありますが
愛情だけは自信を持って『 注ぎ込んだ! 』って言えます(´;∀;`)
それだけは救いになっています。

くったんマムさんの体験や、仔猫さんのように
生まれ変わりだとピンとくる子に出逢いたいです。
これから20数年・・・余裕を持って25年として私が何歳だ?
来るなら今だよー!!(ノ"o") と叫びたいです

寂しいお話しですが、こんなにも想っているのに
未だ一度も夢にすら出て来てくれないんです。
もっともっと修行しなくちゃ、認めてはくれないのかな
その分、心も技術も素晴らしい先生が居てくれるのですが←ヒトダノミ

猫歴30年!!  憧れます。私もいつか言うんだ~♪♪
私もその場その場で覚えるしかないんです。ゆえにどれだけ病気が多いか(._.)
でもそれも、いつかジジに逢うための関門なのかもしれません(*^ー゜)b
 
 
 
虹の橋の向こうでも (hanasaku)
2017-07-14 19:56:53
私たちの猫さんたちがお友達になってたらいいですね🌈

ジジくんは大好きな人と出逢えて、本当に幸せな猫生でしたね。
楓くんのことを導いたのも、きっとジジくんだと思います。
そして時々、楓くんと一緒にひめωを見つめてるんじゃないかなぁ

だからきっと楓くんは長生きするね

私もこのブログに出逢えて本当に良かったです。
猫歴は長いくせに、病気のこととかほんと詳しくなくて💧
先生の言うとおりにしてれば間違い
ないって思ってたけど…
いろいろ考えるようになりました。

これからもいろいろ教えてにゃ😺

そして万が一のコフ枠も空けておいてね☆〜(ゝ。∂)

今日は最後まで素敵コメントでした
 
 
 
hanasakuさま (ひめ)
2017-07-14 21:03:59
向こうでフクちゃんと一緒に仲良くしていてくれたら嬉しいなー( ´艸`)
こっそり2人で覗きに行きたくなりますね

たまに楓の中にジジが入っているような気がする! と
とぉさんが、私と楓のを見て言います。
甘えんぼさんな所は、ほんとソックリなの
hanasakuちんが同じ事書いてくれて、やっぱりそうなのかな?と思いました♪

今の獣医さんの前にも、自分達で調べたことを尋ねたり
治療の提案もしていました。でも却下されたらそれまでにしてしまいました
自分の子は自分で守らなくちゃいけないし、自分に知識と自信があったら
もっと話し合って粘れたのかなとも思います

そして猫さんは医療だけじゃないんだって、心の病を知った時に感じました。
だから猫歴ってとっても重要で、長く共に暮らした経験で知り得る事って
とっても多いんだと思う。

なので・・・希喜のスイッチがドコにあるか教えて下さい

万が一のコフ枠は頭の中にいつもありますよ(*^ー゜)b
でも、死ぬな!( ー`дー´)キリッ
hanasakuちんが元気で、コフちゃんだけくれれば何の問題もないよ

そして・・・正直に言うね。最後の一行を読むまで
どうしちゃったの? 何があったの?
って思ったよ(´,_ゝ`)プッ 正常なhanasakuちんで良かった
 
 
 
ジジ君 (花音)
2017-07-15 01:01:51
いつ見ても賢そうだよね〜

ひめωの愛情にも、超〜高濃度で応えてくれて
その上、こんなに貴重なモノをたくさん残してくれた

ブリーダー崩壊は起こらない方が良かった事だけど…
ジジ君からの『ママ、いつまでも悲しんでちゃダメだよ』っていうメッセージだったのかもね

かえぷんが似てるのは
きっとジジ君が天使の羽でパタパタ飛びながら、かえぷんに指令を出してるのかもよ
 
 
 
花音さま (ひめ)
2017-07-15 13:47:37
ありがとうございまーす( ´艸`)賢い子なのです♪♪ ← 否定なし

今見れば、ずっと椅子にいてくれてイイのですが
動画の時には、お仕事をしたい私と かまってほしいジジとの戦いでした
しつこく撫で回しても、一向に動こうとしないジジ
楽しかったな~ 可愛かったな~

ジジが崩壊時の忙しさをくれて、その後の今もくれたんですね(。ノдヽ。)
毎日フレームに入っている写真に触りすぎで、ジジの鼻のあたりは
いつも指紋だらけです
楓の馴染みようも、ジジの指令かーっ
実は、夜の誰も居ないときにレッスンを受けている疑惑がありました
それほど楓も私達のツボを押さえすぎてます(*≧∇≦)p
ジジがくれた大切なものを活かしていきたいです!
 
 
 
ジジちゃん、〜追伸 (みかんです)
2017-07-15 22:41:14
こんばんわ、
ジジちゃん、きっと虹の橋からみんなを見守ってますね。
楓くんの事も守ってる。
うん‥ジジちゃんの写真みたらあったかい気持ちになったもん(o^^o)
うん‥守ってますね〜

追伸
メイ、食欲戻ってきて体重も3キロにもどりました。
本日、傷口も綺麗なので抜糸できまさした。
先生との話の中、ゆっくりと3.5近く持っていきましょうなりました。
2ヶ月後にもう一度血液検査をします。
ご心配おかけしました。
皆様方、ありがとうございます
(=´∀`)人(´∀`=)
 
 
 
ジジの自慢 (むぎ母)
2017-07-16 00:43:03
それは、かぁさん

ひめ様がジジ君を愛した日々と同じだけ
ジジ君もひめ様を愛した。

今、ひめ様のお家に居る可愛こちゃんたちは
ジジNNN(ぬこぬこ)ネットワークから派遣されてるのかも
あの猫界のネットワークです

ジジ君はずっとずっと
ひめ様と繋がっているんですよね
 
 
 
みかんさま (ひめ)
2017-07-17 00:38:23
こんばんわ。
ジジを家の敷地に導いてくれたのは、みるくだねと我が家では言われています。
別棟暮らしのジジは逢った事の無い家族だけれど、きっと見守ってくれてますよね。
同じ病気を抱える楓。一番理解してくれる存在です( ´-` )

メイちゃん、戻さずに食べてくれるようになって良かったです(°∀°)b
少しずつ、少しずつ家猫さんの階段を登っていくんでしょうね。
順調に身体も出来てきた頃、今度はダイエットという言葉も聞けたらいいな
先生も、気持ちの優しい先生で良かった(*´∀`*)猫さんは繊細だから 。
 
 
 
むぎ母さま (ひめ)
2017-07-17 00:57:07
自慢のかぁさん・・・だったらいいな(;ω;*)

少しずつですが色んな知識を身につけて、派遣されてきた
大事な大事な子達を守っていきたいです

ジジにもっと何か出来たのでは?という気持ちを今の子達には持ちたくないし
その気持ちを逆に力に変えていけたらと思います。

NNNネットワークで、いつかジジの生まれ変わりに逢いたいな
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。