追悼




2013年7月17日

焼津市にて個人ブリーダー

(繁殖屋)崩壊が発生。



救出が間に合わなかった子達に

哀悼の意を表します。



簡単な事では無いけれど









どうか









親・兄妹達は皆、幸せに元気に暮らしています。

そして里親さま達も幸せそうです。

みんなを見守ってくれていると嬉しい。






本当にごめんね。

君達にも、いつか逢って謝らなくちゃ・・・







里親さま。


今日はよく生き抜いて

自分の元に辿り着いたと

我が子を 沢山褒めてあげてくださいね (人-ω-)゚*。★。*゚










★ 最後に お ま け があります ★









= 迷子のお知らせ と お願い =




【 緊 急 で す!!】

 スコティッシュフォールドの マルコ が行方不明になりました





※ 各所掲示物には電話番号を記載してあります。

※ 首輪は着けていません。



もしも、既にマルコを保護してくださっている方がいらっしゃいましたら

どうか生存確認をさせてください。



大切にされているなら、取り上げるようなことは致しません。

どうかご連絡をお待ちしております。
見かけた方は捕獲せず、情報を送って頂きたいです。(すぐに付近に捕獲器を仕掛けます)


yaizuneko@mail.goo.ne.jp までご連絡をお願いします。




ブリーダー崩壊より救出され、里親希望宅よりトライアル中に脱走しました。

生存救出数41匹の内、この子だけが 愛される事を知りません。

心残りです。再度、皆様のご協力をお願い申し上げます。


マルコ詳細はこちら → 迷子猫 マルコ








【  お ま け  】



ご心配をお掛けしました、義母ですが




木曜日の検査結果次第では、当日退院のお話しも出ていました。

しかし、なかなか結果が出て来ない。

不安がる義母。

そして話し出す。


『 初めに入院したのが昨年の8月6日。

次に調子が悪くなり入院したのが5月6日。

そして今回が7月の6日・・・6日ってよくないのかな? 』


解る・・・怖いんだ


でも気づいた。



『 お義母さん!今回手術して入院になったのは7月7日だよっ! (;・ω・)ノ 』


6日が怖い日にならないよう、必死に考え出した答え (;-ω-A

でも義母のジンクスは、きっと拭えてないんだろうな。

お医者様のお言葉からは、もう大丈夫な雰囲気。

もう日にちを気にしなくてもいい

楽な生活になれるといいな。



一方、義母の愛犬ナナちゃん。

心臓も肝臓も悪く、6月には入院して胸水を抜いた。

7月までもつか?と懸念されていましたが

我が家に来てから、元気元気


結構、プレッシャーでしたが

無事に義母の元に返せました




どうかマルコの情報へ繋がりますように (-人-)
下の写真をポチッと押して、ご協力下されば幸いです。
いつも応援をありがとうございます。 励みになります。

にほんブログ村 猫ブログ 完全室内飼 ←ぽちっとニャ
にほんブログ村



見守って貰おうね (´;∀;`)

お手数をお掛けしますm(v v)m





コメント ( 12 ) | Trackback ( 0 )
この記事をはてなブックマークに追加


« ジジの贈りも... ハイリスク・... »


 
コメント
 
 
 
虹の橋 (hanasaku)
2017-07-17 18:59:19
繁殖屋の下で、狭く汚れた場所でしか生きられなかった小さな命を思うと、心が痛みます。
そしてペットブームの今も、そういう現実がたくさん存在していることが悲しい。

虹の橋の向こうは、絶対に日の差す明るい場所だと思うよ🌈
そしてにゃんω家や、里親さんの下でぱっか〜んと暮らすみんにゃを見守ってます。

マルコくんもきっと、優しいお家でぱっか〜んと暮らしてると思うな🏠

お義母さま、無事に退院できて良かったですね。
ナナちゃんも一緒に元気になって👍

とぉさんひめさんお疲れ様でした


ところで…
最後のぽちっとニャの子って…
マイゆぢゅっこなの?!Σ(・艸・○)ェ!!
 
 
 
虹の橋 (タッチのママ)
2017-07-17 20:15:36
ひめさま、

もう4年になるのですね。
虹の橋を渡った子たちはきっと幸せにしていますよ。
そう信じています。

やせっぽちだった イチカくん。
ポニョポニョのお腹のタッチくんになりました。
今日はタッチくんと語り合います。
(きっと逃げられます)
 
 
 
hanasakuさま (ひめ)
2017-07-17 20:53:15
保護されて来た子達ですら、身体もガリガリで細く糞尿にまみれていたのですから
救えなかった子達は、本当に辛く苦しい思いをさせられましたね(。ノдヽ。)

繁殖屋も、今では多頭飼育崩壊もTVで放送されるようになってきました。
お金がなくては飼ってはいけないという、ゲスな意味ではなく
責任を持って飼育できる範囲に留めてほしい。
その責任の中には、避妊・去勢は当然の事ですよね。

亡くなった子達は酷い目にあい、許されるものではないけれど
少なくとも助かった親兄弟が幸せに暮らしている事で安心してほしいです。


義母の件も、応援をありがとうございました(人-ω-)゚*。★。*゚
ナナちゃんは、本当に胸水抜いたの?ってくらい。
挨拶に行ったクルミが吠えられ、ダッシュで追いかけられてました

ぽちっとニャの子は、お宅のお嫁さんですよヾ(・д・`*)
天国に届くように叫んでいます。
マルコにも届くようにぽちっとしてね(*^ー゜)b
 
 
 
タッチのママさま (ひめ)
2017-07-17 21:00:28
早いと言って良いのか・・・酷い状態でしたよね
そしてあの夏は特に暑かった。

虹の橋に渡った子達、今のタッチ君を見たら驚くだろうな。
そもそも私が4年間写真を戴いていなければ『 あなた誰ですか?
っていうほど美しいお坊っちゃまになって。

ポニョポニョお腹は、聞かなかった事にしておきますね
そして我が家も人のことは言えません
そんなのも、天国から喜んで欲しいですね。

傷だらけだったイチカ。
今日は逃げられても、沢山褒めてあげてくださいね( ´艸`)
 
 
 
Unknown (うてな)
2017-07-18 02:04:29
早いのか遅いのか。
ひめさんを知るきっかけが病院だった事もあり、色々な思いがあります。
頑張れた子は、幸せに向かっていて。

頑張れなかった子は、悲しいけど、でも今は辛かった体を脱いで、辛いも悲しいもないところで幸せになっていると。
私はそう思います。

かかわった私達がそう願っているのだから。

その気持ちは届いていると信じたい。

マルコも幸せでいてくれるといい。



私はあまりテレビは見ませんが、過去放送された多頭飼い崩壊の番組で、小屋で生まれた野良ちゃん数匹を保護した挙句に避妊去勢を怠って、現状多頭該崩壊ってのを見ました。

知り合いは、雄雌飼っていて、とりあえず子供が出来ないように雄だけ去勢してたら雌が逃げちゃって、半年ほど行方不明の間に妊娠して帰って来た(子猫は里親探したそうなのでご心配なく)て話も聞きました。

色々突っ込みたかったのですが、付き合い具合もあり、あまり深く発言できず・・・。


避妊去勢の意味を、もっと上手に説明できたら・・・と思う今日この頃です。



お義母さま、退院おめでとうございます。

私は、怖い日があってもいいと思いますよ。
その日は、ひめさんやとぉさんが連絡して気持ちを和らげてあげればいいのです。

だって、その日が怖い日なら、他の日は安全な日でしょう?

6日は悪いジンクスなら、良いジンクスで埋めちゃえばいいんですよ。

ナナちゃんの調子もよさそうで良かった。

安寧が訪れますように。


 
 
 
まだ‥‥もう‥‥ (むぎ母)
2017-07-18 15:02:31
あの時、一番歳をとっている仔で4歳でなかったでしょうか‥‥
殆どの仔が崩壊現場での辛い生活より
優しく慈しんでくれる里親さまとの生活の方が
長くなったて事でもあるのですネ

持病のあるスコさんも、元気でのスコさんも、
これからも変わらず蜜月LIFEを楽しんで下さい

そして、お義母さま退院
おめでとうございます

あのジンクスの6
日本古来の祝事に縁起の良くないとされる6が
お義母さまにインプットされていて、
余計になのかな
私は666と続くと、映画「オーメン」しか
浮かばない🎬
えっ、知っ知らないっ
知ってる貴方は昭和◯◯生まれ
 
 
 
4年 (花音)
2017-07-18 17:33:35
助かった子はあれからたくさんの愛情を貰って、本当に今は別にゃんになったよね

虹の橋に行った子も、もう心の傷が癒えてると思いたい

そしてこれ以上、多頭飼い崩壊が起きないで欲しい

お母様、元気になられたようで良かった
まだまだ暑いから、無理は禁物ですよ〜
 
 
 
うてなさま (ひめ)
2017-07-18 19:58:19
こればかりは、何と言っていいのか解らない時の流れです。
あれから色んな事があったけれど、それでも昨日のような気もしたり。
小太郎君の最後の(また戻って来るけれど)通院日だったんですよね。

生き抜けた子達は、亡くなった子達の分まで幸せに
亡くなった子達は、それを見ていつの日か生まれ変わって
沢山愛される猫生を歩んで欲しい

今はみんにゃで走り回ってるかな。願えば叶うのなら、ずっと願い続けます。
マルコもね・・・幸せでいることを祈り続けます

私もつい先日、可哀想だと拾ってきた子達が避妊去勢せず
どんどん増えまくってしまって・・・というTV見ました。
そういう方は、元は優しい気持ちなんですよね
でも可愛いだけで猫さんの事を知ろうとしないと、そんな事になって
もっと可哀想な事態を自分で生み出してしまう。

お知り合いさんに言いたい。雌猫さんを避妊しないとどれだけ辛いか(。ノдヽ。)
妊娠しても、帰って来てくれただけ良かったです。
でもいかんせん、もう・・・手術したよね?


義母のお祝いをありがとうございます(人-ω-)゚*。★。*゚
怖い日ね・・・
義母は免許を持っていないので、義母の通院やナナちゃんの通院は
とぉさんが仕事を休んででも一緒に行っています。
連絡も密に取っていて、その日は全くの快調なのに6日になると(._.)
とぉさんも、昨日は調子よかったのにと首をかしげますが
腸閉塞はいつ襲ってくるか解らないんですよね(A;´ 3`)

ナナちゃんは、完全復活したようですが心臓や肝臓が急に治るわけでは無いので
義母の元で、安心して暮らして欲しいなー(´ー`*)
 
 
 
むぎ母さま (ひめ)
2017-07-18 20:38:13
マーガレットさんも同じ事を仰っていました。
今はもう一番の年上が8歳くらい。
でもやっぱり自分の中では4歳で止まっている気がするとも。

幸せの年月が長くなってくれると嬉しいけれど、まだまだ一緒に居たいから
ずっと時が止まっていて欲しい気持ちなのかな?って思いました(*゚ー゚*)
助かった子達は、本当に幸せにして貰ってますよね(´;∀;`) ウレシイ
素敵な里親さまに恵まれた子達です。

義母へのお祝いをありがとうございます(。-人-。)
ジンクスの6。今度は精神的に神経性胃炎とかにならないで欲しいですヾ(;´▽`A``
なかなか簡単なことを言わないのがお医者様ですが
それでも、もう大丈夫だろうと仰られたので食事にだけ気をつけて
リラックスして暮らして貰えればと思います(^-^)ゞ

平成生まれの私でも、オーメンは名前だけ知っていますよ(*^ー゜)b
だって再放送何度もやってるでしょ?ε=ε=ε=┏( ;・_・)┛
 
 
 
花音さま (ひめ)
2017-07-18 20:48:19
はい!ほんとに(´;∀;`)
あれからを知らずに今逢ったら、きっと
『 クイズ、君は誰だ!』 が出来たでしょうね。
お顔も態度も別にゃん。そして栄養の回った毛並み(*μ_μ)

そういう幸せを知らずに逝った子達には、次の世界で
かけがえのない大切な人が出来て欲しいですね。
今は少しずつでも心の傷が癒えていてくれたら嬉しいです。

多頭飼い崩壊・繁殖屋の無謀な繁殖。ブームが去るのが怖いです。

鉄人の義母も、今回の開腹後は痛かったようでした。
もうそんな思いをしないよう、元気に過ごして欲しいです。
ご心配をお掛けしました(人-ω-)゚*。★。*゚
 
 
 
Unknown (マーガレット)
2017-07-19 16:10:20
4年も経ちますか…。悪夢ではありましたが、生き延びた子たちはみな幸せになっているのだから、亡くなってしまった子たちのぶんまで精一杯長生きしてほしいです。

私も、こたまに「絶対に幸せにするから」と約束してウチに来てもらいました。いまでも「幸せですか?」と訊いています。

猫たちだけではなく、猫によって人間も幸せになっています。本当にありがたいことです。

悪夢なのにありがたいなんて矛盾していますが。

猫ブームの後のほころびをちらほら聞きます。一度うちの子にしたならば、絶対に手離さないでほしいです。
 
 
 
マーガレットさま (ひめ)
2017-07-19 19:41:56
夏が来るたびに想い出しますが、何度迎えても
まだ頭の中の映像が鮮明に残っています。
みんにゃ、頑張りましたよね。
ほんの少しの差で亡くなり、または生き残った子達。
崩壊事態 許せることではないけれど、この崩壊の子達は皆
安心できる優しいご家庭に迎えられ幸せです(´ー`*)

コメントを拝見し、逆にこの子達が来てくれて幸せだと言える人が
里親の資格があるのかな?とも感じました。
こたまちゃんの笑顔、いつもありがとうございます(*´∀`人)

亡くなった子達を忘れないでいることが、何よりの供養かなと思います(。-人-。)
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。