やいまの島々美しゃ・心美しゃ

 やいま(八重山)のブログへ、おーりとーり(ようこそ)♪ タイトルは
「しまじまかいしゃ・きぅむかいしゃ」と読みます。

新しい三線♪

2016-12-06 | 他の趣味・活動(...

私の新しい(二代目)三線、来ました

当初、納期は年明け。。。と聞いていたのに、思ったより早くなって、11月末に届きました。

じゃじゃーん

三線には主に7つの型があるのですが、私の二代目三線は「与那城(ゆなぐしく)」型、通称「ユナー」と呼ばれる型です。

丸7年愛用してきた、初代三線(左)と並べて。。。

初代三線の棹は紫檀なので赤いです。まーさんの三線も同じ。そして私の二代目の棹はなんと貴重な貴重な八重山産の黒木(黒檀)で、小浜島のものだそうです。

初代と比較すると、二代目三線のお値段は。。。7倍くらいかな かなり奮発しましたが、それでも「もうこの値段で八重山黒木は出せないよ~」とのこと。

こんな立派な三線が自分のものになって感激しています

初代三線は、「真壁」型と言われるもっともポピュラーな型。与那城(ユナー)もそんなに凝ったつくりではないので、違いが分かりにくいですが、一番違うのは、糸巻(カラクイ)が弦を巻き取っている「糸蔵」という四角い穴が、真壁型より与那城型のほうが縦長であることです。

それと、三線の型には関係なく、一般的に、値段の高い三線だと蛇皮のウロコが大きいです。

ヘビが苦手な方にはアップはきついですね。ゴメンナサイ。

ティガーと呼ばれる胴巻きの比較。私がこれまで愛用してきたのは、八重山の伝統工芸「みんさー織」のティガーでしたが、新しい三線に巻かれているのは左三つ巴の紋のティガーです。

左三つ巴の紋は琉球王朝時代の王家の家紋であって、八重山とはちょっと違う気がするので、私としては「みんさー織」のティガーに変えたいところですが。。。まあ、八重山も含め、沖縄の古典民謡の世界では左三つ巴の、重厚な感じのティガーが「正統」らしいのでこのままにしておこうかな。(実際、私の水色の「みんさー織」ティガーでは、コンクールを受験するには明るい色すぎると師匠に指摘されて、急きょ、師匠の三線のティガーと取り換えたこともあります)

この新しい三線で、最優秀賞の課題曲も、ぼちぼちと練習し始めています。頑張るぞー

『楽器』 ジャンルのランキング
コメント (12)   この記事についてブログを書く
« 12/3 松平郷 名残の紅葉 | トップ | クリスマスアレンジ♪ »

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ジャジャ~ン! (毎日日曜大工)
2016-12-06 14:21:49
新しいヤツを買ったんですか~!
三味線でも大工でも・・・
イイ歌、イイ家を建てるには、イイ道具が必要ですね。
頑張って、最優秀賞を狙って下さい。


コメントありがとうございます (やいま)
2016-12-06 17:00:03
毎日日曜大工さん
そうですね!
最初は、習い始めてすぐ挫折するといけないので
安い三線を買いましたが
こんな立派な二代目が手に入ったので
頑張って最優秀賞に挑戦したいと思います
うれしいね♪ (ルパン)
2016-12-06 18:03:23
新しいのが意外に早く届いて
これでしっかり練習できますね。

やはり、新しいのは音色も違うのかな?
こんばんわ☆ (ローズマリー)
2016-12-06 18:43:38
おぉ~ついに届きましたね

二代目は華やかだけど
大人っぽくて素敵

やいまさんにピッタリ
お稽古も楽しくなりますね。
なんと素敵な三味線 (こんばんはバ~ちゃんです)
2016-12-06 18:55:33
やいまさん立派ですね~きっと凄くお高いのでしょうね~失礼しました直ぐに値段ばかり聞いて
蛇は錦蛇なのでしょうかな~んにも分からず恥ずかしいことばかり聞いています。
是非最優秀賞取って下さいね。応援しています。
おめでとう~ (サンキュー)
2016-12-06 18:56:41
待ちに待った二代目三線ですね、
三線の事はよくわかりませんが初代にくらべて違いませね、
八重山黒木「名木」なんですねこれからも身が入りますね・・・
こんばんは (ぶるー)
2016-12-06 20:43:38
新しい三線かったんですか。ちょっと長いんですね。

そういう型があるとは知りませんでした。一応三線やってるんですが。

ぼくもがんばって練習しますよ。
あ、明日から( ;∀;)
良いですね (猫親父)
2016-12-06 23:13:33
以前、かめぞうで三線を注文したって言ってましたよね。
待望の三線が手に入って、益々三線の稽古に身が入るでしょうね。
新しいのに慣れたら、又、演奏を聞かせて下さい。(^-^)
かっこいい (たいぴろ)
2016-12-06 23:27:39
三線をやってみえると聞くと特別な感じがしますね。私のまわりにはギターやベース弾きはいっぱいいましたけど、三線弾く人はいなかったです。
新しいのは音色も一味違うのかな。いつか聴いてみたいです。
コメントありがとうございます (やいま)
2016-12-07 11:43:11
ルパンさん
はい、思ったより早く届いて
びっくりしましたけど、嬉しいです
届いた日の翌日が大安だったので
一晩我慢して置いておいて、
大安の日にケースを開けてご対面でした(笑)

音色は、自分で弾いているとあんまりよくわからないんですけど
まーさん曰く「やっぱり新しい三線のほうが音が良い」そうです

ローズマリーさん
年明けになるのかな、と思っていたら
先生から連絡があってびっくりでした。
確かに、新しいのは重厚感があって
大人っぽい感じですね

古いほうの三線もたまには弾いてあげないと可愛そうですが
今は、新しいので稽古するのが楽しいです(笑)

バ~ちゃんさん
えへへ。。。かなり奮発してしまいました(笑)
古いのが、ケース含めて片手くらいでしたから。。。
その7倍くらいです(笑)
蛇皮は、ビルマニシキヘビなんですよ。
東山動物園にいます(笑)
ありがとうございます。
最優秀賞は難関ですが、必ず挑戦します

サンキューさん
三線の値段は棹の材質がかなり影響しますね。
ただでさえ、黒檀は貴重な上、
八重山産となるとかなりの値段です(苦笑)
海外の黒檀だと少しは安いのかも。。。
はい、これからますます、身を入れて稽古します

ぶるーさん
今年6月に八重山古典民謡コンクールの優秀賞に合格できたので
二代目を買うことにしました
私も、三線の型にはあまり詳しくないんですよ。

新しいのは、棹にシール(左手で押さえるところのマーク)が貼ってないので
「八」のところを押さえるのが至難の業です(笑)

猫親父さん
はい、7月頃に先生に注文して、
納期は年明けと聞いていたので
半年も待つのか~と思っていたんですけど
早く完成して届いて、嬉しいです
こんな立派な三線ですから
それに見合うよう、頑張って稽古します
機会があったら、また聴いてくださいね。

たいぴろさん
私も昔、アコースティックギターはかじったんですよ。
ビートルズの曲とかほんの少しだけ。。。
でも、Fとかのコードが押さえられなくて挫折しました(苦笑)

三線は、弦が三本な上、
基本的に、一度に押さえる弦は一本ずつなので
こんな私でも続いています(笑)
でも、弾きながら唄うのが難しいんですよ。
津軽三味線などは、三味線を弾く人は唄いませんよね。
沖縄の三線は一人二役なんです。
いつか、機会があったら、聴いてくださいね