やいまの島々美しゃ・心美しゃ

 やいま(八重山)のブログへ、おーりとーり(ようこそ)♪ タイトルは
「しまじまかいしゃ・きぅむかいしゃ」と読みます。

週刊てびち vol. 273

2017-09-09 | うさぎ(週刊てびち)

先日、濡れたペットボトルについていたてびちゃんの毛のことを書きましたが、今日は、笑いごとじゃない被毛の話。。。

4日(月曜日)の夜、ふと、気づいたのです。。。あれっ、てびちゃんの肩のあたりの毛、なんかフケが多い??

翌日(5日)、ブラッシングして、抜けた毛(換毛期でないのでそんなに抜けませんけど)をブラシからティッシュへ注意深く移し、目を凝らして見てみると。。。

ああ。。。ダニがいるみたい。。。

ショック。。。

てびちゃんの部屋、もちろん定期的に掃除していますが、隅から隅までもっと徹底的に綺麗にしておかなくてはいけなかったと、反省。

夏の間ずっと(今も)、エアコンつけっぱなしで風を通していないのも一因かなあ。

それはさておき、何事も早めの処置が肝心ですから、今度の土曜日(つまり今日)、まーさんに運転してもらって北区のS先生の所へ、連れて行かなくてはいけないかなあ。。。でも連れて行くの、気が重いなあ。。。と、すっかりブルーに

とりあえず、5日の夕方、S先生に電話してみました。

そしたら、先生、あっさりと「ダニ取りの薬出しておこうか。取りに来れる?郵送しても良いよ」と。

もう~涙が出そうなくらい嬉しかったです。先生も、高齢うさぎのてびちゃんを刈谷から北区まで連れて行くことはできるだけ避けたほうが良い、というのをすごくわかってくださっているのです。

それで、私は6日と7日、近場だけど宿泊を伴う出張だったので、昨日(8日金曜日)に、お薬をもらいに行って来ました。

地下鉄名城公園駅から歩くこと20分弱。。。

ほとんど待ち時間もなく、超速でお薬を受け取りました(笑)

犬猫用の、ダニ取りの薬みたいです。でも、量が少なければ、うさぎにも使えるんでしょうね。ちなみに、万が一、なめたりしても危険じゃない薬だそうです。

この薬を受け取るまで、「経口薬か経皮薬か、どっちかな。。。」と案じていましたが、経皮薬でした。経口薬だと、飲ませるのにちょっと苦労しそうなので、皮下薬で良かったです。

とはいえ、「てびちゃん、じっとしてなくて逃げたらどうしよう。つかまえて、抱っこした状態で薬をあげたほうが良いかな」とかいろいろ考えましたが、大丈夫。上手く投薬できました。

パッケージを開けるとこんな感じ。

これを、首の後ろのあたりの毛をかき分けて、皮膚に直接チューっとやりました。

なんか、皮膚に吸い込まれるような不思議な感じですね。もちろん、周囲の毛はある程度濡れましたが。。。

一枚目の画像で分かる通り、これを、二週間おきに計3回、与えるそうです。次は9月22日。

たかがダニ、されどダニ。ひどくなると、しきりに痒がってかきむしって、その結果皮膚にかさぶたが出来たりすると大変。。。今回、そうなる前に気づいて良かったです。

そして今回、体の中のことではないのでこうして私がお薬をもらいに行くだけで済みましたが、てびちゃんも高齢なので、今後、何があるかわかりません。

どうしても、S先生の所へ連れて行くしかないという事態も、出てくるでしょう。

でもこの先、何があっても、てびちゃんのために、できる限りのことをしてあげたいと思います。

ところで。。。今回処方されたお薬、別の症状にも効き目があるそうですが、それは話が長くなるので次週の「週てび」で。。。(笑)

コメント (7)

Copyright (c) やいまの島々美しゃ・心美しゃ

当ブログの文章・画像の引用・転載はご遠慮ください。