競争激戦区の大阪でライバル会計士との差をつけて顧問先を次々に獲得した私の独立開業成功マニュアル、伝授します!

顧問先を次々に獲得した私の独立開業成功マニュアル。皆さんの一番気になるところ伝授します!

公認会計士|一切独学で行っているのはすごいけど…。

2017-07-23 17:10:02 | 日記

合格率の数値が僅か3%の超狭き門の、公認会計士試験におきまして合格を勝ち取るためには、一から独学での受験勉強だけでやるのは、容易に事が運ばないようなケースがよくあり、専門のスクールに通うか、通信教育を活用して学ぶのが一般的といえます。
一切独学で行っているのはすごいけど、日々のスケジュール調整であったり勉強の仕方などなど、不安を持つなどの折には、公認会計士試験に対応する通信講座で勉強するというのも、いわゆる一つのやり方だといえるのではないでしょうか。
実際に会計科目の簿記論は、内容のボリューム量は膨大なのですが、その大部分が計算する問題で作り上げられておりますから、公認会計士資格取得は国家資格の中では、比較的完全独学でも、身に付けやすい種類の試験科目とされております。
以前から、法律の知識を何も持たず取り組み始めて、公認会計士試験合格に絶対必要な総勉強時間は、「3000時間前後」と言われております。実際的に一発で合格を実現した方たちの勉強の総時間は、3000時間前後と発表されています。
何から何まで盛り込んである指導書であっても掲載が行われていない目にすることの無い、学識が必要とされる問題につきましては、キッパリ切捨てましょう。潔いのも、難易度の高度な公認会計士試験に合格するには、重要な点なのであります。

通常通信講座を受講するという時には、公認会計士でも公認会計士にしても、両方自宅宛にテキスト一式を発送して貰うことができますので、各人の都合の良い段取りで、勉強を行うということができるんです。
利点が様々に存在する、公認会計士資格取得の予備校に通学しての優れた勉強法ですが、通常十万円以上の相当な投資が掛かってきますから、受験する人が全員入学できるとは言えるはずもありません。
基本的に公認会計士試験につきましては、年齢はじめ性別・学歴等の条件は不問ですので、年齢に関係なく資格取得を狙うことが出来るようになっております。これまで法律についての知識ゼロの未経験者であっても、ちゃんとした試験対策をして挑めば、合格できてしまいます。
昨今の公認会計士に関しましては、めちゃくちゃ難易度高の試験内容になっており、選んだ通信教育の良し悪しで、合格するか不合格となるかの境界が決まるのです。けれども、数え切れないくらいの会社があるため、どこにするといいものか、思案する人も沢山いらっしゃるかと思います。
非常に難易度が高いとされる試験に関係無しに、それぞれ別にして受験可能なことなどから、それ故公認会計士試験は、例年約5万人の受験生が揃って受験する、受かりにくい試験となってます。

現実的に公認会計士は、誰にも頼らず独学であろうと合格を目指せる資格とされております。中でも現今、サラリーマン・OLなどの方が成し遂げようと努力して狙う資格としては期待大でありますが、それとともにめちゃくちゃ高い難易度となっています。
通信教育につきましては、教材のクオリティが結果を決めます。今時はDVDとかインターネットでの動画配信などの映像での授業も様々に取り揃っておりますが、公認会計士の資格学校によって、アプローチ内容は違いがあるものです。
実際に多くの資格専門学校は、公認会計士になるための通信教育があるものです。そんな中には、デジタルメディアプレーヤーなどを使って、近代の最先端のツールで通信教育を開いている、資格取得学校なんかも多くございます。
通学講座&通信講座の2種を交互に受講することが出来ます、人気の「資格の大原」につきましては、優良な指導書と、さらに頼れる教師たちで、毎年公認会計士合格者の全体の1/2以上を輩出するという信頼と実績があります。
法律系の大学を卒業していなくとも、ともに現場での経験をしたことが無くても公認会計士になることは可能ですが、だからこそ完全に独学であるケースは、物凄い勉強量をこなすといったことも絶対に外せません。当方も独学を貫いて試験に合格をしたんで、それをかなり実感しております。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|実際に公認会計... | トップ | 公認会計士|DVD教材や…。 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL