競争激戦区の大阪でライバル会計士との差をつけて顧問先を次々に獲得した私の独立開業成功マニュアル、伝授します!

顧問先を次々に獲得した私の独立開業成功マニュアル。皆さんの一番気になるところ伝授します!

公認会計士|1教科ずつの平均の合格率については…。

2017-07-29 14:10:03 | 日記

1教科ずつの平均の合格率については、約1割位と、どの科目ともに難易度が高いとされる公認会計士試験は、科目合格制度のシステムを設定しているため、働きつつの合格も無理ではない、国家資格といえます。
専門学校の公認会計士向けのレッスンを受講したいんだけど、近くの地域にはスクール無し、仕事が多忙、家事などで学校に通学する暇がないなどの人を対象とし、多くのスクールにおいては、通信講座制度を提供しています。
公認会計士試験の受験勉強をする上では、長時間集中力の持続が出来なかったり、常にモチベーションをキープすることが困難だったりなどのBADな要素も実体験で経ましたけれど、総合的に見たら通信講座を受けて、満足できたといったように考えております。
税法の消費税法は、公認会計士試験科目の中では、そんなには難易度は高度ではないもので、簿記についての基本的な知識を掴んでおくことによって、割り方厳しいこともなく、合格点数を獲得することが可能となるでしょう。
合格率の数字が7%ほどと、公認会計士試験はメチャクチャ難易度レベルの高い試験となっています。そうは言っても、度を越えて恐れなくても良いです。一生懸命頑張れば、学歴・経験など関係なく誰でも確実に合格を目指すことができます!

大抵の資格取得スクールにおきましては、公認会計士向けの通信教育が設けられております。またその中には、どこにでも持ち運べるUSBメモリなどを用いて、時代の先端を取り入れた通信教育が受けられる、予備校や資格学校も登場しております。
できるなら危険を回避、堅実に、用心を重ねてという目的で、公認会計士試験を目指す場合、専門スクールに通うようにした方が不安が減りますが、独学で行うというのをセレクトする考え方も不都合はございません。
合格を実現することが出来なかった折の、トータル学習時間のムダを思いますと、公認会計士の受験は専門スクールの通信講座(通信教育)、その他には学校に行って授業を受講する通学講座を選ぶのが、より固いだろうと思っています。
事実授業料30数万円〜、はたまた50万円以上の金額の、公認会計士対象の通信講座も珍しいことではございません。そうして受講期間についても、1年以上位の長期に及ぶ教育コースになっていることが、よくあるものです。
実際に「法的な視点で物の捉え方が出来る人」であるかどうであるのかといったことを判別するような、著しく難易度が厳しい受験といわれているのが、近ごろの公認会計士試験の実相というように思います。

一般的に従来から、法律についての知識が全く無い時点から取り掛かって、公認会計士試験合格に最低限必要とされる勉強の総時間は、「3000時間少々」というデータがあります。調べてみても、一回目で合格をゲットした人のトータル時間は、平均的に3000時間となっております。
実際に法律を専門に学ぶ法科大学院を修了した方であったとしても、不合格の判定がでることがありえるほどなので、的確な合理的な勉強法を検討しチャレンジしなければ、公認会計士試験合格を実現するということは容易なことではございません。
深い知識・経験を要する試験内容で、難易度が非常に高度となっておりますが、元々公認会計士試験では、5教科中の一部科目合格制度(1教科で試験の基準点を満たす)が実施されているので、1教科ずつ5年にわたり合格を得ていく方法も、大丈夫な試験なのでございます。
毎日の生活の中で時間を上手に使い、学ぶことが可能であるので、お勤めまた家事などと折り合いをつけて公認会計士資格をとろうと考えておられる人たちには、通信講座(通信教育)の受講は、非常に有効でございます。
日本の国家資格のうちでも最上の難易度である公認会計士試験については、11科目の法律の範囲から色々な難しい問題が出るため、合格をゲットするためには、長期的なスパンにおいての取り組みが必ずいります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|国家資格専門学... | トップ | 公認会計士|高い難易度の資... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL