競争激戦区の大阪でライバル会計士との差をつけて顧問先を次々に獲得した私の独立開業成功マニュアル、伝授します!

顧問先を次々に獲得した私の独立開業成功マニュアル。皆さんの一番気になるところ伝授します!

公認会計士|網羅性を誇る学習書にさえ載せられていない…。

2017-07-15 19:40:04 | 日記

テレビCMなどでも流れているユーキャンの公認会計士向けの講座は、例年大よそ2万名に活用されておりまして、一切知識を備えていない未経験の方でありましても、辛抱強く資格取得を実現する勉強法をマスターできる、信頼の置ける通信講座なのでございます。
今日の公認会計士に関しては、めちゃくちゃ難易度が高度な試験となっており、いずれの通信教育を選ぶかによって、合否の判定が分かれてきます。しかしながら、数え切れないくらいの会社があるため、どの会社を選ぶといいものか、迷ってしまう受験者も多くおられるとみえます。
大方の資格スクールに関しては、公認会計士になるための通信教育が開講されています。その中には、iPod・USBメモリなどの携帯機器などを利用して、流行の先端を行くNEWスタイルでの通信教育が受講可能な、資格スクールも存在します。
網羅性を誇る学習書にさえ載せられていない、情報が必要とされる問題が出たときは、潔く降参するようにしましょう。完璧を狙わず割り切るようにすることも、難易度がめちゃくちゃ高い公認会計士試験で合格を得るためには、重要事項なのです。
実際毎年、2万名〜3万名程度が受験に臨み、たった600〜900名少々しか、合格に至れません。その1点をとり上げましても、公認会計士試験の難易度の高さがわかるものです。

空いた時間を無駄にしないで、勉強を進めることが可能であるので、お勤めや家事等と並立して公認会計士資格をとろうと取り組んでいる方には、通信での教育(通信講座)を受けることは、まことに便利でしょう。
実際従前から、法律に関する知識が全くゼロの状態からスタートして、公認会計士試験合格に要される勉学に対しての累計時間は、「3000時間ほど」とされております。現実を見ても、ストレートで合格する人の学習時間は、平均して3000時間強のようです。
もちろん公認会計士試験をオール独学で貫くというのは、とても難易度の高いことですが、それでも挑んでみたいと思っている受験者は、最初に会計学の勉強より開始するのがおすすめです。
資格をとるのがとても厳しい試験とされております公認会計士試験に挑むには、本気で頑張らないと合格できるわけがありません。且つまたオール独学で合格を得ようとする行動は、並大抵の努力では難しいです。そういった中ちょっとであっても貢献できるインターネットサイトになったら嬉しいです。
最初から会計事務所だとか公認会計士事務所に勤め、経験実績を積んでスキルアップしながら、確実に学習をしていくといった人は、しいて言うなら通信講座が最適といえるでしょう。

色々存在している公認会計士の通信講座のうちでも、ナンバーワンにオススメのものは、LEC東京リーガルマインド です。取り扱っている学習書は、公認会計士を目指している受験生間で、ナンバーワンにGOODな教科書として評価が高いです。
公認会計士試験の学習を行っている際は、集中力を保つことが困難だったり、モチベーション維持やコンディションを整えることが難しかったりといった弱点も感じておりましたが、結果的には通信講座を行って、合格への道が切り開けたといったように考えております。
全部の教科の合格率のトータル平均は、全体から見て10%〜12%あたりであり、その他の高難易度の資格と見比べて、合格率が上であるように感じがちですけれど、これに関しては教科毎の合格率であって、公認会計士試験それ自体の合格率では、決してないのです。
当ウェブサイトは、現役にて活躍をしている百戦錬磨の公認会計士が、公認会計士試験の有効な勉強法の紹介を行い、日本全国の公認会計士資格取得の通信講座の世間での人気状況の実態、口コミ・レビューなどの調査をして、まとめた公認会計士に特化したサイトとなっています。
極力リスクマネジメント、安全な道を選ぶ、念には念を入れてという狙いで、公認会計士試験のケースでは、プロ教師陣が揃う学校に行って勉強した方が確実ですが、独学でやることを1つの道に選んでも差し支えないです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|どのようなテキ... | トップ | 公認会計士|公認会計士の代... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL