競争激戦区の大阪でライバル会計士との差をつけて顧問先を次々に獲得した私の独立開業成功マニュアル、伝授します!

顧問先を次々に獲得した私の独立開業成功マニュアル。皆さんの一番気になるところ伝授します!

公認会計士|完全独学だけで学ぼうとする…。

2017-07-14 00:40:02 | 日記

国家資格の内でもトップクラスにランクインする難易度が高い公認会計士試験の中身は、憲法はじめ11の科目の法律から広く難題が出題されますから、合格に至るまでには、長期スパンの勉強時間が不可欠になります。
現実的に毎年、2万名〜3万名程度の人達が資格試験を受験し、そのうちの600人から900人だけしか、合格できないのです。この点を見るだけでも、公認会計士試験の難易度がとても高いといったことが認識できます。
一般的に科目合格制の、公認会計士試験については、同じタイミングに1度に、5種類の科目を受けることは決められておらず、時期を分けて一つの科目ごとに受験を行ってもいいんです。つまり合格を得た教科は、いずれ公認会計士となるまで有効なのです。
実際公認会計士の通信講座の中にて、殊に推奨したいのは、国家資格の取得を心強くサポートしてくれるLEC です。使う教本は、公認会計士の受験生の中で、非常に使い勝手の良い手引きとしまして高評を得ています。
現実独学で行う公認会計士資格試験の勉強法を選ぶ状況で、殊の外問題となりますのは、勉強をしている中で不明点が出てきた時点で、周りに頼れる人がいないことでございます。

勤務しながら、公認会計士になることを夢みている方も多くおられるとお見受けしますので、あなたの行えることを一日一日確実にやっていく姿勢が、公認会計士試験合格への最短となるのかもしれないですよ。
完全独学だけで学ぼうとする、大きな自信は持ち合わせていませんが、己の進度で勉強したいという受験生には、やっぱり公認会計士向けの通信講座を選んだ方が、条件に適う勉強法といえるでしょう。
当然ながら公認会計士の合格を目指すには、基本的に適切な勉強法で取り組むのが、何より大事となります。このウェブサイトでは、公認会計士試験の開催日だとか構成参考書の良い選び方など、受験生たちに有効な様々な情報を発信しています。
勉強できる時間が毎日不足なくあるという方は、王道とされる勉強法を取り入れることによって、公認会計士試験で合格を目論むことも可能ですが、別の仕事を持っているなど忙しい方には、適切な対策ではないでしょう。
合格率のパーセンテージがたった7%だけと聞かされると、公認会計士の受験は相当難易度が高そうにみえるものですけど、基準点の全体の60%以上の問題に正解できたら、合格を得ることは疑いないのです。

目下皆様が、公認会計士の合格への流れを記載した体験の覚書というのを、色々調べてチェックしている要因は、おそらく、いかようなアプローチ・勉強法がご自分に合っているのか、悩んでいるからではないでしょうか。
公認会計士試験を受験するときは、基本記述式の問題だけしか無いものだと、思っていていいですよ。どうしてかというと、口述形式の試験は、ほとんどの場合落ちるはずがない難しくない試験とされているためです。
公認会計士につきましては、たとえ誰にも指導を受けずに独学で貫いても合格を手に入れられる資格の一つとしてあげられています。現時点で、サラリーマンをやっている方が奮起して狙う資格としては期待大でありますが、裏腹で高難易度とされております。
極めて専門的な要素を含む試験内容で、難易度がスゴク高度でありますけれど、そもそも公認会計士試験では、便利な一部科目合格制を取り入れているから、個々の科目ごと5年間にわたり合格をしていっても、支障はない試験なんです。
現実30万円以上から、さらに時には50万円〜必要な、公認会計士専門の通信講座といったのも特別ではありません。この場合講座を受講する期間も、1年を過ぎる長期に及ぶ通信コースであることが、多いです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|会社勤めをしな... | トップ | 公認会計士|当然公認会計士... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL