競争激戦区の大阪でライバル会計士との差をつけて顧問先を次々に獲得した私の独立開業成功マニュアル、伝授します!

顧問先を次々に獲得した私の独立開業成功マニュアル。皆さんの一番気になるところ伝授します!

公認会計士|一般的に全ての必須科目の平均合格率の数字につきましては…。

2017-07-11 06:00:02 | 日記

大学で法律を専攻していなくても、またかつ全くの素人であろうと公認会計士になることは可能ですが、けれどもそれだけオール独学は、何百時間もの勉強時間・量もマストなことです。小生も独学を貫いて試験に合格をしたんで、心の底から感じております。
たった一人で独学により勉強するほどの、心の強さはありませんが、自身のコンディションに沿って集中して学びたいという受験生には、どちらかといえば公認会計士の通信講座の方が、効率的な勉強法といえるのではないでしょうか。
効率の悪い勉強法を取り入れて、紆余曲折するということほど、意味の無いことはありません。正しく最善のスタイルで短期間にて合格をゲットし、公認会計士になろう。
練習問題により詳しく知り基盤を固めてから、具体的な学習問題へと差し替えていく、いわゆる王道の勉強法を実行するのが、公認会計士試験のうちの簿記論を極めるには、実に役に立つようです。
2006年度(平成18年)から、公認会計士試験に関しましては、様々に改定がされました。それまでと違い法令科目が、主要となり、多肢択一の問題であったり、記述式問題(小論文)のような思考&記述力が試される新たな問題等も登場しています。

普通公認会計士試験を独学にてパスすることは、高難度でありますけれど、勉強スタイルに変化を持たせるとか、重要な情報を十分集めるようにすることで、短期で合格しようとすることも、夢ではありません。
司法試験と同じ勉強法である場合、純粋にまっさらな公認会計士試験専業受験者と比べまして、勉強を行う総量が多大になりやすいものです。それに加えて期待した結末は迎えられず、かけた費用と比較して見合った効果は得られません。
リーズナブルな値段設定や問題範囲を絞り、学習する量を出来るだけ減らしたコース、精度の優れたテキストブックなどが話題の高い合格率を誇っているフォーサイト。実際公認会計士の通信講座でしたらこのスクールが1番おススメ、というように言われている位、人気が集まっております。
実際に公認会計士試験とは、公認会計士の地位で仕事にするために絶対に必要な学問の理解と、それを応用することができる能力が備わっているかどうであるのかを、真に判定することを基本目的として、一年に1回行っている法律系の国家試験です。
実際に公認会計士資格取得試験の合格率の数字は、1・2%程度と知られております。近年、国内でも米国をモデルにした法科大学院がつくられ、そこでの教程を修了することにより、新司法試験を受けることが出来る資格が入手できます。

近い将来公認会計士資格をゲットする為に試験学習に取り組む方にとっては、「公認会計士試験については、どれぐらいの学習時間を費やせば合格できるのか?」ということが、チェックしておきたい点だと推察します。
簡単に言うなら「足切り点」(定められた基準点)という厳しい仕組みが、公認会計士試験にはあるんです。つまるところ、「一定の成績に足りていないなら、不合格の判定になります」とした点数がございます。
現に法科大学院卒でも、不合格となってしまうことがありえるほどなので、ツボを押さえた合理的な勉強法を考慮しトライしなければ、公認会計士試験で合格を勝ち取るのは超困難であります。
一般的に全ての必須科目の平均合格率の数字につきましては、全体の10〜12%くらいで、この他の難関資格と比較して、いくらか合格率が高く思ってしまうかもしれませんが、これにつきましては各受験科目の合格率の数字でありまして、公認会計士試験オールでの合格率ではございませんから、忘れないようにしましょう。
長い時間を要する公認会計士試験の学習は、集中力を保持し続けることが出来なかったり、モチベーション維持やコンディションを整えることがきつかったりなどとデメリットな面も実体験で経ましたけれど、全体的には通信講座を行って、合格することができたといったように考えております。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|生涯学習のユー... | トップ | 公認会計士|世間一般で難関... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL