競争激戦区の大阪でライバル会計士との差をつけて顧問先を次々に獲得した私の独立開業成功マニュアル、伝授します!

顧問先を次々に獲得した私の独立開業成功マニュアル。皆さんの一番気になるところ伝授します!

公認会計士|個々の教科の合格率を見ると…。

2017-07-11 18:00:02 | 日記

完全独学だけで勉学に励むほどの、自信はゼロですが、己自身のスピードで学習したいと思っている人のケースですと、どちらかといえば公認会計士の通信講座を受講した方が、好都合な進め方での勉強法でしょう。
もしも日商簿記検定の1級か2級を完全に独学にて、合格をゲットされた受験生ならば、公認会計士試験にて簿記論かつ財務諸表論の2つの科目については、完全に独学にて合格を叶えるのも、困難な挑戦ではないのでは。
受験当日まで学習時間が日常的に沢山キープできる人は、標準的な勉強法で実行すれば、公認会計士試験合格が狙えますが、常日頃会社など時間に余裕がない人に対しては、現実的なアプローチとは言い切れません。
超難関として周知されている公認会計士試験の難易度は、超高めのものになっており、合格率の割合も僅か3%くらいと、国家資格内でも、上位のまさに難関試験とされています。
個々の教科の合格率を見ると、概ね1割強と、各々の教科とも難易度が高くなっている公認会計士試験は、科目合格制度が採用されているので、仕事しつつの合格も無理ではない、資格でございます。

ほとんど独学でやるもの良いけど、科目勉強の時間配分や勉強のやり方等に、リスクを感じる等の際においては、公認会計士試験用の通信講座にて学習するのも、1つの進め方だといえるのではないでしょうか。
国家試験の制度の修正にあたって、これまでの運任せの博打的な内容が削除されて、純粋に腕前があるものかが判断される試験に、今の公認会計士試験は新たに更改したのであります。
昨今は、通学して受講している方たちと、あんまり変わらないような学習ができるようになっております。そちらの点を出来るようにするのが、今日び公認会計士専門の通信講座のメイン教材とされておりますDVD講座です。
実際に合格率のパーセンテージは、公認会計士資格を取得する難易度の高さを表す顕著なモノサシの一つなのですが、ここにきて、この値がありありと下がってきており、受験生達の関心が深くなっています。
法律系の学校を出る必要性も、これまでに一度も実務経験がなくとも公認会計士の資格はとれますがしかしながらまるっきり独学という際には、物凄い勉強量をこなすといったことも必ず求められます。自身も独学を貫いて試験に合格をしたんで、断言できます。

合格率の数値が1割にも満たない7%前後と、公認会計士試験は他の国家資格以上に高難易度の法律系国家試験です。ですけど、度を越えて恐れないで大丈夫。効率的に勉強をしていくことで、どんな人でもしっかりと合格への道は目指せるんです!
普通通信講座を選択する場合、公認会計士であれど公認会計士の資格でしても、どっちも住まいまで教本などを配送して貰えますので、それぞれの時間配分で、勉強を行うとしたことが可能であります。
近年の公認会計士は、著しく高難易度の試験で、通信教育(通信講座)の選定により、合格するか不合格となるかの境界が決まるのです。とは言っても、同業社がいっぱいあるので、何処を選ぶのが合格への道に近いか、判断が付かない方も多いのでは。
事実公認会計士に関しましては、国の法律資格試験の高い壁でありながらも、広い世代に人気があるその一方にて、合格が決まった未来には、スグに個人事務所等をつくり、いきなり開くのも実現できる法律系の専門試験であります。
実際に公認会計士試験を独学にてパスしようとするのは、非常にハードルが高いわけですが、勉強の進め方をアレンジするとか、情報を色々収集することで、短期スケジュールにて合格を志すといったことも、決してありえないことではないです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|世間一般で難関... | トップ | 公認会計士|安い値段…。 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL