競争激戦区の大阪でライバル会計士との差をつけて顧問先を次々に獲得した私の独立開業成功マニュアル、伝授します!

顧問先を次々に獲得した私の独立開業成功マニュアル。皆さんの一番気になるところ伝授します!

公認会計士|今から8年前の平成18年度から…。

2017-06-18 12:40:02 | 日記

公認会計士対象の講座を受講できる専門のスクールも内容も多様に取り揃っております。そんなワケで、いろんな公認会計士の講義コースの中から、社会人で忙しい受験者でも学業に励むことができる、通信講座を開いている専門学校の比較をしました。
ほぼ独学でやっていて、勉強にあてる時間の管理や勉強のやり方等に、ちょっぴり不安を感じてしまうようなときには、公認会計士試験を対象としている通信講座に頼るのも、ひとつの手段といえるでしょう。
かいつまんで言えば「足切り点」(ボーダーライン)というような仕組みが、公認会計士試験には設定されています。要するに、「決められた点以下ならば、不合格となります」とした点数が最初に設けられているわけです。
合格率の数値が僅か3%の狭き門とされる、公認会計士試験で合格を実現するには、独学で取り組む受験勉強だけでやるのは、スムーズに行かないことがとても多くて、スクール通学OR通信講座を受けるかのどちらかで受験勉強を行うのが一般的といえます。
実際に公認会計士に関しましては、誰にも指導を受けずに独学で貫いても合格することができる法律系国家資格のひとつです。今現在、仕事を持っている方が奮起して努力する資格としましては可能性が高いわけですが、背中合わせで難易度もかなり高めです。

中には法科大学院卒業者であっても、不合格の結果となることが起こりえるため、核心を突いた効率のいい勉強法を色々考えて全身全霊で頑張るようにしないと、公認会計士の試験で合格を獲得するといったことは難しいでしょう。
実のところDVD授業だとか、テキストブックを見ての受身の勉強法に、僅かに不安感を持っているわけですが、過去に通信講座オンリーで、公認会計士の資格取得を実現している先駆者も大勢いますし、オール独学よりかは、いいはずであると信じています。
今から8年前の平成18年度から、国家資格の公認会計士試験は、新しく変更が行われました。それまでよりも法令科目が、より重視されるようになって、多肢択一形式の問題や、記述方式問題みたいな今までには見られなかった新傾向問題も出てきました。
さしあたって受験生たちが、公認会計士の試験合格体験談なんかを、あれこれ調べて読んでいる理由というのは、おそらく、どういう勉強法がご自分に適しているかということに、思案しているからでしょう。
こちらのサイトは、経験豊かなベテラン公認会計士が、公認会計士試験の効率的な勉強法を教え、かつまた数多くの公認会計士資格取得専門の通信講座の世間での人気状況の実態、口コミサイトなどを独自で調査し、まとめたホームページです。

兼ねてから、法律の知識ゼロより開始して、公認会計士試験合格に絶対に要る勉強への取り組み時間は、「約3000時間」とよく言われています。現実確かに、1回目で合格する方の勉強への取り組み時間は、平均的に3000時間となっております。
お勤めしながら、公認会計士を狙うといった方も存在しているはずだと思いますので、自身の行えます事柄を一日一日絶えずやっていくということが、公認会計士試験合格への最短となるのかもしれないですよ。
演習問題を何度もやって基礎的な学習能力を養い基盤を固めてから、実践的な総括問題・思考問題へとステップアップしていく、典型的な勉強法を採用するのが、公認会計士試験の中における簿記論科目に関しましては、効果が見られるようであります。
国家資格5科目合格に到達するまで、長い年数がかかってしまう公認会計士試験では、常に勉強をやり続けられる環境が整っているかが、大事であり、現実的に通信教育のコースは、一際そうした点が言えます。
合間の時間をフルに活かして、効率的に学習を行えますから、会社に勤務しながらや家事等と並立して公認会計士の資格を取得しようと考えがある受験生には、時間の都合が付けやすい通信講座については、スゴク都合良いものであります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|公認会計士につ... | トップ | 公認会計士|効率の悪い勉強... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL