競争激戦区の大阪でライバル会計士との差をつけて顧問先を次々に獲得した私の独立開業成功マニュアル、伝授します!

顧問先を次々に獲得した私の独立開業成功マニュアル。皆さんの一番気になるところ伝授します!

公認会計士|大多数の予備校や資格学校では…。

2017-07-17 18:00:02 | 日記

法律系の学部を専攻しておらずとも、及びNO知識&経験であれど公認会計士の職に就くことはできますけれど、ともあれ一から独学である場合は、物凄い勉強量をこなすといったことも絶対に欠かせません。自分自身も誰にも頼らず完全に独学で合格しましたため、それをかなり実感しております。
ここ数年の公認会計士は、とっても難易度のレベルが高めで、通信教育のセレクト方法で、合格できるかOR不合格になるかが決まってしまいます。とはいえ、多くの業者があり、いずれを選ぶと最も良いか、思い迷う人も大勢おられるでしょう。
空いた時間を有効的に活用し、勉強が行えるため、毎日の仕事や家事・育児などと並行しての公認会計士の資格取得をしようといった考えを持っている人においては、通信講座(通信教育)の受講は、とても都合がいいものです。
完全独学だけで勉学するほどの、自信はゼロですが、己自身のスピードで勉強したいと考えている方ならば、強いて言えば公認会計士の通信講座を受講した方が、条件に適う勉強法であるといえるでしょう。
実際に公認会計士試験におきましては、大学卒の資格が必須であるなど学歴等の限定はされていませんから、どなたでも幅広い層の方々が資格を得ることを目指せます。万が一法律に関しましての知識が全然ない方であろうと、ちゃんとした受験に対しての方策を立てることで、合格することも不可能ではないですよ。

大多数の予備校や資格学校では、公認会計士を対象とする通信教育(通信講座)が開講されています。それらの中には、iPod等の携帯端末だとかUSBメモリなどを使って、流行の先端を行くNEWスタイルでの通信教育が受けられる、専門スクールもいくつか存在しています。
事実、公認会計士試験は、レベルが高い国家資格試験となっているんで、勉強法をしっかり学べる専門スクールに頼った方が、より無難でしょう。ですけど、全部独学でしてもそれぞれの人によって、とても効果がみられる等の成果も見られたりするのです。
現実的に合格率の数値は、公認会計士試験の難易度が高いかどうかを表わす明確な基準値のひとつなのですが、近年においては、この比率が明らかにダウンしており、受験生たちに関心を持たれています。
公認会計士資格に必須の簿記論は、理解するべき内容はいっぱいですけど、ほぼ完全に計算問題メインにて構成がなされているため、公認会計士は割りと完全独学でも、勉強がとりかかりやすい分野の試験科目となっております。
一般的に消費税法については、公認会計士試験の主な科目の中におきましては、そんなに難易度は高いものではなくて、簿記の基礎の学識をキッチリ身につけておくことによって、割合難しいことなく、合格を勝ち取ることが出来るといえます。

実際に会計事務所であったり公認会計士事務所に入り、実務経験を積んでいきながら、ちょっとずつ学んでいくという考えを持つ受験生は、通信講座の学習方法が最善だと言えます。
通信講座を受ける際は、公認会計士あるいは公認会計士にしても、両方家にいながらも教科書などを郵送していただけますため、各々の好きな時に、勉強を進めることができるものです。
今日公認会計士の通信講座の中において、特に効果的でおすすめなのは、LEC(レック)のコースです。使うテキストセットについては、公認会計士になろうと頑張っている受験生の中で、使いやすさ&網羅性NO.1の学習書として評判となっています。
もしも日商簿記検定の1級か2級を独学スタイルで、合格を勝ち取った受験者なら、公認会計士試験での試験科目の簿記論&財務諸表論の2つのみは、そちらも両科目独学で合格を勝ち取るということも、難易度が高いことではないといえます。
2006年度から、国家試験の公認会計士試験は、大分改定がされました。以前よりも憲法や民法等の法令科目が、多数出題されるようになり、選択式問題及び、記述式(論文)での問題のような新タイプの問題といったものも広く出題されています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|今までは一般的... | トップ | 公認会計士|一般的に国内に... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL