競争激戦区の大阪でライバル会計士との差をつけて顧問先を次々に獲得した私の独立開業成功マニュアル、伝授します!

顧問先を次々に獲得した私の独立開業成功マニュアル。皆さんの一番気になるところ伝授します!

公認会計士|科目合格制が採用されている…。

2017-06-13 20:30:05 | 日記

現実的に法科大学院を卒業されたという実力の持ち主でも、不合格の判定がでることがあるわけですので、本質を突いた能率的な勉強法をよく考えて取り組みを行わなければ、公認会計士の試験で合格を獲得するといったことは手ごわいでしょう。
お勤めしながら、公認会計士を狙う方たちも多数いるでしょうから、ご自分の取り掛かれることを空いた時間に毎日コツコツ積み重ね続けていくといったことが、公認会計士試験の合格を可能にする最も近いルートなのかもしれないです。
科目合格制が採用されている、公認会計士試験におきましては、同じ時に一度で、5分野の科目を受験することは必須ではなく、1回に1科目のみチャレンジしても良いということになっています。合格できました科目に関しては、公認会計士になれるまで適用されます。
合格者の合格率7%に満たないと、公認会計士試験は高い難易度を誇る難関試験であります。しかし、あまり恐れる必要はございませんよ。必死に頑張り続ければ、誰であろうと確かに合格は切り開けます!
実際消費税法の内容は、公認会計士試験のメイン科目の中においては、言うほど難易度は高いものではなくて、簿記の基礎の学識をちゃんと持ち合わせておくことで、割と困難とせず、合格圏内に入るといったことが可能となります。

公認会計士試験の役割は、公認会計士として活躍するために基本とする専門知識とともに、それを応用する能力をしっかり身につけているかどうなのかを、真に判定することを目指し、一年に1回行っている日本でトップクラスの国家試験です。
様々な資格講座が用意されているユーキャンの公認会計士資格講座は、毎年概ね2万人程度から受講申込があり、ちょっとも知識が無いような素人だとしても、一歩一歩資格を取得することが出来る効率的な勉強方法をマスターできる、合格率が高い通信講座です。
完全に独学にて勉学に励むほどの、気は全然ないけれど、マイペースで学んでいきたいというような受験者に対しては、どちらかと言いますと公認会計士の通信講座を受けた方が、適した勉強法といえるのではないでしょうか。
一般的に国家試験の公認会計士試験の合格率の割合は、概ね1割と、高い難易度であるとよく言われているにしては、合格率が高いものとなっています。とは言え、1発目で合格を勝ち取るのは、ほぼ0%で受かる可能性が低いと言われている様子です。
昔から毎年、2〜3万人が受験を行い、約600名から900名に限ってしか、合格が難しいです。この点をとり上げましても、公認会計士試験がどのくらい難易度が高いのかがわかるでしょう。

法律系の学部を専攻しておらずとも、同時に現場経験が全く無い場合でも公認会計士の資格はとれますがしかしながら独学で臨む場合は、学習時間も絶対に欠かせません。自身も専門学校等に通うことなく独学で合格した為、断言できます。
これまで法律知識ゼロにも関わらず、短期間で公認会計士試験に合格することができる人達も存在しております。合格者の皆さんに当てはまっているところは、例外なく自分にフィットした「現実に合った正しい勉強法」を選択できたということでしょう。
実際公認会計士の役回りをつとめる地域の法律家として、活発な働きが要求されます公認会計士におきましては、威信を伴う国家資格です。比例して、資格試験の難易度もとっても難しいです。
昨今は、スクールに通学して教えてもらっている人らと、それほどにも差が無い勉強を行うことが可能となっています。その事柄をリアルに可能とするのが、今現在公認会計士用の通信講座の主流である学習教材とされているDVDで解説を受けるタイプのものです。
一切独学で進めているけど、時間の管理や且つまた学習法などに、不安を持つというような際であれば、公認会計士試験に狙いを定めた通信講座で学ぶというのも、一つのスタイルなんではないかと思っています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|合格率のパーセ... | トップ | 公認会計士|昔から毎年…。 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL