競争激戦区の大阪でライバル会計士との差をつけて顧問先を次々に獲得した私の独立開業成功マニュアル、伝授します!

顧問先を次々に獲得した私の独立開業成功マニュアル。皆さんの一番気になるところ伝授します!

公認会計士|他と比較してリーズナブルな受講料金や対策範囲の的を絞り…。

2017-07-18 05:30:04 | 日記

法律を専門に勉強しておらずとも、並びに実務の経験ゼロであっても公認会計士になることは可能ですが、当然その分全て独学で行うならば、勉強時間も相当要します。ちなみに私も誰にも頼らず完全に独学で合格しましたため、身をもって思います。
兼ねてから、全くの法律知識ゼロから取り組み始めて、公認会計士試験合格に絶対必要な試験勉強時間は、「3000時間ほど」とされております。現実を見ても、ストレート合格者の勉強合計時間は、3000時間ちょっとという数字が挙げられています。
合格を勝ち取り、数年後「自分だけのチカラで挑戦したい」などの強気な志がある受験者でありましたら、もしも公認会計士の試験の難易度が厳しくとも、その大波も絶対に乗り超えることが出来るはずです。
巷で人気のユーキャンの公認会計士用の講座に関しましては、年毎に約2万人位に利用されており、少しも法律の知識が無いという方であったとしても、地道に資格をとることが出来るまでの手順をマスターできる、お勧めの通信講座でございます。
基本的に公認会計士試験の特色に関しては、評価基準に基づいた試験法となっており、合格者の上限数を先立って設けていないため、要するに試験全体の難易度の加減が、ダイレクトに合格率に大きく反映されることになります。

実のところ、全般的に公認会計士資格取得の際には、一から独学で合格をしようとする受験者がそんなにいないといったこともあって、他にある法律系資格と比べますと、市販のテキストの種類もほとんど、つくられておりません。
現に法科大学院の修了者であろうと、不合格となるようなことが起こりえるため、適正な質の高い勉強法を計算して本気で臨まないと、公認会計士資格試験に合格するのはハードとなるでしょう。
無制限に無い限りある時間を有効的に活用し、学習に取り組めますため、会社に行きつつや及び家事などと二足のわらじを履いて公認会計士資格をとろうと考えている受験者にとっては、通信講座を受講するというのは、ひときわ好都合であります。
実際に通信講座ですと、公認会計士でも公認会計士であったとしましても、双方ご自宅宛で必要な教材等を送付して頂くことができますから、本人の都合がいいときに、勉強に取り組むとしたことが可能であります。
従来より毎年、大よそ2万・3万人の受験生が試験を受けて、その中の600人〜最高900人前後ほどしか、合格に至れません。この現況に着目しましても、公認会計士試験の難易度の高さがわかるでしょう。

現実、公認会計士試験を独学でパスするのは、高難度でありますけれど、勉強のやり方を能率的にするとか、多くの情報をいろいろと集めるようにすることで、短い期間・少ない学習量にて合格を志すといったことも、決してありえないことではないです。
他と比較してリーズナブルな受講料金や対策範囲の的を絞り、学ぶ量を出来るだけ減らしたコース、精度の優れた指導書などが人気になっている実績豊富なフォーサイト。公認会計士の通信講座ならどこよりココ!といわれているぐらい、高い好評を得ています。
実際科目合格制度の、公認会計士試験に関しましては、1度のうち、5科目全部を受験するといったことは決められておらず、1つの科目ずつ受験しても良いシステムとなっています。1度合格できた科目は、公認会計士資格を得るまで有効なのです。
従前に日商簿記2級や1級レベルを独学スタイルで、合格を実現された方であれば、公認会計士試験の必須教科の簿記論&財務諸表論の2つに対しては、双方独学スタイルで合格を勝ち取るということも、ハードルが高いわけではないのかも。
通学式の講座と通信式での通信講座をセットにして受けられる、『本気になったら大原♪』がキャッチコピーの「資格の大原」は、クオリティの高い教科書と、かつ資格取得指導スペシャリストの講師陣で、公認会計士試験の合格者の1/2を出すといった業界トップクラスの実績を誇ります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|いかなる問題集... | トップ | 公認会計士|現実30万円以上... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL