競争激戦区の大阪でライバル会計士との差をつけて顧問先を次々に獲得した私の独立開業成功マニュアル、伝授します!

顧問先を次々に獲得した私の独立開業成功マニュアル。皆さんの一番気になるところ伝授します!

公認会計士|普通公認会計士試験を受験しようとする場合…。

2017-06-20 13:40:02 | 日記

全部独学でやるもの良いけど、学習の時間管理や学習スタイルに対することなど、ちょっぴり不安を感じてしまうといった時なんかは、公認会計士試験対象の通信講座にて学習するのも、1つの進め方といえるでしょう。
普通公認会計士試験を受験しようとする場合、歳や性別等の受験の資格は定まっておらず、経歴は全然関係ございません。したがって、今までに、法律についての学習を全く行ったことがないようでも、知名度が高い大学を出ていない場合でも、関係無しに公認会計士資格取得はできます。
これから公認会計士の勉強に取り掛かるという人にとっては、「公認会計士試験については、どれくらいの学習時間を保ったら合格をゲットできるのか?」といったことは、チェックしておきたい点だと推察します。
実際従前から、法律知識ゼロの次元から取り掛かり、公認会計士試験合格に絶対必要な試験勉強時間は、少なくとも「3000時間位」とされています。実際のところ、1回で合格を決めた方の総勉強時間は、3000時間超とされています。
昼間働きながら真面目に勉強を行って、何とか3回の受験で公認会計士に合格することが叶った、わが身の経験を頭に浮かべてみても、今はちょっと前より難易度に関しては、めちゃくちゃ高くなっていてさらに難関になってきていると思います。

実を言いますと、公認会計士資格取得を志すケースでは、一から独学で合格を獲得しようとする人が僅かということも関係し、実情別の法律系試験と照らし合わせると、市販のテキストの種類もろくに、存在しません。
今日の公認会計士の資格取得は、試験の合格率が大体6%とした結果が示されており、実用的な事務系資格の内では、難易度が高い資格だと言えます。ただし、試験の全問題のうち6割正解したら、合格することが出来ます。
そもそも公認会計士試験の特色に関しては、指標に基づき評価を行う試験の仕組みとなっていて、合格者の上限人数を決定していないので、結果として試験の問題の難易度の程度が、ありのまま合格率に反映されることになります。
演習問題を何度もやってより理解を高めて基礎的な部分をしっかり身に付けた後、実用に基く応用問題にスウィッチしていく、いわゆる王道の勉強法を行うのが、公認会計士試験のうちの簿記論合格には、効果が高いようでございます。
たった一人で独学により学習をするなんて、モチベーションはございませんけど、もしも自身の進行加減で勉強したいと考える方でありましたら、強いて言えば公認会計士の通信講座をチョイスした方が、ベターな勉強法であるといえるでしょう。

実際初めから法律に関する知識など無いのに、短期の間で見事公認会計士試験に合格した先輩もいたりします。その方たちに同じように見ることが出来る点は、皆個々にとって適切な「実践的な勉強法」を取捨選択するということが出来た点であります。
一般的に公認会計士試験を誰にも頼らずに独学合格することは、めちゃくちゃ難しいですが、勉強の取り組み方を上手く工夫するとか、有益な情報をちゃんとチェックすることで、短い期間・少ない学習量で合格を勝ち得ることも、可能になります。
実際講師たちに直で教えてもらうことができる予備校通学の長所は、興味深いですけれども、常に一定のやる気さえキープできたら、公認会計士向けの通信教育で学習することで、確実に力をつけていくことが可能といえるでしょう。
中でも公認会計士試験につきましては、メチャクチャ難関の法律系国家試験ですから、勉強法をしっかり学べる専門スクールに通うようにする方が、より無難でしょう。しかしながら、たった一人で独学で進めても、かなり効率アップが望める場合もございます。
今日この頃は公認会計士試験の対策を掲載した、コンテンツ・サイトや、ベテランの公認会計士が、受験生向けに勉強のポイント等をアドバイスするメルマガ等を発信中で、情報を集める力+日々のモチベーションをより高めるにも活用することができるでしょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|他の会社と比べ... | トップ | 公認会計士|お仕事をやりつ... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL