競争激戦区の大阪でライバル会計士との差をつけて顧問先を次々に獲得した私の独立開業成功マニュアル、伝授します!

顧問先を次々に獲得した私の独立開業成功マニュアル。皆さんの一番気になるところ伝授します!

公認会計士|当ウェブサイトは…。

2017-06-16 02:00:02 | 日記

通常公認会計士試験の独学での合格は、かなりハードといえますが、学習法を変えてみたり、多くの情報をいろいろと収集することで、短いスパンで合格しようとすることも、決してありえないことではないです。
一切独学でやり通したい気持ちもわかるけど、試験日までの学習スケジュールの組み方ですとか勉強のやり方等に、不安を持つ等の際においては、公認会計士試験対策用の通信講座にて学習するのも、1つの進め方かと考えます。
いずれのテキストブックを用いて勉強を行うのかというのではなく、いずれの勉強法に頼ってガンバルのかという方が、格段に公認会計士試験でパスするためには大切だと考えられます
簿記論の科目につきましては、会得しないといけない中身は多いですが、100パーセントの確率で計算問題が主要で組み立てられているため、公認会計士の資格を得ようとするためには、割かしオール独学であっても、勉強を行いやすい試験科目内容とされています。
法律の消費税法につきましては、公認会計士試験のメイン科目の中においては、あまり難易度は高いものではなくて、最低限知っておくべき簿記の知識をいくらか持つことができていれば、割かし困難とせず、合格点数を獲得することができる可能性が高いです。

当ウェブサイトは、経験豊富な公認会計士が、公認会計士試験に向けての適切な勉強法をアドバイスし、並びに多くの公認会計士対象の通信講座の巷での評判、口コミ・レビューなどの調査を行い、まとめたサービスサイトです。
一般的に国内におきましてもトップクラスにランクインする難易度が高い公認会計士試験の中身は、憲法・民法などの11教科の法律から沢山の問題が出題されるので、合格に至るまでには、長いスパンでの学習量が不可欠になります。
ずっと前より、全くの法律知識ゼロから取り掛かって、公認会計士試験合格に最低限必要とされるトータル学習時間は、通常「3000時間以上」と知られています。一般的に実例でも、ストレートで合格する人の学習時間は、平均的に3000時間となっております。
サラリーマンをやり続けながら寝る間を惜しんで勉強に励み、ついに3度目のチャレンジで公認会計士に合格することができた、自分自身の経験を頭に浮かべてみても、昨今の難易度は、明らかに高くなっていてさらに難関になってきているといえます。
今まで法律の事柄に触れたことが全然ないのに、比較的短いスパンにて公認会計士試験合格を実現する先輩もいたりします。彼らの多くに共通している要素は、例外なく自分にフィットした「質の高い勉強法」をセレクトすることが出来たことであります。

公認会計士さんに代わる頼れる街の法律家として、活発な働きが要求されます公認会計士に関しましては、社会的身分の高い職業資格です。ですから、その分試験の難易度の状況もとても難しいです。
専門学校の公認会計士レッスンを受けたいんだけど、近いエリアに学校がどこにもない、会社が忙しい、学校に通学する時間をなかなか確保することができない等の人向けに、それぞれのスクールでは、お家で学習出来る通信講座(通信教育)を設けています。
一頃においては合格率の数字が10%強にて安定していた公認会計士試験も、ここ数年は、一桁台にて停滞しております。合格率一割以下である場合、難易度が厳しい国家資格であるとして、認知されることになります。
実際に公認会計士試験は、難関であるというように周知されている、法律系国家資格の1つ。当サイトでは、目当てとする公認会計士試験に合格するための質の高い勉強法等を、私の合格までの道の生の経験を基に記載します。
全部独学だけに限定して学習をするなんて、意識はないのですが、もしも自身の進行加減で取り組みたいといった人でしたら、どちらかと言いますと公認会計士の通信講座の方が、相応しい勉強法といえます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|現場において「... | トップ | 公認会計士|大多数の資格取... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL