大阪で働きながら最短で税理士試験に合格したマル秘ノウハウ。シンプルで誰にでも使える効率的なノウハウを徹底的に解剖

働きながら税理士試験に合格したマル秘ノウハウ。シンプルかつ誰にでも使える効率的な合格ノウハウを徹底的に解剖

税理士|すべて独学で進めているけど…。

2017-07-11 09:30:02 | 日記

高度な知識や経験を必要とする法令の中身で、難易度が超高くなっておりますけど、元来税理士試験におきましては、1度に全部合格する必要の無い科目合格制度を設けておりますから、教科をひとつずつ5年の期間を費やして合格していくスタイルであっても、大丈夫な試験なのでございます。
毎回全試験科目の合格者の合格率の平均は、全体の10〜12%くらいで、この他の難関資格と比較して、高い合格率に見えるかと思われますが、これについては各々の試験科目の合格率でして、税理士試験全体の合格率ではないのです。
実際合格の結果が得られなかった時の、総勉強時間のリスクある点を思い巡らすと、税理士資格試験に向けてはスクールが行っている通信講座、あるいは通学して授業を受ける通学講座の選択を行うのが、間違いないものと言えるでしょう。
世間一般的に税理士については、高難易度の法律資格試験の関門として、広い世代に人気があるわけですがその一方、合格を勝ち取った以後は、個人にて事務所等を発足し、はじめから独立・開業の道も実現可能な法律系認定試験といわれています。
確かに税理士試験の内容というものは、全身全霊を傾けないといい結果が出ない、難易度の高い資格試験だと考えております。要するにちょっとでも空いた時間があれば効率良く&集中して使って受験勉強したという方が、合格可能となる努力次第の試験といえるのであります。

国家資格の中においても、難易度が高いことを誇る税理士の業種ですが、他よりも合格へ行き着くまでの道がハードであるほど、資格取得を成し遂げた先には就職先が沢山あるということや年収アップ、かつまた社会的身分の高い立ち居地をゲットできるといったことも確かです。
長期間にわたる税理士試験勉強は、集中力が持たなかったり、モチベーションアップが難儀だったり等とマイナス面も経験しましたが、全体として通信講座をやって、合格を勝ち取れたといったように考えております。
法科大学院(専門職大学院)を卒業した経験者でも、不合格となってしまうことが起こりえるため、核心を突いた効率のいい勉強法を色々考えて挑戦しなければ、税理士試験にて合格を果たすというのはハードとなるでしょう。
一般的に税理士のピンチヒッターにもなれる頼れる街の法律家として、法律問題で困っている人をお手伝いすることを担う税理士の身分は、社会的な地位のあるといわれている資格であります。したがって、それに反映して試験の難易度の状況も超高くなっています。
昨今の税理士試験においては、現実記述式の筆記試験だけしか存在せずというように、思っていて構わないといえます。なぜならば、面談での口述試験については、余程の事が起きない限り落ちるなんてことの無い難易度の低い試験のためでございます。

すべて独学で進めているけど、受験当日までのスケジュールの立て方とか学習スタイルに対することなど、気になる点が存在するといった時なんかは、税理士試験に狙いを定めた通信講座を申し込むのも、1つの進め方といえます。
簿記論科目においては、把握しないといけない内容量は膨大なのですが、ほとんど計算を必要とする問題で出題が行われますから、税理士になるには他の法律系国家資格よりも独学で挑戦したとしましても、学習しやすい部類の科目に当たるのです。
実際に通信教育講座ですと、税理士試験に向けての対応策を不足なくピックアップした、資格取得向けの学習教材がございますので、オール独学より学び方が把握しやすく、勉強が行いやすいのではないかと思います。
簡単に言いますならば「足切り点」(ボーダーライン)というような怖いシステムが、税理士試験にはございます。これはつまり、「定める点数に達していないという場合は、不合格です」といった点数というものがあらかじめあるのです。
税法の消費税法は、税理士試験科目内では、それほどにも難易度レベルは難しくなっておらず、簿記の基礎知識をマスターしておいたら、割りに容易く、合格レベルに到達するといったことが可能となります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 税理士|日本でもケタが違う... | トップ | 税理士|基本として…。 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL