大阪で働きながら最短で税理士試験に合格したマル秘ノウハウ。シンプルで誰にでも使える効率的なノウハウを徹底的に解剖

働きながら税理士試験に合格したマル秘ノウハウ。シンプルかつ誰にでも使える効率的な合格ノウハウを徹底的に解剖

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

税理士|税理士試験の試験勉強を行う過程においては…。

2017-07-08 02:00:02 | 日記

現実的に科目合格制という制度が設けられているため、税理士試験は、お仕事をしている社会人も受験に臨みやすいのですが、その分受験勉強生活がずっと続くということがよくあります。ですので、多くの先達のGOODな勉強法を実践してみることも有効です。
各年、2〜3万近くの受験生が試験を受けて、その中からたったの600人〜900人強しか、合格を実現することができません。この1部分に目を向けても、税理士試験の難易度の様子がわかってしまいます。
やっぱり税理士試験については、中途半端な取り組みであったら合格することが出来ない、難易度の高い資格試験だと考えております。結局限られた時間を能率的に活用して学習した受験者が、合格可能となる努力次第の試験といえるのであります。
受講代金が少なくとも30万円以上、それともまたプラス20万の合計50万円以上の、税理士専門の通信講座も珍しいことではございません。その場合受講のスパンも、1〜2年の長期のカリキュラムとなっているケースが、一般的です。
税理士試験に関しましては、これといった受験資格というものはなくて、大卒等の学歴は一切関係ないものであります。それ故、従前に、法律に関する詳しい勉強を行ったことがない場合でも、優れた大学を卒業していないという方でも、税理士資格は取得可能であります。

合格が叶わず不合格になった際の、総勉強量&時間のリスク面を見ると、税理士の受験は専門スクールの通信講座(通信教育)、でなければ直に専門学校を選定するのが、より安心と言えるでしょう。
実際に税理士試験に関しては、決して簡単なものではないです。毎年合格率は、約10%でございます。しかしながら、一発試験ではなく、何年かにわたって合格を狙うのであれば、それ程大変なことではないでしょう。
基本的に、税理士試験に全て独学にて合格を志すのは、相当厳しいという真実を先に確かめておきましょう。それに関しましてはこれまでの合格率の数字が10%超えしない状況となっていることからも、容易く知りえることでございます。
合格率の割合がおおよそ7%というと、税理士の受験はとっても難易度が厳しそうでございますが、絶対評価によって定められた基準の合計60%以上の試験問題をしっかりクリアすれば、合格を獲得することは100%間違いありません。
数年前までは税理士試験については、割合合格を得られやすい資格というように言われていましたけれど、近年におきましては著しく難易度が上がっていて、とんでもなく合格することが難しい資格でございます。

今多くの方々が、高難度の税理士のリアルな合格体験ブログの類を、色々わざわざリサーチして読まれている目的は、きっと、どういう取り組み方や勉強法があなた自身に効果的なのか、迷いがあるからではないでしょうか。
これより資格をとるため試験勉強をやり始める受験者においては、「税理士試験に関しては、いくらくらいの勉強時間をとったならば合格をゲットできるのか?」というのは、当然知っておきたい点ではないでしょうか。
司法試験と同じ勉強法でおこなうケースだと、0からはじめる税理士試験に狙いを定めた受験生に比べて、勉強のボリュームが膨大なものになりがちです。その上思うような結果は見ることが出来ず、コストと効果の関係がアンバランスです。
税理士試験の試験勉強を行う過程においては、集中力が継続し辛かったり、いつもモチベーションを保持し続けることが難儀だったり等とマイナス面も実体験で経ましたけれど、全体として通信講座をやって、合格への道が切り開けたと判断しています。
難易度が厳しい試験なわけですけれど、各科目ずつ数年かけて受験しても良いので、そのせいもあり税理士試験に関しましては、現在毎年5万以上もの人が受験に臨む、受かりづらい試験なのです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 税理士|基本税理士試験にお... | トップ | 税理士|超難関と広く知られ... »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL