大阪で働きながら最短で税理士試験に合格したマル秘ノウハウ。シンプルで誰にでも使える効率的なノウハウを徹底的に解剖

働きながら税理士試験に合格したマル秘ノウハウ。シンプルかつ誰にでも使える効率的な合格ノウハウを徹底的に解剖

税理士|言うまでも無く…。

2017-06-18 06:20:02 | 日記

空いた時間を有効に活用し、効率的に学習を行えますから、会社通勤や及び家事などと二足のわらじを履いて税理士資格の取得を目指そうと考えておられる人たちには、時間の都合が付けやすい通信講座については、ひときわ都合良いものであります。
法令の知識を大学で勉強していなくても、同時に現場経験が全く無い場合でも税理士にはなれるわけですが、その分だけ全て独学で行うならば、勉強時間も絶対に必要です。まさに私もオール独学で合格を手に入れたため、思い知っています。
完全に独学にて学ぼうとする、強い思いはないわけですが、自分自身の歩度に合わせて学ぶことができたらという人の場合は、強いて言いますと税理士資格の通信講座の方が、条件に適う勉強法といえるかと思います。
このところの税理士の試験は、平均の合格率が約6%少々という風に言われていて、事務系国家資格のジャンルでは、受かりづらい資格の一つに入っています。けれども実際のところ、全部の問題中6割以上正しく答えられたならば、合格することが出来ます。
昔から毎年、約2・3万人が試験に挑み、その中からたったの600人〜900人のみしか、合格を実現することができません。この状況に注目しても、税理士試験の難易度がとても高いといったことが認識できます。

どういったテキストブックを用いて学習をするかということよりも、どのような勉強法に頼って臨むのかということの方が、明らかに税理士試験を乗りきるには大切だと考えられます
国家資格の中においても、難易度が高いことを誇る税理士となっていますが、ともあれ合格へ至るまでのプロセスが簡単ではなく辛いからこそ、ようやく国家資格を得た後はニーズの高さや給料、かつ社会的地位の高さを構築できる可能性もありえるのです。
極めて専門的な要素を含む法的な内容なんで、難易度が非常に高度となっておりますが、基本的に税理士試験につきましては、1度に全部合格する必要の無い科目合格制度を起用しているので、教科をひとつずつ1年1教科で5年にわたり合格するスタイルでも、いい国家試験とされます。
基本税理士試験におきましては、年齢・性別などの受験資格は指定されておらずに、学歴の有無は全く不問です。ですから、これまで、法律関係の学習を全然やったことがないといった人であっても、知名度が高い学校を卒業しておらずとも、税理士の資格取得はできます。
言うまでも無く、税理士試験に関しては、不十分な努力ですといい結果が出ない、難易度の高い資格試験だと考えております。要するにちょっとでも空いた時間があれば出来るだけ効率よく活かして勉強を行った人が、合格を得られる結果となるのです。

平成18年(2006年)度から、国家試験の税理士試験は、沢山改定がされました。例えば法令科目が、多数出題されるようになり、択一式の試験問題や、記述方式の試験問題といった思考&記述力が試される新たな問題等も登場しています。
通学での講座と自宅にいながらの通信講座をセットにして受講できるカリキュラムがある、長年の実績が名高い「資格の大原」は、クオリティの高い教材と、かつまたプロフェッショナルの講師達の指導で、税理士合格者の全体数の50%の結果を出す輝かしい実績を誇ります。
一般的に税理士は、学校や通信教育を受講しないで独学で挑んでも合格を叶えられる資格といえるでしょう。中でも只今、会社員である人が発起してチャレンジする国家資格としては期待ができますけれども、背中合わせで難易度もハイレベルとされています。
昼間働きながらその合間に勉強を重ねて、ようやっと3度の試験にて税理士試験に合格をした、己の実経験を振り返ってみても、最近の難易度については、とっても上がってきているように思えます。
前もって法律の知識を全く持っていないのに、短期学習で税理士試験に合格するという先達も存在します。合格をした方々に同様に共通している点は、本人にピッタリの「質の高い勉強法」を見極めることが出来たことです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 税理士|国内の法人税法に関... | トップ | 税理士|完全に独学で税理士... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL