大阪で働きながら最短で税理士試験に合格したマル秘ノウハウ。シンプルで誰にでも使える効率的なノウハウを徹底的に解剖

働きながら税理士試験に合格したマル秘ノウハウ。シンプルかつ誰にでも使える効率的な合格ノウハウを徹底的に解剖

税理士|過去に日商簿記試験1級・2級を独学の勉強法で…。

2017-05-18 17:40:03 | 日記

過去に日商簿記試験1級・2級を独学の勉強法で、合格できた実力の持ち主であったら、税理士試験においての簿記論やまた財務諸表論の2教科については、これもオール独学で合格を勝ち取るということも、決して難しいことではないのではないでしょうか。
前もって法律関係の知識がないのに、短期集中で税理士試験合格を果たす先達も存在します。彼らの大部分に共通して見られるポイントは、自分自身に相応しい「ベストな勉強法」を選定することができたことです。
個々の教科の合格率を見ると、ほぼ10%ぐらいというように、それぞれの教科とも難易度が高度な税理士試験は、科目合格制となっておりますため、社会人をしながら合格を志せる、資格なのです。
実際に合格者の合格率がおおよそ7%というと、税理士の受験はとっても難易度が高度そうですが、絶対評価による達成点数の6割以上の問題にクリアすることができたら、合格するということは絶対に大丈夫です。
根本的に通信教育に関しましては、教材の精度が結果を決めます。現在はDVDはじめPCで見るオンライン配信のような映像系教材も増加していますが、各々の税理士の資格取得学校によって、その内容については違いがみられます。

メリットと思える点が多い、税理士の予備校通学での勉強法でございますけれど、合計何十万という結構な金額が要されますから、受験する人が全員受けることが出来るものではないと断言できます。
現実的に科目合格制という制度が採用されていることから、税理士試験は、働いている社会人の人達も受験にトライしやくなっておりますが、同時に受験に取り組む期間が長期にわたることが傾向として起こりがちです。たくさんの諸先輩のGOODな勉強法を手本にするとよいのではないでしょうか。
平成18年度以降、税理士試験の内容は、かなり改正が実施されました。新たに法令科目が、重要視され、多肢択一形式の問題や、記述方式の試験問題といった暗記だけでは解けない問題なんかも見られるようになっています。
くらしをサポートする法律家として、活躍可能な税理士の試験を受ける際に、資格に関しては一切不問です。条件ナシで誰でもトライ可能でありますから、通信教育を提供している各会社でも、男女関係無く幅広い層から支持を集める法律系資格となっています。
基本的に、税理士試験にたった一人で独学で合格を実現するのは、めちゃくちゃ大変であるといった真実を先に確かめておきましょう。それは合格率が絶対に10%に至らない現実からみても、ありありとイメージできる事柄です。

兼ねてから、法律の知識を何も持たず着手して、税理士試験合格に最低限必要とされる勉強への取り組み時間は、「3000時間程度」と伝えられています。実際に一発で合格を実現した方たちの勉強の総時間は、3000時間ちょっとという数字が挙げられています。
実際に難易度がスゴク高い試験なわけですけれど、個々の科目ごと別々に受験するといったこともできることによって、それ故税理士試験は、いつも5万人もの人達が受験にチャレンジする、受かりづらい試験なのです。
実際税理士の業種は、たった一人で独学だったとしても合格することが可能である資格のうちの一つです。中でも現今、仕事をしている人たちが奮起してトライする資格としてはとても有望ではありますけれど、一方ですこぶる難易度も高でございます。
正直DVDでの映像授業ですとか、テキストを用いての学習方法に、少々心配&不安があったりするのですけど、実際通信講座を活用して、税理士資格取得を実現した方もいっぱいおりますし、よって1人独学で頑張るよりは、マシであるだろうと受け止めています。
出来れば万が一に備える、リスクを低くする、入念に用心してという目的で、税理士試験を受ける場合に、合格率が高いスクールに行って勉強した方が確実ですが、例えば独学を1つの道に選んでもいいでしょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 税理士|一般的に国家資格の... | トップ | 税理士|現実的に合格率3%... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL