大阪で働きながら最短で税理士試験に合格したマル秘ノウハウ。シンプルで誰にでも使える効率的なノウハウを徹底的に解剖

働きながら税理士試験に合格したマル秘ノウハウ。シンプルかつ誰にでも使える効率的な合格ノウハウを徹底的に解剖

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

税理士|従前に日商簿記2級や1級レベルを完全独学で…。

2017-06-20 11:20:02 | 日記

1教科ずつの平均の合格率については、大方10%程度と、各々の教科ともに難易度が高いとされる税理士試験は、社会人も受験しやすい科目合格制度ですから、お仕事しながら合格を実現できる、資格といえるのです。
従前に日商簿記2級や1級レベルを完全独学で、見事合格されたといった人であるなら、税理士試験での試験科目の簿記論・財務諸表論の2種教科に関しては、基礎があるので独学で合格を勝ち取るということも、決して難しいことではないといえます。
そもそも科目合格制がとり入れられているが故に、税理士試験は、仕事を持っている社会人の方たちも受験に臨みやすいのですが、その分受験生活の期間が長引いてしまう傾向が見られます。そのため、過去に合格した先人の勉強法の具体的手法をお手本にするとよいでしょう。
従来より、法律の知識無しの状況から取り組み始めて、税理士試験合格に要するトータル学習時間は、少なくとも「3000時間位」とされています。現実的に見ても、初回で合格を叶えた受験者の勉強時間数は、ズレが無く3000時間ほどと言われています。
大抵、税理士試験に全部独学で合格を目指すのは、簡単にできることではないという実態を認識しましょう。そのことは従前の合格率の値が10%を超えることのない現状によりましても、簡単に推察できることです。

オール独学で行っているのはすごいけど、時間の管理や且つまた受験勉強の方法などに、不安を抱く等の際においては、税理士試験用の通信講座を受講してみるのも、一つのスタイルなのであります。
今日びの税理士試験に関しましては、実際筆記試験(記述式問題)だけしか無いというように、思っていいです。その理由は、面談での口述試験については、ほとんどの方が不合格とはなり得ない難しくない試験とされているためです。
100パーセント独学にて税理士試験合格を目指すならば、本人が適切な勉強法を習熟することが必要です。そうしたような場合に、何より優良な方策は、先陣の合格者がやった勉強法のスタイルをそっくり真似することであります。
基本的に税理士試験につきましては、狭き門とされております、国家資格の中の1業種です。このサイトでは、対象の税理士試験に一発で合格するための能率的な勉強法等を、自らの合格を掴むまでの実体験を経て得た情報を踏まえて公開します。
資格取得が難しい試験といわれる税理士試験に立ち向かうには、超頑張らないと合格不可能です。かつイチから独学で合格しようとするのは、めちゃくちゃ努力しないとなりません。ほんのちょっぴりでも重宝するWEBサイトになるならとても幸せです。

現在においては、通学して教わっている受験生たちと、特に違いがない勉強が実現されています。そちらの点を現実のものとしますのが、まさに税理士対象の通信講座の主流の学習材となっております映像教材のDVDです。
常時何事にも「法律をベースに置いた考えることが可能な人物」なのかどうかを見極めるような、かなり難易度の上がった試験に変化してきているのが、つい最近の税理士試験の事実ではないでしょうか。
勉強できる時間が日常的に沢山確保することができる受験生であれば、一般的な勉強法にて、税理士試験で合格できるかもしれませんが、常時お仕事等時間に余裕がない人に対しては、現実的なアプローチだとは言えないと思われます。
資格試験に合格できないケースの、全体の学習時間のリスク度合いを思うと、税理士試験につきましては専門学校の通信講座、あるいは直接の通学講座の選択を行うのが、安全と言えるでしょう。
基本的に会計分野の簿記論は、理解するべき内容は実に多々ですが、ほとんど様々なシーンの計算問題で出されるので、税理士にとっては、割合独学で臨んでも、取り組みやすい専門科目となっています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 税理士|今日び合格率1割に届... | トップ | 税理士|勉強法が合っている... »

日記」カテゴリの最新記事