大阪で働きながら最短で税理士試験に合格したマル秘ノウハウ。シンプルで誰にでも使える効率的なノウハウを徹底的に解剖

働きながら税理士試験に合格したマル秘ノウハウ。シンプルかつ誰にでも使える効率的な合格ノウハウを徹底的に解剖

税理士|数年前までは合格率の値が10%位にて安定していた税理士試験も…。

2017-06-19 16:50:02 | 日記

受験制度の作り変えに伴って、従来の運・不運に振り回されるギャンブル的なファクターが一切なくなり、まさに手腕があるかないかが判断される実力第一の試験へと、税理士試験は新しく生まれ変わりました。
現実的に税理士試験は、相当難しいレベルの法律系国家試験ですから、勉強法をしっかり学べる専門スクールに足を運んだ方が、ベターです。しかし、独学で臨んだとしても人により、とっても能率が上がる場合もございます。
過去に日商簿記試験1級・2級を独学スタイルで、合格を勝ち取った受験者なら、税理士試験での試験科目の簿記論かつ財務諸表論の2つの科目については、これらも両方独学で合格を目指すといったことも、決して難しいことではないのではないでしょうか。
勘違いの勉強法を継続して、労力掛けて寄り道することほど、残念なことはありません。是が非でも効率的な手立てで短期スパンで合格を見事果たして、税理士になろう。
状況が許せばリスク回避、限りなく無難に、用心するに越したことはないという狙いで、税理士試験のケースでは、プロ教師陣が揃う学校に通い学習した方が安全策ではありますけれど、しかしながら独学を選択の道に入れても構わないと思います。

どのような参考書にて勉学に努めるかではなく、どんな種類の勉強法を採用して取り掛かるかという方が、明白に税理士試験での合格には大事であります。
実際合格率約7〜8%と、税理士試験は非常にハードな難易度の試験の一つと言えるでしょう。ですけど、過度に怖気づくことはないです。努力を積み重ねれば、どんな人でも確かに合格を目指すことができます!
法令の知識を大学で勉強していなくても、これまでに一度も実務経験がなくとも税理士を目指せますが、けれどその分一切独学で取り組むという人なら、物凄い勉強量をこなすといったことも相当要します。まさに私も独学で行って合格を可能にしたから、そのことを思い知らされています。
つい最近の税理士は、とても試験の難易度のレベルが高くなっていて、通信教育をどれにするかで、受かるか・落ちるかが決まります。ただし、色々な会社が似通った講座を開催しており、何処を選ぶのがベストなのか、皆さん迷われるようです。
1年に1度、2・3万名位の人達が資格試験を受験し、600〜900人程度しか、合格判定を得ることが出来ません。その1点に注目しても、税理士試験の難易度の様子がみてとれます。

会計と税務の個別論点の中身をしはじめたら、関係する試験の演習問題に出来る範囲で挑み、数をこなして問題慣れしておくといった勉強法を導入するのも、税理士試験での簿記論試験対策においては大変有効となります。
実のところ、全般的に税理士資格をとろうとするケースにおいては、一から独学で合格を獲得しようとする人が少数となっていることもあり、別の法律系資格試験より、市販の学習テキストも十分に、存在しません。
数年前までは合格率の値が10%位にて安定していた税理士試験も、現在、一桁の数値でおさまりつづけています。当然合格率が一桁といえば、高い難易度とされる国家資格の内のひとつとして、考えられます。
今日の税理士の資格取得は、合格率の割合が6%前後と言われていますので、事務系の資格内におきましては、高難易の資格として扱われています。しかし実際には、全試験問題の中で6割正解したら、間違いなく合格するのです。
はじめから会計事務所とか税理士事務所に入り、経験実績を積み上げながら、マイペースで学習を行うというタイプの方は、通信講座の勉強法が最適と思われます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 税理士|一口に言っていわゆ... | トップ | 税理士|現実的に税理士資格... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL