大阪で働きながら最短で税理士試験に合格したマル秘ノウハウ。シンプルで誰にでも使える効率的なノウハウを徹底的に解剖

働きながら税理士試験に合格したマル秘ノウハウ。シンプルかつ誰にでも使える効率的な合格ノウハウを徹底的に解剖

税理士|実際初めから法律の勉強をしたことなどないのに…。

2017-07-08 10:30:02 | 日記

さしあたって受験生たちが、税理士の合格・資格取得までを書いたブログ等の類を、色々わざわざネットなどで検索して読んでいる理由というのは、大抵、どうした勉強法・やり方が己に最適であるのか、戸惑っているからではないですか。
実際に合格者の合格率が約7%と言われますと、税理士の資格試験については著しく難易度が高く難関そうにみえるけれども、指標に基づくボーダーラインの最低でも60%以上の問題がちゃんと正解することができたなら、合格実現は間違いないといえます。
実際初めから法律の勉強をしたことなどないのに、短期の学習期間にて税理士試験に晴れて合格される受験生もいます。この人たちに見受けられる共通部分は、自身に丁度良い「確実な勉強法」を選択できたということでしょう。
今から8年前の平成18年度から、税理士試験に関しましては、かなり改定がされました。例えば法令科目が、大きく重視されるようになりまして、多肢択一形式の問題や、論述式問題のような新たな傾向の問題も登場し出しました。
実を言えばDVDを活用しての勉強やまた、テキストだけでの勉強に対して、僅かに不安を持っていますけれど、実際通信講座を活用して、税理士の難関資格を取った受験者もいるわけだし、独学で行うよりかは、良いのではないかと思っております。

実際司法試験と近い勉強法で行うのは、未経験の税理士試験だけに力を注ぐ専業受験生以上に、勉強量+時間が膨大なものになりがちです。それに加えて適う結末とはならず、かけた費用と比較して見合った効果は得られません。
ほとんど独学でやっていて、勉強にあてる時間の管理や勉強の方法についてなどに、心配が生じるといった際には、税理士試験専門の通信講座(通信教育)を受講するのも、いわゆる一つのやり方かと思います。
現実的に専門知識が要求される内容なので、難易度がめちゃくちゃ高くなっていますが、しかしながら税理士試験では、便利な一部科目合格制を設定しておりますので、各科目ずつ1年1教科で5年にわたり合格を積み重ねていっても、OKな試験でございます。
実際に会計科目の簿記論は、内容のボリューム量は沢山ございますけれども、ほとんど計算式の問題で作り上げられておりますから、税理士は割りと独学で挑んでも、学びやすい分野の試験科目となっております。
今日、直接予備校に行って受講しているといった受験者たちと、あんまり相違が無い勉強が可能になっております。そのことを実現可能にするのが、現在税理士を対象にしている通信講座のオーソドックスな教材とされているDVDで解説を受けるタイプのものです。

色々存在している税理士の通信講座のうちでも、一等オススメのものは、LEC(Legal Education Center) でございます。取り扱っている専門のテキストは、税理士になろうと頑張っている受験生の中で、使いやすさ&網羅性NO.1のテキストブックとして一定の評価がございます。
現実的に税理士は、最初から最後まで独学でやっても合格を叶えられる資格といえるでしょう。とりわけ今、仕事を持っている方が発起して励む法律系国家資格としては可能性大でございますけど、併せて難易度も相当高いものであります。
基本的に税理士資格の試験で合格するには、手際の良い勉強法で取り組むことが、極めて肝要です。このHPでは、税理士試験の受験日程はじめお勧めの教科書のセレクト方法など、受験者にとりまして価値ある多種多様な情報をアップ中です。
数年前までは一般的に税理士試験は、割かし手に入れやすい資格というように言われていましたけれど、この頃は大変難しくなっており、何より合格することが困難であるという資格の一つになります。
資格試験を受験する前に会計事務所あるいは税理士事務所にて働き、実戦での経験を積むことと併せて、じっくり勉強を行うというような方でしたら、通信講座の勉強法が最善といえるでしょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 税理士|超難関と広く知られ... | トップ | 税理士|元来科目合格制だか... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL