国家資格である行政書士試験。短時間で効率的に学習を進め合格する為に必要なノウハウを大阪出身の私がお伝えします

国家資格である行政書士試験。学生でも社会人でも効率的に学習を進め必要なノウハウを詰め込んでお伝えします

行政書士|通学講座及び通信講座の2種類のコースを組み合わせて受講可能な…。

2017-07-31 04:20:02 | 日記

行政書士試験を受けるにあたっては、年齢や性別等の受験の条件は設定されていなくて、学歴については限定されておりません。そのため、過去に、法律についての勉強を何もしたことが無くとも、優秀な学校を卒業しておらずとも、行政書士の資格取得はできます。
今は、スクールに通学して教えてもらっている人らと、あまり違いがない受験勉強が可能です。そういったことを実現可能にするのが、今日び行政書士専門の通信講座のメイン教材とされておりますDVD講座です。
独学スタイルでの行政書士を目指す勉強法を選ぶ場合に、殊に問題となりますのは、学んでいる間に分からないところがあらわれた場合に、誰かに質問するということができないことです。
実際に「法的な視点で思考でモノを考えられる者」であるかそうじゃないかを確かめるような、スゴク難易度が厳しい受験といわれているのが、ここ最近の行政書士試験の現実の姿と感じております。
通学講座及び通信講座の2種類のコースを組み合わせて受講可能な、「資格の大原」の専門学校におきましては、優れた教材一式と、かつ資格取得指導スペシャリストの講師陣で、常に行政書士合格を獲得した人の半分を巣立たせる自慢の実績を誇っています。

昔から毎年、2〜3万名ぐらいが受験に臨み、ほんの600人〜多くて900人少々しか、合格を得られません。その点に目を向けても、行政書士試験の難易度が高度であるのかが判別できるといえます。
リアルに会計事務所OR行政書士事務所・行政書士事務所などでの現場において実地経験を積んで実力をつけながら、のんびり勉強に励むというタイプの方は、通信講座の勉強法が適切かと思います。
今現在、あるいはこの先、行政書士の試験に誰にも頼らず独学で受験を行う方に向け公開している、ポータルウェブサイトとなっています。そこでは試験に合格する為の術・ヒントや、先輩行政書士からのアドバイス・仕事内容、やりがいがある事柄など毎日発信しています。
日本国内でもトップクラスにランクインする高い難易度という行政書士試験は、全11科目の法律の範囲より多種多様な問題が出てきますため、合格したいなら、長きにわたる勉強継続が求められます。
実際事例や演習問題で理解度を高めて土台をつくってから、実践に基づく応用の問題へと切り替える、模範的な勉強法で進めるのが、行政書士試験の中の簿記論科目に関しましては、大変有効性があるとされます。

2006年より、行政書士試験の中味につきましては、様々に変更が行われました。憲法・民法などの法令科目が、問題の半数以上を占めるようになり、多肢選択方式の問題やまた、40字程度の記述式の問題というような今までには見られなかった新傾向問題も出されるようになっております。
言ってしまえば「足切り点」(足切り最低点)という気になる制度が、行政書士試験には存在します。わかりやすく言い換えますと、「一定の成績に足りていないなら、不合格の判定になります」という基準の点数が存在しているのです。
無駄が多い勉強法で挑んで、回り道をいくといったことほど、無駄なことはないでしょう。絶対に手際の良い勉強法により短期間で合格を見事果たして、夢の行政書士の道を切り開きましょう。
ずっと前より、法律の知識を何も持たず取り組み始めて、行政書士試験合格に要する勉強時間数は、「3000時間前後」と言われております。調べてみても、ストレートで合格した人たちの受験勉強時間は、大きな開きは無く3000時間くらいと言われております。
現在の行政書士試験におきましては、現実的には筆記試験(記述式問題)だけしか存在せずというように、捉えていいでしょう。と言いますのは、口頭での試験は、余程の事が起きない限り落ちるなんてことの無い形式的な試験だからです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 行政書士|すでに日商簿記2... | トップ | 行政書士|予備校の行政書士... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL