国家資格である行政書士試験。短時間で効率的に学習を進め合格する為に必要なノウハウを大阪出身の私がお伝えします

国家資格である行政書士試験。学生でも社会人でも効率的に学習を進め必要なノウハウを詰め込んでお伝えします

行政書士|たった一人で独学での行政書士資格試験の勉強法を選ぶ場合に…。

2017-06-18 17:30:02 | 日記

毎年毎年、行政書士試験に合格した人の合格率は、ほぼ2〜3%強といわれています。要必須とされる学習にあてる時間との両者のバランスの様子を見てみますと、行政書士資格試験がどの程度難易度が厳しいか推測していただけると思います。
法律を専門に学ぶ法科大学院で学業を修めた方でも、不合格判定になることが無いわけはないので、要点をとらえた能率的な勉強法を検討し本気で臨まないと、行政書士の試験に合格をするのは難関といえるでしょう。
巷で人気のユーキャンの行政書士資格講座は、1年間で約2万人の人達より受講の申込が集まり、あんまり知識が無いような素人だとしても、辛抱強く国家資格がとれるまでの過程を自分のものにできるといった、受験生の間でも評価が高い通信講座であります。
法律系の大学を卒業していなくとも、並びに実務の経験ゼロであっても行政書士にはなれるわけですが、だからこそ独学で臨む場合は、学習量も絶対に大事。己もオール独学で合格を手に入れたため、そのことを思い知らされています。
言うまでもなく独学で臨んで、資格試験に合格をするのは、無理ではありません。ただし、現実的に行政書士の資格取得試験は10人受験して、1名も受からないこともある間口の狭い試験とされております。資格を取得するためには、効率的な学習法を確立する必要があります。

現実行政書士試験は、やさしい試験とはいえません。毎年合格率は、ざっと10%くらいです。とは言え、一回に絞った試験でチャレンジせず、長期間かけて合格を狙うのであれば、著しく大変なことではないでしょう。
たった一人で独学での行政書士資格試験の勉強法を選ぶ場合に、他の何よりも障壁となり得るのは、勉強をしている中で気になる点等が出てきた折に、質問をすることが不可能なことです。
国内においても上位の高い難易度を誇る行政書士試験の詳細は、11ジャンルの法律より多種多様な試験問題が出題されるため、合格をゲットするためには、長い期間に渡っての取り組みが求められます。
一般的に行政書士試験を独学にてやりぬくには、著しく難易度の高いことですが、立ち向かいたいと考えておられる人は、まず財務諸表論等の会計科目を学ぶことから入るとベターでしょう。
いざ個別の論点をしだしたら、基本関連性がある演習問題に可能なだけ何回もチャレンジし、とにかく問題に手慣れておく万全を期した勉強法をプラスするのも、行政書士試験の簿記論教科の対策に向けてはとっても効果的とされます。

以前は合格率10%超えが普通だった行政書士試験でありましたけど、今となっては、一桁の数値におさまっています。合格率一桁の台というと、難易度が高度な難関資格のひとつとして、挙げられます。
イチから独学で行政書士試験合格を叶えるためには、本人がコレという正しい勉強法のスタイルをあみださなければいけないです。そうしたような場合に、一等GOODなテクニックは、過去の合格者がとっていた勉強法をコピーすることといえます。
通信講座の場合は、行政書士でも行政書士であろうと、どちらとも指定先までテキスト一式を送り届けて貰えるから、あなたのペースで、勉学にいそしむことが可能といえます。
司法試験と同等な勉強法で取り組むと、未経験の行政書士試験だけに力を注ぐ専業受験生以上に、合計の勉強量が多大になりやすいものです。それだけでなく見合う結果は得られず、コストパフォーマンスが低いです
実際授業を受けられます専門のスクールも内容もいろいろございます。その事から、複数の行政書士の講義コースの中から、忙しい受験生でも学業に励むことができる、通信講座を行っている資格スクールを比較しおススメ点を挙げました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 行政書士|常時何事にも「法... | トップ | 行政書士|もしも日商簿記検... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL