国家資格である行政書士試験。短時間で効率的に学習を進め合格する為に必要なノウハウを大阪出身の私がお伝えします

国家資格である行政書士試験。学生でも社会人でも効率的に学習を進め必要なノウハウを詰め込んでお伝えします

行政書士|最初からずっと独学でこなしてはいても…。

2017-07-29 21:30:02 | 日記

スクールでの通学講座と通信講座のコースを同時進行で受講できるようになっている、『本気になったら大原♪』がキャッチコピーの「資格の大原」は、ハイクオリティの教本セットと、ベテランの講師たちにより、常に行政書士合格を獲得した人の半分を巣立たせる輝かしい実績を誇ります。
会社に勤務しながらその合間に勉強を重ねて、どうにか3度の受験で行政書士試験に合格した、小生の乗り越えてきた経験を見つめ直しても、昨今の難易度に関しては、めちゃくちゃ高難度になってきているといえます。
近々資格試験に向けて試験の勉強をし始めるといった方は、「行政書士試験は、いくらくらいの勉強時間を持ったら合格が実現出来るんだろうか?」なんかは、やっぱり事前に知っておきたいことでしょう。
行政書士の国家試験制度の変更とともに、従来の運・不運に振り回される偶然性のギャンブル的ポイントが削除されて、本当に腕前があるものかが判定される資格試験へと、今日の行政書士試験は根本から変わりました。
実際に法人税法の内容は、経営を行っていくにあたって、絶対に覚えておかなければならない基礎知識となっています。そうはいえども、覚えこむ量が膨大であるため、しばしば行政書士試験の高いハードルとされています。

実際合格率が7%前後と言われると、行政書士の国家試験は極めて難易度が高くみえますけれど、評価基準に基づき総体的に60%を超える問題に正解することができましたら、合格を得ることは疑いないのです。
実際5種の教科に合格できるまで、長きにわたってしまう行政書士資格取得の受験では、勉強を続けることが可能である状況が、肝で、通信教育コースを選択する際は、大いにそういった部分が言えるかと思います。
大学で法律を専攻していなくても、またド素人であったとしましても行政書士にはなれるわけですが、けれどもそれだけ一から独学である場合は、寝る間を惜しむくらいの勉強することも要必須です。己もオール独学で合格を手に入れたため、そのことを思い知らされています。
実際に合格率のパーセンテージは、行政書士試験の難易度の高いOR低いかを指し示す目安のひとつになりますが、この頃は、この%の数字が大分下向きで、大勢の受験生達で話題になっております。
そもそも通信教育は、教材の精度の高いOR低いが全てを左右してしまいます。今日ではDVDだったりオンライン動画配信などの映像を使った講座も豊富に揃っていますが、行政書士の予備校毎に、アプローチ内容は大分相違します。

一般的に行政書士の資格取得は、合格率が約6%と公表されており、事務職系の資格の中においては、難易度が高い資格になっています。されど、全体的に問題の約6割正解すると、合格間違いなしです。
簿記論の教科に関しましては、理解しないといけないことは沢山ございますけれども、その大部分が計算を必要とする問題で出るので、行政書士になろうとするためには、相対的に独学で取り組んだとしても、身に付けやすいタイプの科目に当たります。
最初からずっと独学でこなしてはいても、試験日までの学習スケジュールの組み方ですとか勉強のやり方等に、リスクを感じるといった時なんかは、行政書士試験向けの通信講座を受講してみるのも、それも1つの選択といえます。
無論、行政書士試験を受験するにあたっては、不十分な努力ですと合格へつながらない、高難易度の試験であると思い知らされます。要するにちょっとでも空いた時間があれば最大限に費やしながら学習に努力した人のみが、結果合格につながる試験なのです。
ちょっと前までは合格率1割以上が当たり前だった行政書士試験でしたが、なんと今や、一桁の数値におさまっています。合格率一桁とした場合、難易度レベル高のランキング上位の国家資格として、広く認識されます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 行政書士|一般的に簿記論は…。 | トップ | 行政書士|実際に教師陣とダ... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL