国家資格である行政書士試験。短時間で効率的に学習を進め合格する為に必要なノウハウを大阪出身の私がお伝えします

国家資格である行政書士試験。学生でも社会人でも効率的に学習を進め必要なノウハウを詰め込んでお伝えします

行政書士|2006年度から…。

2017-05-20 01:00:02 | 日記

もともと科目合格制だから、行政書士試験に関しましては、多忙な社会人受験者も受験しやすいわけですが、その反面、受験勉強の期間が長くなってしまうことが傾向として起こりがちです。たくさんの諸先輩の勉強法の内容をお手本にすることをお勧めします。
合格が叶わず不合格になった際の、膨大な勉強時間のリスク度を案じると、行政書士受験対策として専門予備校の通信講座、他には学校での通学講座コースを選択する方が、間違いなく無難だろうと思っています。
あの法科大学院の卒業者であろうと関係なく、不合格結果がもたらされることも見られるほどなので、つぼを押さえた効率のいい勉強法を理解した上でトライしなければ、行政書士試験合格を実現するということはハードとなるでしょう。
以前は合格率が10%ぐらいが定番になっておりました行政書士試験だったけども、今現在、一桁の割合となっております。合格率が一桁台である場合、難易度が高度な国家資格であるとして、認知されるのです。
世間一般で難関というように名高い行政書士試験の難易度は、物凄く高いとされ、合格率の数値もほんの3%前後と、国家資格内でも、トップクラスに入る難関国家試験です。

最難関の「税法理論暗記」をメインに、行政書士試験勉強法のアドバイスや頭脳の訓練、速聴・速読技術等についても完璧にリサーチ!これ以外にも他効率が良い暗記法とか、勉強に取り組む上で、有益な多様なツールなどなどを多種多様にお教えします!
ちょうど今、あるいはこの先、行政書士に独学スタイルにて取り組む人達に向けた、多様な情報等を配信するサイトです。例えば合格を勝ち取る為のキーポイントまた、先輩行政書士からのアドバイス・仕事内容、やりがいがある事柄など定期的に配信しております。
現実行政書士試験は、メチャクチャ難易度が高いです。合格率というのは、ざっと10%くらいです。しかしながら、一度だけの試験にかけないで、何年間かかけて合格を志すのなら、著しく実現できないことではないです。
一言で言うと第一段階合格最低点の「足切り点」といいます受験制度が、行政書士試験においてはあります。言い換えれば、「決められた点を超えなければ、落ちてしまいますよ」という水準点があるんです。
限られている時間を有効に活用し、効率的に学習を行えますから、毎日の仕事かつまた家事などと両立して行政書士資格の取得を実現しようと考えている受験者にとっては、手を付けやすい通信講座は、特に利便性が高いものです。

例年、2〜3万近くの受験生が試験を受けて、約600名から900名程度しか、合格をゲットできません。この現況を見るだけでも、行政書士試験の難易度の様子がわかるでしょう。
行政書士の資格をとる場合、試験の合格率が大体6%と周知されておりますので、事務系国家資格のジャンルでは、受かりづらい資格の一つに分類されています。ただし、出された全問題の内の60%以上正解になれば、確実に合格できます。
実際全科目における合格率の平均数値は、概ね1割とされ、他の難関とされる資格よりも、合格率が高いようにとられがちですが、それは科目毎の合格率の数値で、行政書士試験全部の合格率ではないので、頭に置いておくように。
2006年度から、行政書士試験制度については、グンと改定がされました。以前よりも憲法や民法等の法令科目が、非常に重要ポイントとされるようになって、択一式の試験問題や、記述式問題(小論文)のような今までなかった流れの問題もお目見えしました。
全て独学で行政書士試験にて合格を得ようとする際には、ご自分で合う勉強法を発見する必要があります。そうしたような場合に、ナンバーワンに優れた方法は、過去の合格者がとっていた勉強法とそのまんま同じようにすること。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 行政書士|一般的に行政書士... | トップ | 行政書士|基本科目合格制度... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL