国家資格である行政書士試験。短時間で効率的に学習を進め合格する為に必要なノウハウを大阪出身の私がお伝えします

国家資格である行政書士試験。学生でも社会人でも効率的に学習を進め必要なノウハウを詰め込んでお伝えします

行政書士|もしも日商簿記検定の1級か2級をオール独学で…。

2017-06-18 18:40:03 | 日記

実際合格の結果が得られなかった時の、全体の学習時間のリスキーな点を考えると、行政書士の受験は専門スクールの通信講座(通信教育)、それともまた通学しての講座受講を選ぶのが、確実と言えそうです。
仕事を継続しながら勉強を両立して、ようやっと3度の試験にて行政書士試験に合格した、私本人の実体験を思い返しても、昨今の難易度レベルは、とても高くなっていてさらに難関になってきているように思えます。
事実「法をベースに問題に接することが可能である人」であるかどうであるのかといったことを判別するような、めちゃくちゃ高難易度の法律系国家試験になってきているのが、今時の行政書士試験の現実の姿というように思います。
今は行政書士試験で合格を勝ち取るための、コンテンツ・サイトや、現役で働いている行政書士が、受験者達用に随時メルマガ等を出していて、情報力やまた勉強への意欲を保持し続けるためにも有効なものといえます。
兼ねてから、法律についての知識が全く無い時点から取り組んで、行政書士試験合格にマストな勉強への取り組み時間は、「3000時間少々」というデータがあります。調査してみても、一発合格者達の試験勉強にかける時間は、3000時間程度とのこと。

基本通信教育は、教材自体の質が受験生の運命を決めるといえます。現在はDVDとかインターネットでの動画配信などの映像での講座も豊富ですが、それぞれの行政書士の資格取得スクールによって、教育カリキュラムは多種多様です。
基本演習問題をリピートしより深く理解してベースを固めた後、具体的な学習問題へとレベルアップしていく、模範的な勉強法で進めるのが、行政書士試験を受験する際の簿記論の教科については、実効性があるようです。
現実的に行政書士試験は、レベルが高い国家試験というように言われておりますので、勉強法をしっかり学べる専門スクールに通学するようにした方が、安心できるかと思います。でも、何もかもすべて独学で貫こうと人により、そのスタイルが最も効率的であるなどのケースもあるわけです。
全部の教科の合格率の平均数値は、10〜12%ほどで推移し、様々にある他の難易度の高い資格よりも、合格率が上であるように思ってしまうかもしれませんが、それは科目毎の合格率でして、行政書士試験をひとまとめにした合格率ではないので、頭に置いておくように。
何年か前までは合格率10%超えが普通だった行政書士試験でありましたけど、今現在、一桁台となって定着しています。当然合格率が一桁といえば、難易度レベル高の難関資格のひとつとして、挙げられます。

実際行政書士の通信講座の中にて、とりわけお薦めしたいのは、東京リーガルマインド(LEC) でしょう。用いるテキスト一式においては、行政書士資格取得の勉強中の受験者たちの間で、最も優れた手引きとしまして評判となっています。
もしも日商簿記検定の1級か2級をオール独学で、合格を勝ち取った受験者なら、いざ行政書士試験の簿記論及び財務諸表論の2種の教科に関しましては、完全に独学にて合格を得るというのも、困難なわけではないのかも。
今日の行政書士に関しては、大変高難易度の試験で、いずれの通信教育を選ぶかによって、合否の分岐点が生じます。ですが、多くの業者があり、何処を選ぶのが確実か、判断が付かない方も多いのでは。
現在、または未来に、行政書士に一から独学でトライする受験生たちのために作成を行った、便利なコンテンツサイトとなっております。サイト内では合格を目指すための鍵ですとか、先輩行政書士からのアドバイス・仕事内容、やりがいがある事柄など様々に伝えております。
実を言えば、行政書士の資格をとる際は、完全独学にて合格実現を目指す人が少な目で、別の法律系国家試験と見比べて、市販のテキストの種類もそれ程、充実していません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 行政書士|たった一人で独学... | トップ | 行政書士|現実的に全必須科... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL