国家資格である行政書士試験。短時間で効率的に学習を進め合格する為に必要なノウハウを大阪出身の私がお伝えします

国家資格である行政書士試験。学生でも社会人でも効率的に学習を進め必要なノウハウを詰め込んでお伝えします

行政書士|つい最近は行政書士試験に打ち勝つための…。

2017-07-11 14:50:03 | 日記

ずっと前より、法律の知識を何も持たず取り組み出し、行政書士試験合格に欠かせない勉強への取り組み時間は、大体「3000時間強」と周知されています。実際に一発で合格を実現した方たちの勉強の総時間は、3000時間前後と発表されています。
1年に1度、2〜3万人が受験に臨み、そのうちの600人から900人強しか、合格に至れません。その1点に目を向けても、行政書士試験の難易度の高さが認識できます。
本当に行政書士試験にトライするという際におきましては、中途半端な取り組みであったら良い成果を得ることが出来ない、極めて手ごわい試験だと痛切に感じています。つまるところ費やすことができる貴重な時間を上手く使って受験勉強に努めたという方のみが、合格を得られる結果となるのです。
つい最近は行政書士試験に打ち勝つための、インターネットサイトや、現役で働いている行政書士が、受験生に対してメールマガジン等の発行を行っていて、情報収集能力かつ学習意欲を保つためにも使用することができます。
簿記論の教科に関しましては、会得しないといけない中身はいっぱいですけど、ほぼ全部計算問題のパターンで出るので、行政書士の資格を得ようとするためには、割かしオール独学であっても、取り組みやすい種類の試験科目とされております。

ここ数年の行政書士は、とっても難易度が高度な試験となっており、通信教育(通信講座)の選定により、合格への道が決まるものです。そうは言っても、数え切れないくらいの会社があるため、どの会社を選ぶとベストなのか、判断が付かない方も多いのでは。
もし日商簿記検定試験1〜2級を完全に独学にて、合格をゲットされた受験生ならば、行政書士試験での簿記論ですとか財務諸表論の2種類に限定しては、ともに独学で試験に合格するのも、高難度なチャレンジではないかもしれません。
今日び合格率1割に届かないと、行政書士試験は非常にハードな難易度の試験とされております。だけど、それを必要以上怖気づくことはないです。全力を注げば、学歴・経験など関係なく誰でも必ずや合格は目指せるでしょう。
独学スタイルでの行政書士資格取得の勉強法を選択する時に、最大に障壁となり得るのは、勉学に励んでいる中にて疑問と感じることが発生した場合に、質問をすることが不可能なことです。
実のところDVD授業だとか、テキストブックを見ての学習方法に、僅かに不安になってしまうのですが、実際通信講座を活用して、行政書士国家資格を獲得した受験者もいるわけだし、よって1人独学で頑張るよりは、合格への道が近いと思うようにしています。

平成18年度(2006年度)以後、行政書士試験の問題内容は、広範囲にわたり改正が実行されました。憲法・民法などの法令科目が、大きく重視されるようになりまして、択一式の試験問題や、記述式問題(小論文)のような思考力が求められる新しい傾向の問題というのも広く出題されています。
難易度高の資格試験になっておりますけど、教科をひとつずつ都度受験OKなことにより、それも関係し行政書士試験につきましては、従来より毎年約5万人の受験生が受験申込みする、国家試験です。
もとより行政書士試験をはじめから独学で挑むことは、大変難易度の高いことですが、トライしてみたいと思っている受験生は、先に会計学の勉強より手を付けると良いかと思います。
法科大学院(専門職大学院)卒業者であっても、不合格判定になることがありえるほどなので、核心を突いた合理的な勉強法をじっくり考え真面目に取り組まなければ、行政書士の試験で合格を獲得するといったことは超困難であります。
現実、学校に通っている人たちと、大きくは相違が無い勉強を実施するということができます。その事柄を可能にするツールが、今となっては行政書士通信講座の欠かせない教材といわれているDVDによるものです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 行政書士|当然専門のスクー... | トップ | 行政書士|実際事例や演習問... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL