国家資格である行政書士試験。短時間で効率的に学習を進め合格する為に必要なノウハウを大阪出身の私がお伝えします

国家資格である行政書士試験。学生でも社会人でも効率的に学習を進め必要なノウハウを詰め込んでお伝えします

行政書士|税制の消費税法は…。

2017-07-15 10:30:02 | 日記

基本的に、行政書士試験に完全に独学で合格を志すのは、高難易度と言う実態を認識しましょう。そのことは従前の合格率の値が10%を超えることのない真実があることによっても、疑う余地もなく想像できてしまいます。
税制の消費税法は、行政書士試験のメイン科目の中においては、他よりもさほどレベルの高い難易度ではなくって、簿記についての基本的な知識をマスターしておいたら、割りに楽に、合格点数のボーダーを越すといったことが可能となります。
私自身行政書士試験の勉強を進める中では、集中力維持が難しかったり、モチベーションアップが辛かったりといういくつか難点も見られましたが、結果的には通信講座を受講して、本当に良かったと判断しています。
今日の行政書士の資格取得は、試験の合格率が大体6%としたデータがでており、事務職系の資格の中においては、受かりづらい資格の一つになっています。けれども実際のところ、全試験問題の中で正解数6割を超えれば、必ずや合格が叶います。
今まで法律知識ゼロにも関わらず、比較的短いスパンにて行政書士試験合格を実現する強者も多くいます。彼らの大部分に同様に共通している点は、皆個々にとって適切な「現実に即した勉強法」を選ぶことができたことといえます。

もしも日商簿記検定の1級か2級を独学の学習で、合格に至った人だとしたら、行政書士試験の中の簿記論やまた財務諸表論の2教科に関しましては、双方独学スタイルで合格を勝ち取るということも、不可能なチャレンジではないかもしれません。
前から、法令知識皆無のレベルから取り組み出し、行政書士試験合格に要する勉強の時間は、「3000時間ほど」とされております。現実的に見ても、一発で合格を実現した方たちの勉強の総時間は、大きな開きは無く3000時間くらいと言われております。
網羅性を誇るテキスト書においてもとりあげられていない、高度な知識が必須の問題については、速やかに諦める選択をしましょう。割り切る姿勢も、高難易度の行政書士試験に合格するには、重要事項なのです。
1年に1度、2万〜3万人前後の人が受験し、多くとも900人位しか、合格に至れません。この1部分を見るだけでも、行政書士試験の難易度がめちゃくちゃ高いというのが分かるはず。
基本行政書士は、全部独学だとしても合格を実現できる国家資格の一つでございます。中でも只今、仕事をしている人が発起して志す国家資格としては見込みがあるものですが、同時にかなり難易度も高いレベルを誇っています。

行政書士資格の試験制度の改訂と同時に、以前の努力に関係なく運・不運にかかってくる賭博的な面が無くなって、現実的に真の実力が備わっているのかが見られる資格試験へと、今日の行政書士試験はベースからチェンジしました。
法令系の国家資格であって、専門知識が要求される業務を担う、行政書士と行政書士でございますが、難易度を比べますと行政書士の方が難しいとされており、そしてまた取り扱う業務内容にも、大分めいめい相違しているのです。
ここ数年の行政書士は、大変難易度が高度な試験となっており、通信教育の会社・カリキュラム選びで、受かるか・落ちるかが決まります。されど、色々な会社が似通った講座を開催しており、何処を選んだら間違いないか、迷う方もおられるかと思われます。
どんなタイプの問題集を利用して学ぶのかではなく、どんな種類の効率的な勉強法で学習を進めるのかということの方が、明らかに行政書士試験を通過するためには重要なポイントです
実際1科目ごとに受験可能な科目合格制度が採用されていることから、行政書士試験は、忙しい社会人も受験にトライしやすいのですけど、逆に受験勉強期間が長くなる風潮がしばしばみられます。よって先輩合格者方のやってきた勉強法を覗いてみることも大切です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 行政書士|近ごろは…。 | トップ | 行政書士|予備校の行政書士... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL