国家資格である行政書士試験。短時間で効率的に学習を進め合格する為に必要なノウハウを大阪出身の私がお伝えします

国家資格である行政書士試験。学生でも社会人でも効率的に学習を進め必要なノウハウを詰め込んでお伝えします

行政書士|受験制度の作り変えに伴って…。

2017-06-19 06:20:03 | 日記

昔は合格率の割合が10%台を保っていた行政書士試験でございましたけれども、今となっては、低下し1割満たない値にて停滞しております。合格率一桁とした場合、難易度が高度な難関資格のひとつとして、認知されることになります。
プラスとなる面ばかりの、行政書士のスクールに通う上での効率的な勉強法ですが、普通十万以上の特定の投資額が求められますから、誰でもやれるものではないと断言できます。
合格できず落ちたときの、トータル学習時間のリスクある点を思い巡らすと、行政書士の試験については学校が開催している通信講座、もしくはスクールに通っての通学講座をセレクトするのが、1番と言えそうです。
実際特殊な内容なので、難易度が大変高いわけですが、そもそも行政書士試験では、1度に全部合格する必要の無い科目合格制度を設定しておりますので、教科をひとつずつ何年かかけて別々に合格しても、オッケーとされている試験となっています。
現実的に行政書士試験を独学でやるのは、かなり難しいことではありますけれど、それでも取り組みたいと思っている受験生は、最初に簿記論や財務諸表論をはじめとする会計科目の習得から挑むべし。

基本として、行政書士試験に独学の勉強法で合格することは、とても難しいということを知っておきましょう。それに関しましてはこれまでの合格率の数字が10%を超えることのない現実からも、明白に想像できるはずであります。
簡潔に言うと独学で貫いても、正しく、行政書士のやるべき中身について身に付けることができるのなら、資格を取得することは難しいことではありません。しかし、それを実現するには並大抵ではない、長い時間をかけることが要されます。
ずっと昔から、全くの法律知識ゼロから着手して、行政書士試験合格に絶対に要る試験勉強時間は、大体「3000時間強」と周知されています。現実確かに、初回で合格を叶えた受験者の勉強時間数は、平均して3000時間強のようです。
根本的に行政書士試験の特徴を挙げると、達成度を評価する試験体制で、合格できる定員人数を先立って設けていないため、結果として試験の問題の難易度の加減が、直接合格率に反映されることになります。
実際行政書士試験については、かなり難易度が高めであります。合格率の平均は、10%ちょっとです。けれども、一回に限った試験で挑むのではなく、何年間かに分けて合格を狙うのであれば、特段大変なことではないでしょう。

通学講座及び通信講座の2種類を並行して受けられる、「資格の大原」の専門学校におきましては、GOODな教材類と、さらに頼れる教師たちで、毎回行政書士合格者の半分以上の合格者を世に出すといった輝かしい実績を誇ります。
受験制度の作り変えに伴って、かつてのどう転ぶか分からない賭博的な因子が一切なくなり、実際に適格性があるのかが判別される試験へと、行政書士試験の内容はリニューアルしたんです。
前は行政書士試験を受けても、相対してとりやすい資格と伝えられておりましたけれど、最近はとってもハードルが高くなっていて、相当努力しないと合格を実現できないという資格とされております。
街の法律屋さんとして、法律の知恵をアドバイス&力になれる行政書士の受験に、学歴や資格は不要です。誰であってもトライ可能でありますから、通信教育の内でも、男女関係無く幅広い層から高人気の国家資格であります。
難易度の高い税法の科目「理論暗記」を主として、行政書士試験の勉強法の工夫及び頭脳の開発、速聴や速読といったことなどについても余すことなく突きつめています!この他暗記力を高める方法とか、勉強に取り組む上で、便利なツールを掲載していきます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 行政書士|現実的に全必須科... | トップ | 行政書士|合格率の割合が約7... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL