国家資格である行政書士試験。短時間で効率的に学習を進め合格する為に必要なノウハウを大阪出身の私がお伝えします

国家資格である行政書士試験。学生でも社会人でも効率的に学習を進め必要なノウハウを詰め込んでお伝えします

行政書士|はじめから独学だけで勉強を行うという…。

2017-06-14 06:40:02 | 日記

試験まで学習時間が昼夜たっぷり確保できる人は、ベーシックな勉強法でやれば、行政書士試験に合格する可能性が高いですが、別の仕事を持っているなど時間に余裕がない人に対しては、確実な術ではありません。
暮らしに役立つ法律家として、活躍可能な行政書士の受験に、学歴や資格は不問となっています。原則的に誰でありましてもチャレンジすることが可能なため、通信教育の講座内でも、歳や性別関係なく誰からも人気抜群の国家資格となります。
法令の消費税法に関しましては、行政書士試験の主要科目の中では、言うほど難易度は高めに設定されておらずに、最低限知っておくべき簿記の知識をしっかり持っておけば、他よりも難なく、合格判定を得るといったことが可能となります。
実際行政書士試験に関しては、1科目に対し2時間に限ってしか受験時間が設けられておりません。その時間内に、合格可能な点数を確実にとらねばならないので、もちろん迅速さは要求されるといえます。
過去に日商簿記試験1級・2級を独学スタイルで、合格を得た方でありましたら、行政書士試験における簿記論・財務諸表論の2種教科に限定しては、完全に独学にて合格を狙おうとすることも、なしえないというわけではないかも。

輪にかけて難しいというように名高い行政書士試験の難易度に関しましては、とっても高度であり、合格率の数値も大体3%未満と、法律関係の国家資格の中におきましても、10本の指に入る最難関試験といえるでしょう。
はじめから独学だけで勉強を行うという、強い思いはないわけですが、自分のリズムで学ぶことができたらといった人でしたら、行政書士資格取得の通信講座(通信教育)の方が、効率的な勉強法といえます。
2006年度から、行政書士試験の中味につきましては、広範囲にわたり変わりました。それまでよりも法令科目が、より重視されるようになって、選択制のマークシート式の、記述式問題(小論文)のような新しい傾向の試験問題も多く出題されております。
今日この頃は行政書士試験に打ち勝つための、専門サイトであったり、現役で働いている行政書士が、受験者を対象にしてポイントを教授するメルマガ等の配信を実施しており、情報収集能力かつ学習意欲を上げるためにも役立つかと思います。
現実授業を受けられる専門のスクールも内容も種々ございます。それにより、色々な行政書士向けに開催されている講座の中から、働いている人でも両立して学習することが出来ます、通信講座が開校されている専門のスクールを比べてみました。

普通行政書士試験を受験しようとする場合、年齢はじめ性別に関する受験条件が無いため、過去の学歴云々は条件が定められていません。そのため、過去に、法律につきましての勉強を1度たりともしたことがないケースであれど、知名度のあるような学校卒業の学歴がないケースでも、関係無しに行政書士資格取得はできます。
平たく言うと「足切り点」(ボーダーライン)というような特筆するべき制度が、行政書士試験にあり大きな特徴です。簡単に言うならば、「必須点数に届いていないと、不合格扱いになる」とされます境界の点数がはじめに設定されているのです。
難易度の高い資格試験と知られております行政書士試験に挑むには、本気で取り組まなければ合格不可能です。且つまた独学にて合格を叶えるというのは、本気で取り組まなければいけません。けれど少々でも何か役立てるページになるならとても幸せです。
合格が叶わなかった場合の、合計勉強時間の危険性を考えますと、行政書士試験につきましては専門予備校の通信講座、もしくは学校での通学講座コースをチョイスするほうが、確実と言えそうです。
このインターネットサイトに関しては、現役で活躍している行政書士が、行政書士試験で合格を勝ち取れる正しい勉強法のコツを紹介し、あらゆる行政書士を取り扱う通信講座の評価、利用者の感想等を独自で調査し、分かりやすく解説しておりますウェブサイトです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 行政書士|仕事をやり続けな... | トップ | 行政書士|実際毎年…。 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL