国家資格である行政書士試験。短時間で効率的に学習を進め合格する為に必要なノウハウを大阪出身の私がお伝えします

国家資格である行政書士試験。学生でも社会人でも効率的に学習を進め必要なノウハウを詰め込んでお伝えします

行政書士|前から…。

2017-05-18 02:50:03 | 日記

日本の国家資格のうちでもトップレベルの難易度といわれている行政書士試験の概要は、11ジャンルの法律より幅広い問題が出題されるので、合格を目指すには、長期的な受験勉強が欠かせません。
世間一般的に国家資格内でも、難易度が高いことを誇る行政書士でございますが、他よりも合格へ行き着くまでの道が困難極まりないからこそ、いよいよ資格を取得した以後は高需要や給金、かつまた社会的身分の高い立ち居地を手にすることができる可能性もありえるのです。
こちらのサイトは、現役バリバリの行政書士が、行政書士試験の有効な勉強法を教え、あらゆる行政書士を取り扱う通信講座の一般受けの様子、個人の口コミなどをリサーチし、発信している情報サイトとなっております。
会社に勤めながらも寝る間を惜しんで勉強に励み、結局3回試験を受けて行政書士の合格を勝ち取った、当方の実際の体験を顧みても、このところ2〜3年の間の難易度につきましては、著しく厳しくなってきているように感じています。
それぞれの科目毎の合格者の合格率は、大よそ1割位と、どの科目ともに難易度が高めの行政書士試験は、社会人も受験しやすい科目合格制度ですから、会社に勤めながら合格を目指せる、資格といえるのです。

可能であればリスクを分散、安全性を重視、大事をとってという意味で、行政書士試験にチャレンジする際に、予備校に通う方が効率的ですが、独学でやることを選択することも支障はないでしょう。
普通行政書士試験というのは、年齢はじめ性別・学歴等の指定はないですから、誰であっても受験OK。万が一法律に関しましての見聞が無いというような方でも、質の高い受験対策を行うことにより、合格できるはず!
実際スクールの行政書士用の講座を受講したいと思うのですが、周辺にそういった予備校がない、仕事がとても忙しくて時間がとれない、家の用事などで学校に行く時間がないような人に向けて、それぞれの学校では、家で勉強することが可能な通信講座を設けています。
DVD教材や、テキストを活用しての受身の勉強法に、少なからず心配があるのですが、事実毎年通信講座により、行政書士の試験に合格した方もいっぱいおりますし、オール独学よりかは、マシではないかと思うのです。
平成18年度以降、行政書士試験の出題問題は、新しく改定がされました。例えば法令科目が、問題の半数以上を占めるようになり、筆記試験では多肢択一式問題ですとか、記述形式の問題といったようなはじめての問題も出されるようになっております。

勿論、行政書士試験については、生半可な姿勢では不合格になってしまう、難易度の高い資格試験だと考えております。結局のところ勉強にあてることができる時間をなるべく合理的に使って受験勉強に励んだ受験生が、結果合格することが可能な試験なのであります。
前から、法律知識無しのステージからスタートして、行政書士試験合格に欠かせない勉強の時間は、「3000時間ほど」とされております。調査してみても、一回目で合格をゲットした人のトータル時間は、3000時間になっています。
練習問題により理解を深め十分頭にいれ基礎作りをした後、実践的な総括問題・思考問題へとチェンジする、確立された勉強法を取り入れるのが、行政書士試験においての簿記論を極めるには、大変有効性があるとされます。
近年、行政書士試験に合格した人の合格率は、2・3%程度となっております。必須とされる学習期間との釣り合いにて考えたら、行政書士資格取得試験がどれ位高難度かが見通すことができるでしょう。
全部の教科の平均的な合格率の割合は、概ね1割とされ、その他の高難易度の資格と見比べて、合格率が上のように感じがちですけれど、これは各科目の合格率の割合であり、行政書士試験オールでの合格率というものではないです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 行政書士|現場において「法... | トップ | 行政書士|通信講座を受ける... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL