国家資格である行政書士試験。短時間で効率的に学習を進め合格する為に必要なノウハウを大阪出身の私がお伝えします

国家資格である行政書士試験。学生でも社会人でも効率的に学習を進め必要なノウハウを詰め込んでお伝えします

行政書士|合格者の合格率の割合が3%のみの超狭き門の…。

2017-05-19 09:10:03 | 日記

一般的に高難度と言われている行政書士試験の難易度の程度は、まことに厳しく、合格率を見ても概ね2・3パーセントと、法律系国家資格の中でも、ハイレベルとされるド級の難関試験なのです。
エキスパート講師陣と直に触れ合うことが可能な専門学校へ通うプラスの点は、意欲をかきたてられますが、集中力さえ保ち続けることにより、行政書士対象の通信教育学習で、充分にスキルアップが可能でしょう。
合格者の合格率の割合が3%のみの超狭き門の、行政書士試験にて合格をするためには、全て独学での勉強のみで挑むのは、困難な場合が多くあり、資格取得予備校に足を運ぶか、通信教育を利用して受験勉強に努めるのが普通といえます。
学校に通う通学講座と家で勉強する通信講座の双方のコースを組み合わせて受けられる、学校「資格の大原」に関しましては、ハイクオリティの教材一式と、ベテランの講師たちにより、毎年行政書士合格者の全体の1/2以上を世に送る名誉ある実績を誇っています。
100パーセント独学にて行政書士試験に合格するぞとした場合は、ご自分で適切な勉強法を見出さなければなりません。そんな折に、ナンバーワンに良いといえる工夫は、試験に合格した先輩たちが実行していた勉強法のスタイルをそっくり真似することであります。

簡単に述べますと「足切り点」(第一段階選抜)としたような怖いシステムが、行政書士試験には存在します。簡単に言うならば、「必要な点数に達していないとしたときは、落ちますよ」というような点が設定されております。
そもそも科目合格制となっているため、行政書士試験に関しては、多忙な社会人受験者も受験に臨みやすいのですが、その分受験勉強生活がずっと続く傾向が見られます。なので、先人の方々の行ってきた勉強法を参考にするとよいのではないかと思います。
いずれの教科書を活用してマスターするのかといったことよりも、いずれの勉強法を取り入れ進めるのかということの方が、断然行政書士試験での合格には重要視されます。
司法試験と変わらない勉強法で行うのは、一からの行政書士試験に狙いを定めた受験生に比べて、合計の勉強量が大量になりやすい傾向です。さらに思うような結末とはならず、コストパフォーマンスが低いです
一般的に行政書士の合格率の数値は、低く1〜2%前後と認識されています。現在、日本には法律を専門に学ぶ法科大学院が建てられ、その教科過程を修了することで、新司法試験を受験する際に必要な資格を得ることが出来ます。

非常に難易度が高いとされる試験なわけですけれど、各科目毎数年かけて受験することも出来るので、ですから行政書士試験においては、毎年毎年約5万人の受験生が受験に臨む、難関試験でございます。
できるなら危険を回避、石橋を叩いて渡る、用心の上にも用心しようという目的で、行政書士試験を目指す場合、プロの講師陣から直接指導を受けられる専門学校に通った方が安全策ではありますけれど、しかしながら独学を一案に入れてもいいかと思われます。
事実、行政書士試験は、高い難易度を誇る法律系国家資格試験とされているので、基礎から応用まで学習できる専門スクールに足を運んだ方が、ベターです。さりとて、全部独学で挑んでも各人によって、かなり効率アップが望めるなんていうパターンも見られたりします。
プラスとなる面ばかりの、行政書士の資格予備校に通っての勉強法でございますけれど、その分数十万円以上のそれ相当の費用が要求されますので、希望しても誰もが皆入学できるというわけではなさそうです。
資格取得が難しい試験といわれる行政書士試験に挑戦する際は、ちょっとやそっとの努力なんかでは絶対に合格することは不可能でしょう。かつたった一人で独学にて合格を狙うのは、本気で取り組まなければいけません。僅か程度であってもお役に立つサイトとして用いていただけるのならとても嬉しいことです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 行政書士|将来資格を得るた... | トップ | 行政書士|言うまでも無く…。 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL