13年の経験を持つ会計士が教える飛躍的にキャリアアップするための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ会計士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

公認会計士|出来れば万が一に備える…。

2017-07-12 01:00:02 | 日記

色々利点がある、公認会計士のスクールに通う上での優れた勉強法ですが、現実十万を超えるかなりの費用が要求されますので、どなたであってもやれるものじゃないのも事実です。
最近公認会計士の通信講座にて、一等イチ押ししたいのは、国家資格の取得を心強くサポートしてくれるLEC です。取り扱っているテキスト一式においては、公認会計士受験生間にて、大変人気のテキスト本として高評を得ています。
出来れば万が一に備える、安心できるように、大事をとってという意味で、公認会計士試験に挑むにあたって、専門予備校に通うようにした方が良いといえますけれど、オール独学をセレクトする考え方も構わないと思います。
通常通信講座を受講するという時には、公認会計士だとしても公認会計士にしても、両方本人の家にまで教材関係全部を発送して貰うことができますので、ご自分のペースで、勉強に励むことが可能であります。
法律系の国家資格でありまして、専門知識が要求される職分の、公認会計士と公認会計士でございますが、難易度を比べますと公認会計士の方がハードで、その上職務内容に関しましても、いくらか違っております。

現実公認会計士国家資格試験の合格率は、約1.75%と把握されています。つい最近では、日本には法律を専門に学ぶ法科大学院の教育機関が開講されて、その学科を修了することで、新司法試験を受験することができる資格が得られるようになっています。
すでに日商簿記2級や1級の資格を独学の勉強法で、合格をゲットされた受験生ならば、公認会計士試験の必須科目の簿記論、財務諸表論のこの2分野に関しましては、これらも両方独学で合格を狙おうとすることも、高難度なチャレンジではないかもしれません。
現実的に公認会計士の業務に関わるくらしの中の法律家として、法律問題で困っている人をお手伝いすることを担う公認会計士におきましては、社会的身分の高い資格の一つです。ですので、その分だけ試験の難易度レベルもスゴク高いものです。
普通通信教育は、公認会計士試験に絞った対応措置を万全にした、資格取得専用の教材が揃えられておりますから、1人での独学よりも学習法がキャッチしやすくて、勉強に取り組みやすいといえます。
中には法科大学院卒でも、合格できないことがあるくらいなので、核心を突いた最善の勉強法を考慮しチャレンジしなければ、公認会計士試験に合格するのは難しいでしょう。

大学で法律を専門に学ばなくても、またド素人であったとしましても公認会計士になることは可能ですが、その分やはり完全に独学であるケースは、かなりの勉強時間・量とも絶対に大事。己もまるっきり独学で合格を勝ち取ったので、身にしみています。
個別論点の内容に取り掛かりましたら、基本関連性がある演習問題に出来る限り臨み、いくらか問題に慣れておくとした勉強法をプラスするのも、公認会計士試験の中での簿記論対策に関しましてはとても実効性があります。
高難度の「理論暗記」を第一に、公認会計士試験に向けての質の高い勉強法かつまた効果が期待出来る頭脳のトレーニング、速聴法・速読法ということについても完璧にリサーチ!それ以外にも暗記方法とか、勉強に取り組む上で、役に立つ押さえておくと良いポイントを当サイトで発信していきます。
ずっと昔から、法律の知識ゼロよりスタートして、公認会計士試験合格に絶対必要な合計の勉強時間は、「3000時間前後」と言われております。実際的に1回で合格を決めた方の総勉強時間は、平均して3000時間強のようです。
実際特殊な試験の内容ですから、難易度が非常に高度となっておりますが、しかしながら公認会計士試験では、いわゆる科目合格制度を取り入れているから、1教科ずつ5年の期間を費やして合格するスタイルでも、結構な国家試験なのです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|実際公認会計士... | トップ | 公認会計士|昨今の公認会計... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL