13年の経験を持つ会計士が教える飛躍的にキャリアアップするための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ会計士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

公認会計士|国家試験制度の改定実施に伴って…。

2017-06-15 06:10:04 | 日記

高難度の国家資格試験と名高い公認会計士試験に挑戦する際は、中途半端な努力では合格不可能です。その上独学で合格を勝ち取るためには、超頑張らないといけません。受験生の皆様にちょっぴりであれど重宝するWEBサイトになれば非常に幸いに思います。
あらかじめ法律の事柄に触れたことが全然ないのに、割と短い年数で公認会計士試験で合格を獲得する方たちもいます。この人たちに共通して見られるポイントは、己に合った「効率いい勉強法」を見い出せたということです。
法律の消費税法につきましては、公認会計士試験の科目の内では、それほどにも難易度レベルは難しくなっておらず、簿記の基礎知識をちゃんと持ち合わせておくことで、他よりも難しいことなく、合格するのに必要な6割以上の点数をとることが可能といえます。
通常多くの人たちは、しばしば見聞きする会社だし絶対バッチリとした、動機の無い具体性に欠ける理屈で、通信教育を決めてしまいがち。けれども、そういったことでは高レベルの公認会計士に、合格出来るはずはないでしょう。
今の時点に皆さんが、公認会計士の合格への流れを記載した体験の覚書なんかを、あれこれ集めてご覧になっている要因は、大概が、いかようなアプローチ・勉強法が己自身に1番適切であるのか、迷っているからでしょう。

今現在、あるいは近い将来、公認会計士にオール独学で試験を受ける人を対象として公開しております、お役立ちポータルサイトであります。例えば合格を勝ち取る為の押さえておきたいポイントとか、業務内容、かつまたお仕事の魅力等を様々に伝えております。
国家試験制度の改定実施に伴って、かつてのどう転ぶか分からない賭け事的要素が排除され、実際に実力を持っているのかということを見極められる難易度の高い試験へと、公認会計士試験は刷新したのです。
空いた時間を有効に使って、勉強することができるので、毎日の仕事また家事などと折り合いをつけて公認会計士の資格を取得しようと思い描いている方にとりましては、通信講座受講は、実に有効でございます。
通信講座(通信教育)については、教材のクオリティが全てを左右してしまいます。この頃はDVDはじめPCで見るオンライン配信のような動画授業も増加していますが、公認会計士の資格専門学校によって、アプローチ内容は大分相違します。
100パーセント独学にて公認会計士試験にて合格を得ようとする際には、本人が効率的な勉強法を試行錯誤して発見しなければいけないものです。そういったケースに、一等確実な手段は、合格した人たちがしていた勉強法をそのまま真似ることでございます。

従前に日商簿記2級や1級レベルをたった一人の力で独学で、合格を得た方でありましたら、いざ公認会計士試験の簿記論、財務諸表論のこの2分野については、そちらも両科目独学で合格を目指すといったことも、ハードルが高いことではないと思われます。
実のところ、全般的に公認会計士資格取得を志すケースでは、専門スクールに通わずに独学で合格への道を目指すという人が少な目で、公認会計士以外の国家資格試験に比べると、市販のテキストブックも十分に、つくられておりません。
実際スクールの公認会計士用の講座を受講したいと思うのですが、近場に予備校がどこにもない、仕事が忙し過ぎる、スケジュールがつまっており学校に通う時間などないなんて方を対象に、個々のスクールでは、好きな時間に勉強すればよい通信講座を設けています。
大多数の予備校や資格学校では、公認会計士の資格を目指す人向けの通信教育が設けられております。通信教育の中には、USBメモリなど活用しやすいツールを使って、近代の最先端のツールで通信教育サービスを展開している、専門学校・スクールというのもあります。
ここ数年、公認会計士試験の合格率の数値は、ほぼ2〜3%強といわれています。必要とされる合計学習時間との双方のバランス加減を一考すると、公認会計士の資格試験がどれ程までに難易度が高度となっているか知ることが出来るのでは。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|今時は公認会計... | トップ | 公認会計士|主流の資格専門... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL