13年の経験を持つ会計士が教える飛躍的にキャリアアップするための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ会計士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

公認会計士|通信講座のケースですと…。

2017-06-18 06:50:03 | 日記

実際9月時期から、この次の年度の公認会計士試験に向かって支度しはじめるなんて方々も、多く存在しているかと存じます。おおよそ一年間に及ぶ気力&体力が求められる受験勉強においては、己に最善な勉強法を探し出すことも超重要になります。
著しく高難易度の法律系試験であるのに、1つの科目ごとにその都度受験可能なことなどから、そのために公認会計士試験については、例年5万以上もの人が受ける、国家試験です。
公認会計士の合格を狙うには、手際の良い勉強法での進め方が、非常に肝要です。このホームページでは、公認会計士試験の当日の日程ですとか密度の濃い教本のチョイスの仕方など、受験生たちに有効な色んな情報をお届けしております。
実際科目合格制度の、公認会計士試験のシステムは、同じタイミングに1度に、5種の分野の科目を受験することは求められておらず、時期をずらして1教科ごと受けても良しとされています。1度合格できた科目は、この後も公認会計士となるまで合格実績は有効です。
現在の公認会計士試験におきましては、基本的には筆記による試験だけしか存在していないというように、思っていて構わないといえます。どうしてかと言えば、口頭試験につきましては、何か無い限り不合格扱いにならない容易な試験のためであります。

原則的に科目合格制というシステムだから、公認会計士試験に関しましては、会社勤めしている人等も受験をしやすいのですが、とはいえ受験勉強生活が長い間になる風潮があったりします。ぜひ過去の諸先輩方たちのやってきた勉強法を実践してみることも有効です。
通信講座のケースですと、公認会計士ないしは公認会計士だとしても、どちらにせよ本人の家にまでテキストのセット等を送付して頂くことができますから、自分自身の空いた時間に、習得することができるのです。
1教科ごとの平均の合格率については、概ね10%強というように、各々の教科とも難易度のレベルが高い水準の公認会計士試験は、社会人も受験しやすい科目合格制度ですから、就労しながら合格を勝ち取ることができる、間口の広い資格といえます。
毎回全試験科目の標準の合格率については、10〜12%程度となっていて、この他の難関資格と比較して、合格率が若干高いように思えますが、これにつきましては各受験科目の独立の合格率とされ、公認会計士試験トータルでの合格率ではございません。
今から受験勉強に取り掛かるという人にとっては、「公認会計士試験においては、どれ程の勉強時間を確保したならば合格できるのか?」というデータは、確認しておきたい事柄ではないかと存じます。

実際に公認会計士試験におきましては、年齢はじめ性別・学歴等の条件は決まっていないから、いくつでも誰でも受験をすることが可能であります。万一法律につきましての知識や経験が一切ない素人だとしても、キッチリ受験に対しての方策を立てることで、合格できてしまいます。
一般的に従来から、全くの法律知識ゼロから開始して、公認会計士試験合格に確保すべき総勉強時間は、「3000時間程度」と伝えられています。現実的に見ても、1回目で合格する方の勉強への取り組み時間は、3000時間超とされています。
実際公認会計士試験の勉強については、なかなか集中力が続かないとか、モチベーションを持ち続けることが苦しいというようなデメリットな面も見られましたが、総括的には通信講座を受けて、良い結果につながったと心底思います。
公認会計士試験といいますのは、公認会計士の地位で仕事にするために求められる深い知識、及び応用力・考える力の有無を、審査することを第一目的として、公的に開催されている難しい国家試験であります。
制限のある時間を有効に活用し、勉強を進めることが可能であるので、仕事をしながらかつまた家事などと両立して公認会計士の国家資格取得を行おうと思っている方たちには、時間の都合が付けやすい通信講座については、非常に都合がいいものです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|当サイトでは…。 | トップ | 公認会計士|たった一人で独... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL