13年の経験を持つ会計士が教える飛躍的にキャリアアップするための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ会計士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

公認会計士|普段からいろんな事柄に「法令を基に物の捉え方が出来る人」なのかどうかを見極めるような…。

2017-07-13 17:40:07 | 日記

簡単に言うと実際合格するには「足切り点」とした注意すべき制度が、公認会計士試験にはあるんです。すなわち、「定める点数以下ならば、不合格となります」との数値が存在しているのです。
超難関と言われている公認会計士試験の難易度については、めちゃくちゃ高度であり、合格率の数値も約2〜3パーセントと、法律系国家資格の中でも、上位を誇っているド級の難関試験なのです。
一般的に従来から、法律についての知識が全く無い時点から開始して、公認会計士試験合格に要される受験勉強時間は、大体「3000時間強」と周知されています。現実確かに、1回目で合格する方の勉強への取り組み時間は、3000時間になっています。
実際に合格率が10%以下と、公認会計士試験についてはかなり難易度の高い難関の試験といえます。されど、あまり臆する必要はありません。適切な勉強を行えば、皆さん確かに合格は切り開けます!
国家試験の公認会計士試験における合格者の合格率は、約10%と、難易度レベルが高めと知られているにしては、高めの合格率が出ております。だけども、一回目の試験で合格を可能にするのは、ほぼ完全に0%だと昔から言われているようです。

普段からいろんな事柄に「法令を基に物の捉え方が出来る人」なのかどうかを見極めるような、著しく難易度アップの試験になってきているのが、つい最近の公認会計士試験の実相と感じております。
目下皆様が、公認会計士の合格ゲットまでの道のり体験日記というのを、色々インターネット等で読まれている目的は、ほとんどの場合、いかなる勉強法が自らにフィットするのか、迷いが生じているからでしょう。
どの教本で学習に励むかなどということよりも、どの勉強法を取り入れ臨むのかという方が、はるかに公認会計士試験で合格を勝ち取るためには重要視されます。
司法試験と同じような勉強法である場合、新参の公認会計士試験オンリーの受験生に比べ、勉強のボリュームが膨大になりやすいです。また有益な結末とはならず、費用対効果が望めません。
今日は公認会計士試験に打ち勝つための、ネットサイトですとか、現役のプロの公認会計士が、受験生の為にポイントを教授するメルマガ等を提供しており、情報収集能力かつ学習意欲を長期間保ち続けていくためにも役立つものではないかと思います。

言うまでもありませんが、公認会計士試験に関しては、生半可な姿勢では合格できない、難易度の高い資格試験だと考えております。結局のところ勉強にあてることができる時間を能率的に費やし勉強を継続した努力家だけが、結果合格することが可能な試験なのであります。
当然公認会計士試験を未経験者でありながら独学で行うのは、大変高難度なことであるのですが、それでも取り組みたいとやる気がある人は、最初に必須とされる会計科目の学習から挑むと良いかと思います。
基本として、公認会計士試験に一切独学で合格を狙うのは、簡単にできることではないという現実を踏まえておくように。そのことに関しては過去の合格者の合格率のラインが10%以上ない現実からも、明白に思い至ることです。
資格取得講座が学べる専門学校も学習方法ともども種々ございます。それにより、色々な公認会計士を対象に開かれている講座の中より、働いている人でも両立して勉強が行える、通信講座が開校されているスクールをピックアップし比較しました。
毎回、公認会計士試験の現実的な合格率については、たった2〜3%です。必要なトータル勉強時間との釣り合いを考慮しますと、公認会計士の資格取得試験がどんなに高い難度であるか見通すことができるでしょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|簡潔に言うと公... | トップ | 公認会計士|金融取引等のこ... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL