13年の経験を持つ会計士が教える飛躍的にキャリアアップするための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ会計士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

公認会計士|大抵の資格取得学校につきましては…。

2017-06-18 23:00:11 | 日記

実はDVD及び、テキスト学習材での勉強に対して、少々不安を感じますが、現実的に通信講座を活用して、公認会計士国家資格を獲得した先輩方も多くいらっしゃるし、独学で行うよりかは、まだいい方なんじゃないかなと思います。
通信教育である場合、公認会計士試験対象の事前策を全て網羅した、資格取得向けの教材(テキスト・DVDなど)があるため、独学で取り組むよりも学習の仕方が習得しやすく、勉強を効率的に進めやすいのではないでしょうか。
通信教育につきましては、教材自体の質が大きな影響を及ぼします。今はDVDはじめPCで見るオンライン配信のような映像での授業も沢山ありますが、公認会計士の専門学校により、教育内容はかなり異なります。
今日の公認会計士に関しては、とっても難易度が高度な試験となっており、通信教育の選択方法で、合格できるかOR不合格になるかが決まってしまいます。ただし、種々の会社が見られ、一体どの会社に決めるとベストなのか、なかなか決められない人も多いでしょう。
法令系の国家資格であって、高い専門性を持つ仕事を担う、公認会計士や公認会計士でありますが、難易度を見ると公認会計士の方がハードで、加えてその執り行う業務の詳細にも、随分各々異なっております。

オールラウンドで活かせるテキスト内にも掲載が行われていない目にすることの無い、知識が要求される問題などは、速やかにギブアップするのもいいでしょう。スパッと割り切ることも、難易度高の公認会計士試験に挑むには、大事なポイントなのでございます。
基本的に通信講座を受けることになると、公認会計士でありましても公認会計士の資格でしても、どっちも指定先まで必要な教材等を届けて貰うことが可能であるので、ご自分の時間配分で、学習することが可能といえます。
実際に公認会計士の代理の地域に寄り添った法律家として、法律問題で困っている人をお手伝いすることを担う公認会計士のポジションは、極めて社会地位の高い法律系資格であります。よって、それだけに受験の難易度も相当ハイレベルです。
一般的に消費税法については、公認会計士試験の受験科目の中では、言うほど難易度は高いものではなくて、簿記の基礎知識をいくらか持つことができていれば、相対的にイージーに、合格判定を得ることができる可能性が高いです。
現実的に科目合格制という制度だから、公認会計士試験に関しましては、働いている社会人の人達も受験にトライしやくなっておりますが、同時に受験に取り組む期間が長期にわたる印象があります。ですので、多くの先達のやってきた勉強法を手本にするとよいのではないでしょうか。

いずれの問題集を使用して勉強を行うのかなどということよりも、いずれの能率的な勉強法でガンバルのかといったことの方が、間違いなく公認会計士試験を通るためには肝心だと言えます。
法律を専門に勉強しておらずとも、これまでに一度も実務経験がなくとも公認会計士を目指せますが、その分やはりまるっきり独学という際には、長時間の勉強をこなすということもマストなことです。己もオール独学で合格を手に入れたため、ひしひしと思うわけです。
実際に費やすお金が30万円以上、それともまた50万以上の負担を求められる、公認会計士を対象としている通信講座もよくあります。また受講を行う期間につきましても、1年超えの長期スケジュールのスタイルであることが、しばしばございます。
大抵の資格取得学校につきましては、公認会計士資格向けの通信教育が取り扱われています。そんな中には、iPod等の携帯端末だとかUSBメモリなどを使って、時代に即した新たな通信教育を開いている、専門学校・スクールも多数でてきています。
実際にいつも、2万名〜3万名程度の受験者が挑戦し、その中の600人〜最高900人前後位しか、合格を得られません。この現況を鑑みても、公認会計士試験の難易度の加減がわかるでしょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|当ホームページ... | トップ | 公認会計士|現実的に公認会... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL