13年の経験を持つ会計士が教える飛躍的にキャリアアップするための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ会計士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

公認会計士|どのような問題集を使って学ぶのか以上に…。

2017-07-11 02:10:02 | 日記

このインターネットサイトに関しては、公認会計士のスペシャリストが、公認会計士試験で合格を勝ち取れる正しい勉強法の指導はじめ、並びに多くの公認会計士対象の通信講座の受験者たちの間での意見、個人の口コミなどを調べ、紹介している公認会計士に特化したサイトとなっています。
2006年度(平成18年)から、公認会計士試験の出題問題は、グンと改定がされました。それまでよりも法令科目が、大きく重視されるようになりまして、選択式問題及び、論述式問題のようなはじめての問題も見られるようになっています。
現在の公認会計士に関しては、合格率が約6%という統計が出ており、デスクワーク・事務系資格では、難易度が高い資格だと感じられるでしょう。されど、全ての試験問題中6割合えば、必ず合格圏内に入ります。
一般的にほとんどの資格取得学校につきましては、公認会計士資格向けの通信教育が存在します。それらの中には、動画ファイルなどを活用して、今の時代に合わせた通信教育を行っている、資格取得学校もいくつか存在しています。
経理実務の個別論点をしはじめたら、関連の練習問題に可能ならば臨むようにして、問題に慣れる対策をとっておくとした勉強法をプラスするのも、公認会計士試験における簿記論受験対策にはとっても効果的とされます。

実際に公認会計士試験は、難関であるというように周知されている、国家資格のうちの1種です。ここにおいては、夢の公認会計士試験に確実に合格するためにマスターしておきたい勉強法などを、運営者自信の合格するまでの経験を基本として公開します。
現実的に毎年、2〜3万名ぐらいが受験を行い、たった600〜900名くらいのみしか、合格することができません。その点に着目しましても、公認会計士試験の難易度の高さがわかるものです。
基本的に科目合格制システムなので、公認会計士試験については、働きながら資格取得を目指す受験生も受験しやすいわけですが、その反面、受験に取り組む期間が長期にわたるということがよくあります。これまでの先人の方の行ってきた勉強法にチャレンジすることも必要でしょう。
公認会計士試験に関しては、高難易度の法律系国家試験ですから、最初から公認会計士のための専門学校に通学するようにした方が、間違いないといえます。ただし、一切合切独学だとしても受験生により、非常にスムーズに行くなんていった事柄もあったりするようです。
現実的に大部分の人は、しばしば見聞きする会社だから確実なハズ等の、無根拠のアバウトな理由を掲げて、考え無しに通信教育を選ぶもの。しかしながら、そのような決め方で難関国家資格とされる公認会計士に、合格できるわけがありません。

どのような問題集を使って学ぶのか以上に、いずれの勉強法を選んで取組みを行うのかということの方が、断然公認会計士試験で合格を得るためには肝心だと言えます。
根本的に通信教育に関しましては、教材の完成度が受験生の運命を決めるといえます。今日ではDVDやまたウェブでのオンライン配信などの映像での授業も大変充実しておりますけれど、公認会計士の資格学校によって、教育カリキュラムは多種多様です。
高度な専門性を持った試験の内容ですから、難易度が大変高いわけですが、されど公認会計士試験では、受験者は一回の試験で5教科合格しなくてもいい科目合格制度を起用しているので、各科目ずつ1年1教科で5年にわたり合格を積み重ねていっても、良いとされる試験となっております。
最近は、通学して受講している方たちと、大きくは差が開かない勉強が実現されています。この点を現実に可能にしますのが、今現在公認会計士用の通信講座のオーソドックスな教材となっております映像教材のDVDです。
要するに公認会計士試験というのは、公認会計士の仕事に就くのに必須の知識、またそれを応用することができる能力の有りOR無しを、見ることを最大の目的に、公的に開催されている高いレベルを求められる国家試験です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|将来受験勉強を... | トップ | 公認会計士|司法試験と変わ... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL