13年の経験を持つ会計士が教える飛躍的にキャリアアップするための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ会計士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

公認会計士|公認会計士資格取得スクールの公認会計士対象の講座を受講できたらと思ってるのですが…。

2017-07-13 05:20:02 | 日記

著しく高難易度の試験となっていますが、各々その都度受験しても良いので、そのせいもあり公認会計士試験に関しましては、いつも5万人もの人達が受験を申込する、人気の試験なのでございます。
自分だけの力で独学にて公認会計士試験に合格するぞとした場合は、ご自分で適格な勉強法を身につける必要がございます。このために、特に確実な手段は、試験合格者がとった勉強法をそのまま真似ることでございます。
押しなべて、公認会計士試験に全て独学にて合格を得るのは、相当厳しいという実状を把握しておくように。そのことは従前の合格率の値が10%に届くことがない事実があることからも、明らかに思い至ることです。
合格率の値が僅か7%と聞きますと、公認会計士の国家試験はとっても難易度が高度そうですが、絶対評価により到達度点数の最低60%以上の問題に正解することができましたら、試験に合格することは絶対に大丈夫です。
現実、通学して講座を受けているという人たちと、あんまり変わらないような学習ができるようになっております。そういうことを叶えるのが、今日び公認会計士専門の通信講座のメインの教材とされているDVDで解説を受けるタイプのものです。

毎年総じて、公認会計士試験の合格率の数値は、2・3%程度となっております。必要とされる合計学習時間との両者のバランスの様子に注目すると、公認会計士の試験がどれほど狭き門か察することができると思います。
多種多様な事柄をまとめた教本の中にすら確認することの出来ない、情報が必要とされる問題が出たときは、即座に断念すると良いかと思います。潔いのも、難易度の高度な公認会計士試験にて合格を勝ち取るためには、必要なアクションなんです。
完全に独学にて勉強をするとした、やる気はありませんけれど、己の進度で学ぶようにしたいという人には、あえて言うなら公認会計士専門の通信講座を受けた方が、好都合な勉強法であります。
司法試験と同じ勉強法でございますと、未経験の公認会計士試験に的を絞った受験生に比べてみて、合計の勉強量が膨大なものになりがちです。それのみか期待した結果は生まれず、需給バランスがあまりよくありません。
今日び合格率1割に届かないと、公認会計士試験は他の資格よりも難易度のキツイ資格試験です。ただし、過分に気後れすることはないですよ。一生懸命頑張れば、皆さん確実に合格は目指せるでしょう。

基本公認会計士試験は、相当難しいレベルの国家試験といわれている試験なので、最初から公認会計士のための専門学校に入学した方が、無難な選択です。とは言え、全部独学でしてもそれぞれの人によって、かなり効率アップが望める等の成果も見られたりするのです。
ずっと昔から、法律の知識ゼロより取り掛かって、公認会計士試験合格に絶対必要な勉強の総時間は、「約3000時間」とよく言われています。現実確かに、ストレート合格者の勉強合計時間は、3000時間になっています。
公認会計士資格取得スクールの公認会計士対象の講座を受講できたらと思ってるのですが、周辺にそういった予備校がない、毎日仕事が忙しくて手一杯、家事などで学校に通学する暇がないとした人たちのために、個々の学校では、お家で学習出来る通信講座(通信教育)を取り入れています。
実際科目合格制度の、公認会計士試験の資格の取得は、同じタイミングに1度に、5科目全部を受験するといった必要性はなくって、1教科ずつ受験を行ってもいいんです。合格科目に関しましては、公認会計士資格を獲得できるまで有効とされていて2回受ける必要はないのです。
一年の中でも9月〜、次の年度の公認会計士試験を対象に準備をやり出すといった人も、結構多いかと思われます。約1年あまりに及ぶ気力&体力が求められる受験勉強においては、自分に最も合う勉強法を見つけるオリジナリティも必須といえます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|以前は合格率が1... | トップ | 公認会計士|簡潔に言うと公... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL