13年の経験を持つ会計士が教える飛躍的にキャリアアップするための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ会計士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

公認会計士|原則的に公認会計士試験を独学にてやりぬくには…。

2017-06-28 22:20:01 | 日記

資格試験に合格できないケースの、トータルの勉強時間のムダを思いますと、公認会計士の試験については学校が提供している通信講座、あるいは通学して授業を受ける通学講座をセレクトするのが、事無きを得るものだと思われます。
実際に全資格試験科目の平均合格率の数字につきましては、約10〜12%であって、他の難関とされる資格よりも、合格率が大分高いように思ってしまうかもしれませんが、これは各科目の合格率ということであって、公認会計士試験全部をひっくるめた合格率ではないんで、頭の片隅に置いておいてください。
簡単に述べますと「足切り点」(第一段階選抜)としたような気になる制度が、公認会計士試験におきましてはございます。つまるところ、「定められた点以下ならば、合格になりませんよ」とした点数が設定されております。
丸々独学で貫きたいのは理解できるけど、日程調整かつ試験勉強方法等に、不安な点があるといった時なんかは、公認会計士試験対策用の通信講座(通信教育)を受講するのも、いわゆる一つのやり方だと思われます。
いろんなメリットがある、公認会計士資格取得の予備校に通学しての効率イイ勉強法ですけれども、その分数十万円以上の特定の額が必須なため、誰でも受講できるというわけではなさそうです。

原則的に公認会計士試験を独学にてやりぬくには、めちゃくちゃ高難度なことであるのですが、そうであっても自力で貫きたいとやる気がある人は、まず先に会計に関わる科目の勉強からやり始めるようにするといいでしょう。
原則的に公認会計士試験の特徴を挙げると、定められた基準を軸に評価する試験の仕組みとなっていて、資格合格者の総数を前もって設定していないので、要するに試験全体の難易度自体が、直接合格率に大きく反映されることになります。
勿論のこと独学の勉強法にて、合格するということも、実現可能です。けれど、公認会計士試験は10人チャレンジしても、合格者が0人のケースもある高い壁の法律系国家試験です。合格を勝ち取るには、良い勉強法を自分のものにしなければいけません。
公認会計士試験の簿記論については、覚えなければいけない量は沢山ありますが、その大部分が計算する問題で出題が行われますから、公認会計士は割りと完全独学でも、取り組みやすい教科内容といえます。
公認会計士の合格者の合格率は、約1.75%と認識されています。現在、国内でも米国をモデルにした法科大学院というのが設けられ、そちらの教育課程を終えれば、新司法試験を受ける資格+法務博士の学位が授けられます。

一般的に公認会計士試験は、相当難しいレベルの国家試験と挙げられておりますので、勉強法が確立出来ていない方は専門学校に定期的に通った方が、確実に無難かと思われます。とは言え、独学であっても人によっては、そのやり方がマッチしているならOKであるといったような事例もあるようです。
現在は公認会計士試験向けの、コンテンツ・サイトや、知識・経験豊富な公認会計士が、受験生向けにメールマガジン等の配信を実施しており、情報力やまた勉強への意欲を上げるためにも活用することができるでしょう。
法律系の国家資格として誇り、専門知識が要求される仕事を担う、公認会計士と公認会計士ですけど、実際の難易度としましては公認会計士の方が一段と壁が高くて、合わせてお仕事内容についても、大幅にめいめい相違しているのです。
社会人をしながら、公認会計士を目指すような人達も中にはおられるかと思いますから、あなたの行えます事柄を日々少しずつ続けていくといったことが、公認会計士試験の合格を実現できる早道となるのかもしれません。
このWEBサイト上では、公認会計士用の通信講座(通信教育)を、失敗しないように選定できるように、公平に評定できるデータを提供していきます。それ以後は、あなたの判断でオンリーワンをチョイスしましょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|大学で法律を専... | トップ | 公認会計士|難易度の高い資... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL