13年の経験を持つ会計士が教える飛躍的にキャリアアップするための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ会計士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

公認会計士|公認会計士の代わりになる「暮らしの法律屋」として…。

2017-06-16 10:10:10 | 日記

実際法務専門の法科大学院の修了者であれど、合格できないことがままありますので、適正な効果的な勉強法を理解した上で立ち向かわなければ、公認会計士資格試験に合格するのは困難といえます。
公認会計士資格の試験制度の改訂において、かつてのどう転ぶか分からない賭博的な因子が削除されて、現実に実力を持っているのかということを大きく問われる国家試験へと、昨今の公認会計士試験は根本から変わりました。
現在は公認会計士試験に打ち勝つための、HPや、ベテランの公認会計士が、受験生たちに向けポイントを教授するメルマガ等の発行を行っていて、情報処理力はじめ積極的な精神をより高めるにも利用できるものです。
著しく高難易度の国家試験に因らず、それぞれの科目ごとに分けて受験するといったこともできることによって、ですから公認会計士試験においては、1回に5万を超える人が受験にチャレンジする、受かりづらい試験なのです。
合格者が少ないと広く知られております公認会計士試験の難易度は、極めて難しくって、合格率を見ても3%以下と、法律系国家資格の中でも、ハイレベルとされる難関の試験となっています。

公認会計士試験に関しましては、年齢についてや性別、これまでの学歴などの条件は不問ですので、どういった人であれど受験することが認められています。万一法律につきましての知識・情報がゼロの初心者であろうと、確実な受験に対しての方策を立てることで、合格可能でございます。
根本的に通信教育に関しましては、教材の精度の高いOR低いが結果を左右します。今はDVDだとかネット経由の動画配信などの動画授業も豊富に揃っていますが、公認会計士の専門学校により、教材内容は実に様々です。
以前においては公認会計士試験の受験は、他よりもゲットしやすい資格なんて言い表されてきましたけれども、昨今は至極難易度が高く、とんでもなく合格を実現できないという資格とされております。
公認会計士の資格をとる場合、リアルに合格率が6%位としたデータがでており、事務系の資格内におきましては、狭き門の資格とされています。ですけど、試験の全問題のうち6割以上正しく答えられたならば、必ず合格圏内に入ります。
元々公認会計士試験は、かなり難関であります。合格率の値は、10%程となっています。ただし、一回に絞った試験でチャレンジせず、数年間にわたり合格を狙うのであれば、特段難度が高いものではないと思われます。

一般的に公認会計士は、一から独学で臨んだとしても合格を手にすることができる資格といえます。中でも只今、会社勤めの人が発起してチャレンジする国家資格としては可能性が高いわけですが、その反面難易度も高いレベルであります。
これまでに簿記検定試験1OR2級クラスを独学の勉強法で、合格に至った人だとしたら、公認会計士試験での簿記論&財務諸表論の2つについては、ベースを理解しているため独学にて合格を可能にするのも、難易度が高いことではないのではないでしょうか。
公認会計士の代わりになる「暮らしの法律屋」として、社会に貢献できる公認会計士の受験をする上で、資格(大卒であるかないか等)は必要有りません。基本的にどんな方でもチャレンジ可能なので、通信教育の内でも、年齢・性別に関わらず多くの人たちに関心を寄せられている法律資格でございます。
実際合格率約3%の高難易度の、公認会計士試験において合格を獲得するには、1人独学での受験勉強だけですと、大変なケースがよくあり、専門スクールに行くか、自宅で通信教育を受講して学ぶのが一般的といえます。
試験を受ける前に会計事務所やまた公認会計士事務所にて働き、いろんな経験を重ねていきながら、確実に学んでいくとした方は、どちらかといえば通信講座の方が1番合っているといえます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|無論…。 | トップ | 公認会計士|科目ごとの合格... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL