13年の経験を持つ会計士が教える飛躍的にキャリアアップするための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ会計士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

公認会計士|学校で法律を学んでいなくっても…。

2017-06-15 15:40:02 | 日記

税務上の個別論点の範囲に取り掛かりましたら、基本関連性がある演習問題に出来る範囲で臨み、キッチリ問題に慣れるようにするとした勉強法を行うのも、公認会計士試験の簿記論の対応策には著しく効果が期待できます。
合間の時間を有効に使用して、勉強を進めることが可能であるので、会社通勤や家の事などと二足のわらじで公認会計士の資格取得をしようと思っている方たちには、自宅で勉強できる通信講座は、まことに便利でしょう。
学校で法律を学んでいなくっても、及びNO知識&経験であれど公認会計士になることは可能ですが、しかしながら全て独学で行うならば、長時間の勉強をこなすということも要必須です。己もオール独学で合格を手に入れたため、そのことを思い知らされています。
エキスパート講師陣とダイレクトに接触することが可能である予備校通学の長所は、魅力なのですが、常に一定のやる気さえ持ち続けられれば、公認会計士向けの通信教育で学習することで、しっかり実力を育むことが出来るといえます。
資格を獲得して、これから「実力で新境地を開きたい」等といったポジティブなやる気がある方であるなら、いくら公認会計士の難易度が厳しくとも、その大壁さえもきっとクリアできるでしょう。

国家試験の公認会計士試験における合格率につきましては、大よそ10%あたりと、難易度が高いと言われる割には、国家資格の中でも合格率が高めであります。ですが、たった一度きりで合格を手にするのは、可能性がほぼゼロと言われているみたいです。
実際従前から、法律に関する知識が全くゼロの状態から開始して、公認会計士試験合格に必須のトータル学習時間は、通常「3000時間以上」と知られています。現実確かに、ストレート合格者の勉強合計時間は、3000時間ちょっとという数字が挙げられています。
一般的に合格率の値は、公認会計士資格を取得する難易度状況を示す基準の1つでございますが、今日、このパーセンテージがかなり落ち込んできていて、受験をされる人たちに大きな関心をもたれています。
当たり前ですが公認会計士試験を受けるには、中途半端な取り組みであったら満足のいく成果がみられない、レベルが高い試験だという風に感じています。結局のところ勉強にあてることができる時間を効率良く&集中して費やしながら学習をコツコツ続けた方が、結果的に合格できる試験といえるのです。
できるなら危険を回避、リスクを低くする、用心するに越したことはないという目的で、公認会計士試験を目指す場合、公認会計士を対象とする専門の学校に行く方が安心ですが、けれども独学を選択肢の中に入れたとしても良いといえます。

利点が様々に存在する、公認会計士の資格予備校に通ってのノウハウがつまった勉強法ですけれども、トータルで数十万円というそこそこの費用が要されますから、受験生皆が受けることが可能であるものじゃないのも事実です。
スクールでの通学講座と通信講座を一緒に受けることが出来る、「資格の大原」の専門学校におきましては、クオリティの高い教材一式と、経験豊富な講師陣で、長年公認会計士合格者の2分の1を世に送り出す高い実績を有しています。
勿論のこと独学の勉強法にて、合格を目指すのは、不可能なことではございません。ですけど、現況公認会計士資格は10人挑んでも、1人でさえも受からないようなハードルの高い試験といわれています。資格を取得するためには、効率的な学習法を身につけなければならないでしょう。
今まで法律に関する知識など無いのに、短期集中で公認会計士試験合格を果たす先輩もいたりします。合格者に共通している要素は、己に合った「確実な勉強法」を見い出せたということです。
基本科目合格制度がある、公認会計士試験の資格の取得は、1度のうち、5分野の科目を受験することは決められておらず、時期をずらして1教科ごと受験してもよい仕組みです。合格を果たした科目につきましては、将来公認会計士になることができるまで有効とされていて2回受ける必要はないのです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|主流の資格専門... | トップ | 公認会計士|ベテラン講師達... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL