13年の経験を持つ会計士が教える飛躍的にキャリアアップするための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ会計士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

公認会計士|平成18年度に入ってから…。

2017-06-14 22:50:11 | 日記

平成18年度に入ってから、公認会計士試験の出題問題は、大幅に改正が実行されました。一般科目よりも法令科目が、問題の半数以上を占めるようになり、多肢選択方式の問題やまた、記述方式問題みたいな今までなかった流れの問題も登場し出しました。
科目合格制をとっている、公認会計士試験の資格取得は、1回の試験で、5つの科目の試験を受ける決まりは無く、各科目毎に受験しても良いシステムとなっています。1度合格できた科目は、この後も公認会計士となるまで有効なのです。
公認会計士資格の試験制度の改訂をきっかけに、従前の運・不運に影響される博打的な不安要素が一切なくなり、純粋に適格性があるのかが見極められる高難度の試験へと、公認会計士試験は根本から変わりました。
通信講座(通信教育)については、教材の精度の高いOR低いが合否を分けるものです。近ごろではDVD及びインターネット配信などの動画学習系も沢山ありますが、個々の公認会計士のスクールごとにより、指導方法は実に様々です。
安い値段、問題の出題範囲を選び抜き、勉強量を削減した学習システム、質の高い教材セット等が大人気の資格取得に強いフォーサイト。実際公認会計士の通信講座でしたらこのスクールが1番おススメ、というほど、人気が集まっております。

合格を実現することが出来なかった折の、膨大な勉強時間の危険を見ますと、公認会計士の試験については専門学校が提供している通信講座、その他には通学しての講座受講を選ぶようにする方が、安全性アリと考えます。
言うまでもなく公認会計士試験をオール独学で貫くというのは、相当難関ですが、立ち向かいたいとやる気がある人は、まず必須とされる会計科目の学習から入ると良いかと思います。
実際公認会計士試験に関しては、詳しい受験の制約なんてなくって、どこの学校を卒業したかという学歴は一切関係ないものであります。ですので、今まで、法律に関係する専門の勉強を一度もやったことが無いようでも、頭の良い大学を卒業していなくっても、公認会計士資格は取得可能であります。
実際に全資格試験科目の合格率の平均数値は、およそ10〜12%くらいで、別の難関資格以上に、合格率が若干高いように捉えやすいですけど、これに関しては教科毎の合格率の割合であり、公認会計士試験自身の合格率ではありませんから、覚えておいてください。
一般的に「くらしの法律家」として、社会に貢献できる公認会計士の受験をする際は、条件・経歴は何も定められていません。原則的に誰でありましても挑戦可能ですから、いくつもある通信教育の資格講座の中でも、男女関係無く幅広い層から人気抜群のポピュラーな資格でございます。

合格率の数値が僅か3%の茨の道の、公認会計士試験にて合格をするためには、独学スタイルでの受験勉強だけでやるのは、上手くいかない場合が大いにあり、専門の予備校に通学するかあるいは、通信教育にて受験勉強を行うのが大部分となっています。
勉強時間が毎日不足なく確保できる人は、王道とされる勉強法にて、公認会計士試験に合格する可能性が高いですが、常時お仕事等制約される条件がある方にとっては、ベストな取組方法とは言えないと思います。
限られている時間を有効利用して、効率的に学習を行えますから、会社に勤務しながらまた家事などと折り合いをつけて公認会計士の資格取得をしようと思われておられるという方には、空いた時間に出来る通信講座は、とても役に立ちます。
昨今は、通学して講座を受けているという人たちと、あんまり大きく異ならない受験勉強が可能です。このことを可能にするツールが、今となりましては公認会計士試験対策の通信講座のメジャーな教材となったDVDであります。
どの問題集を使用して学ぶのかということよりも、どういう効率の良い勉強法で実行するのかといったことの方が、間違いなく公認会計士試験を乗りきるには重要視されます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|現実的に公認会... | トップ | 公認会計士|今時は公認会計... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL