13年の経験を持つ会計士が教える飛躍的にキャリアアップするための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ会計士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

公認会計士|一般的に公認会計士の仕事は…。

2017-07-16 06:10:02 | 日記

実際に公認会計士資格取得試験の合格率の数字は、おおよそ1.75%というデータが出ています。ここ数年、法律専門研究の法科大学院とした新規の教育施設が設立されて、そのコースを卒業することによって、新司法試験を受験することができる資格が授けられます。
一般的に公認会計士の仕事は、日本の法律系国家資格試験の関所として、いろんな歳の方達に人気が高いのですけれどそれとは別に、見事合格した以降は、いざ公認の個人事務所を立ち上げ、独立して開業を行うのも出来る法律系国家試験の一つです。
著しく高難易度の試験なわけですけれど、各科目ずつ1回1回別に受験可能なことなどから、そのせいもあり公認会計士試験に関しましては、従来より毎年5万人もの人達が受験を行う、受かりにくい試験となってます。
現実的に難関資格といったように言われております公認会計士試験の難易度というのは、著しく高度であり、合格率のパーセンテージも2パーセント〜3パーセントと、日本国内の国家資格の中でも、上位を誇っている難関資格試験となっております。
税金について定められている消費税法は、公認会計士試験の教科の中では、そんなにも難易度は高めではあらず、基礎的な簿記の知識を確実に理解しておくことで、相対的に困難とせず、合格圏内に入ることが可能でしょう。

全部の教科の合格率の平均数値は、大体10〜12%位で、他のハイレベルな資格よりも、合格率が高めに見えるかと思われますが、それにつきましては各々の科目の合格率の数値で、公認会計士試験トータルでの合格率では、決してないのです。
正直DVDでの映像授業ですとか、テキスト学習材での勉強方法に、少しだけ心配&不安があったりするのですけど、リアルに通信講座によって、公認会計士の試験に合格したという人達も数多く存在しておりますし、完全に独学するよりは、ベターなのではと考えております。
毎回合格率がたった3%の狭き門とされる、公認会計士試験に合格しようとするには、独学でする勉強だけで臨むのは、容易に事が運ばないようなケースが沢山ありまして、資格取得予備校に足を運ぶか、通信教育を利用して学ぶのが世間一般的でしょう。
今日公認会計士の通信講座の中において、特にお勧めの資格取得ツールは、国家資格の取得を心強くサポートしてくれるLEC です。講座で使用する学習書は、多くの公認会計士受験者の中で、最も実用性優れたテキスト本として定評を得ております。
実際公認会計士試験の勉強については、長時間集中力の持続が出来なかったり、モチベーションを上げることが簡単ではなかったりというような不利な点も見られたわけでありますが、総合的に見て通信講座を行って、良い結果につながったように思えます。

原則的に独学で勉強して、合格を叶えるといったことは、実現可能です。しかしながら、例年公認会計士は10人受験をしたとして、誰も受からない高い壁の法律系国家試験です。合格をするためには、良い勉強法をマスターするべきです。
今まで法律知識が一切無いのに、割と短い年数で公認会計士試験に晴れて合格される方もいます。合格者の皆さんに見られます共通する部分は、本人にピッタリの「能率的な勉強法」をセレクトすることが出来たことであります。
学習にあてることができる時間が毎日一杯確保することができる受験生であれば、基本の勉強法により、公認会計士試験に合格する可能性が高いですが、何かと時間的に制約条件があるという方には、確実な術ではないでしょう。
基本的に公認会計士試験は、超難関国家試験の1つですから、勉強法が確立出来ていない方は専門学校に行くようにした方が、確実に無難かと思われます。だけど、何もかもすべて独学で貫こうと人により、その方法が合っていれば合格への道が近いというような実例もよくあります。
難所である税法教科の「理論暗記」を主に、公認会計士試験の効率良い勉強法や頭脳の訓練、勉強力を高める速聴・速読ということに関しましてもくまなく調べています!他暗記法の秘訣ですとか、勉強をする中で、便利なツールを皆様に提供していきます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|実際全科目にお... | トップ | 公認会計士|一般的に9月に入... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL