13年の経験を持つ会計士が教える飛躍的にキャリアアップするための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ会計士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

公認会計士|当ホームページは…。

2017-06-18 16:30:15 | 日記

資格取得が難しい試験といわれる公認会計士試験を受ける場合におきましては、中途半端な努力では絶対に合格することは不可能でしょう。さらにまた独学で合格を目指すのは、並大抵の努力では難しいです。あなたにとってちょっとでも貢献できるインターネットサイトとして使用してくれればハッピーです。
的外れな勉強法をやり続けて、ゴールが遠くなってしまうことほど、無意味なことはございません。是が非でもベストなスタイルで短期間で合格を実現し、公認会計士の資格をとりましょう。
最初からずっと独学でやっているけど、学習の時間管理や勉強の仕方などなど、懸念する等の際においては、公認会計士試験対象の通信講座で勉強するというのも、1案なのであります。
原則的に科目合格制というシステムだから、公認会計士試験に関しましては、会社勤めしている人等も受験に挑みやすいけれども、反対に受験に取り組む期間が長引いてしまう風潮がしばしばみられます。よって先輩合格者方の質の高い勉強法にチャレンジすることも必要でしょう。
現実的に30万円以上〜、時々には50万を超える額の、公認会計士向けの通信講座も珍しくないものです。そうして受講期間についても、1年以上継続の長期スケジュールの通信コースであることが、しばしばございます。

現在の公認会計士に関しては、平均の合格率が約6%少々と周知されておりますので、事務系国家資格のジャンルでは、競争率の高い難関資格とされています。けれども実際のところ、全ての試験問題の中6割合えば、合格できるのです。
日本の公認会計士試験においては、大卒でなければいけないなど学歴等の受験資格は設けていないので、どなたであろうとも受験することが認められています。もし法律関係の学識をほとんど有していないといった方であれど、ちゃんとした受験の対策を行えば、合格が狙えるといっても過言ではありません。
実践で「法律学的に思考が出来る人物」であるか否かを審査されているみたいな、大変難易度の上がった試験としていわれているのが、ここ最近の公認会計士試験の実際の様子と受け止めています。
一般的に公認会計士の仕事は、日本の法律系国家資格試験の関所として、年齢関係なく高人気であるのですが、受験合格後には、自分自身のオフィスを設けて、独立して開くといったことも選択肢にある唯一の法律系専門試験なんです。
昔から毎年、2万名〜3万名程度がチャレンジし、その中の600人〜最高900人前後ほどしか、合格を勝ち取ることが出来ません。この状況を鑑みても、公認会計士試験がどのくらい難易度が高いのかがわかるといえます。

やはり公認会計士に合格するには、しっかりした勉強法で取り組むのが、スゴク大事といえます。このネットサイトでは、公認会計士試験当日の日程やまた参考文献の選び方等、受験生にとりまして役に立つ様々な情報を発信しています。
仕事をやり続けながら資格をとるための勉強をして、何とか3回の受験で公認会計士に合格することができた、自らの受験を思い返しても、今はちょっと前より難易度は、物凄く上がってきているのではないかと思います。
当ホームページは、現役のプロの公認会計士が、公認会計士試験の効率いい勉強法指南をはじめとする、公認会計士を対象としている通信講座(通信教育)の一般受けの様子、口コミサイトなどを独自で調査し、掲載している情報サイトとなっております。
関門であるといわれております「理論暗記」はじめ公認会計士試験の勉強法のポイント、また脳を育てる頭脳開発、速聴と速読といったこと等についてもオール調査!このこと以外にも効率イイ暗記法とか、勉強に取り組む上で、役に立つ押さえておくと良いポイントを幅広く載せていきます。
わずかな時間を有効に活用し、効率的に学習を行えますから、会社通勤や家の用事などと両立しての公認会計士の資格を取得しようという考えがある方にとっては、お家にいながらやれる通信講座は、かなり役立ちます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|たった一人で独... | トップ | 公認会計士|大抵の資格取得... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL