13年の経験を持つ会計士が教える飛躍的にキャリアアップするための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ会計士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

公認会計士|実際公認会計士試験の合格率については…。

2017-06-30 22:10:04 | 日記

実際に公認会計士に関しましては、一から独学で臨んだとしても合格することが可能である資格のうちの一つです。中でも現今、会社勤めの人が決心して挑む資格としては期待ができますけれども、隣りあわせで難易度も相当高いものであります。
普通公認会計士試験を受験しようとする場合、年齢はじめ性別に関する受験条件が無いため、学歴の有無は条件が定められていません。これまで、法律の詳細な勉強を行ったことがない場合でも、優れた学校を卒業した学歴を持っていなくても、公認会計士の資格をとることは可能でございます。
資格試験に合格できないケースの、学習を行う合計時間の危険性を考えますと、公認会計士の試験については専門学校が提供している通信講座、また学校での通学講座コースを選択する方が、安全性アリでしょう。
最近は、直に専門学校で教育を受けている受験生の方たちと、特段変わらないような勉強が実現されています。そちらの点を可能にするツールが、今はもう公認会計士資格取得の通信講座のオーソドックスな教材と言われておりますDVD教材です。
実際公認会計士試験の合格率については、およそ10%程度と、難関試験とされている割には、高めの合格率が出ております。とは言え、1発目で合格することが出来るのは、極めて困難で望みが薄いと言われている様子です。

必須分野の5科目に合格するまで、数年がかりとなる公認会計士の国家試験におきましては、学習を続けることができる環境を持てるか持てないかが、肝要で、学校通学ではなく通信教育コースに関しては、殊更それが言えるかと思います。
実際に公認会計士試験の勉強をやる上におきましては、集中力が持たなかったり、常時前向きなモチベーションを維持することがしんどかったりと弱点も味わいましたが、総合的に見て通信講座を選択して、合格することができたように思われます。
基本的に通信教育の講座では、公認会計士試験対象の事前策を完全にとりまとめた、公認会計士資格専用の学習材があるので、オール独学より学習フローが習得しやすく、勉強に取り組みやすいはずです。
各々の教科の合格率のパーセンテージは、大まかに10%前後と、各々の教科とも難易度が高度な公認会計士試験は、科目合格制度を設けているため、仕事しつつ合格を目指せる、資格でございます。
高い網羅性を誇っているテキスト書においても確認することの出来ない、知識が必要になる問題に関しましては、スグに諦める事をおすすめします。言ってしまえばドライな結論を選択することも、難易度が高めの公認会計士試験に対しては、大切な事柄であるんです。

例年、公認会計士試験でのリアルな合格率は、大体2〜3%程度でございます。必要とされる合計学習時間との相互関係に着目しますと、公認会計士の国家資格取得試験がどれだけ難関試験であるのか分かるでしょう。
ずっと前から公認会計士試験に関しましては、壁が高いと認識されている、法律系国家資格の1つ。このHPでは、目標の公認会計士試験に一発合格するための能率的な勉強法等を、当サイトの管理人自らの合格するまでの経験を基本として公開します。
実際に公認会計士試験では、1科目ごとで120分しか受験する時間がありません。受験する人たちはその制限時間の範囲内で、より高い合格点を取得しないといけないので、至極当然ですけれど素早さは必要であります。
通学講座&通信講座の2種を掛け合わせて受講できるカリキュラムを設けている、CMでも有名な「資格の大原」は、ハイクオリティの教本セットと、かつまたプロフェッショナルの講師達の指導で、毎回公認会計士合格者の半分以上の合格者の成果を上げる高い功績を残しています。
合格者の合格率7%に満たないと、公認会計士試験についてはかなり難易度の高い資格試験です。ですけど、過分に臆する必要はありません。本気で勉学に励むことにより、どんな人でも確実に合格をゲットすることはできるのです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|大概の専門スク... | トップ | 公認会計士|無駄が多い勉強... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL