13年の経験を持つ会計士が教える飛躍的にキャリアアップするための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ会計士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

公認会計士|司法試験と変わらない勉強法でありますと…。

2017-07-11 06:50:02 | 日記

科目ごとの合格者の合格率は、ザッと1割強と、それぞれの教科ともに高難易度の公認会計士試験は、科目ごとの合格システムをとっているんで、社会人をしながら合格することも決して不可能でない、資格といえるでしょう。
普通大半の方は、テレビCMなどが流れている有名な通信教育の会社だからとかの、何一つ手がかりもないうやむやな理由にて、、また口コミなどを確認しないで通信教育を選びがち。だけど、そのような姿勢では難易度が高い公認会計士に、合格することは出来ないと思われます。
実はDVD及び、テキスト学習材での勉強スタイルに、少なからず不安を抱いていますが、実際通信講座を活用して、公認会計士の資格取得を実現している方もいっぱいおりますし、全部独学で実行するよりは、安心できるのではないかなと思っています。
司法試験と変わらない勉強法でありますと、0からはじめる公認会計士試験に限る受験生よりも、トータルの勉強量が膨大なものになりがちです。それだけでなく適う成果はあらわれず、コストと効果のバランスが悪いです。
現実会計事務所やもしくは公認会計士事務所に勤務して、実務経験を積みスキルを磨きながら、ちょっとずつ学ぼうといった人の場合は、通信講座を選択する方がおススメかと思います。

公認会計士さんに代わる街の法専家としまして、活躍が求められている公認会計士の身分は、社会的に地位の高いとされる資格です。したがって、それに反映して試験の難易度の度合いにつきましてもかなり高くなっています。
先々資格をとろうと受験学習をスタートする方たちにとっては、「公認会計士試験に対しては、どれぐらいの学習時間を堅持したら合格できるのか?」というデータは、気になる点だと思います。
以前は合格率の数字が10%強に落ち着いていた公認会計士試験でございましたが、なんと今や、低下し1割満たない値でずっと定着をみせております。合格率一桁台であると、高難易度のランキング上位の国家資格として、挙げられます。
当ウェブサイトは、プロの公認会計士が、公認会計士試験の効率的な勉強法を基礎からアドバイスし、かつまた数多くの公認会計士資格取得専門の通信講座の世間の人気度、利用者の感想等の調査をして、解説をアップしている公認会計士に特化したサイトとなっています。
毎年毎年、2万〜3万人前後が受験に臨み、約600名から900名だけしか、合格できないのです。この1部分を見るだけでも、公認会計士試験の難易度が高度であるのかがわかってしまいます。

スクールでの通学講座と通信講座を同時に受講できるカリキュラムを設けている、「資格の大原」の専門学校におきましては、クオリティの高い教材一式と、加えて優秀な講師たちによって、常に公認会計士合格を獲得した人の半分を輩出するという業界トップクラスの実績を誇ります。
現今の公認会計士試験については、実際上は筆記による試験だけしか無いものであると、認識して構いません。何故なら、面談での口述試験については、余程の出来事が無い限りは落ちるようなことがない容易な試験のためであります。
例年、公認会計士試験に合格した人の合格率は、およそ2〜3%ぐらいとなっています。必要なトータル勉強時間との双方のバランス加減を見ると、公認会計士資格取得試験がどれだけ難易度レベルが高いものであるかご想像いただけるかと思われます。
公認会計士の簿記論に関しては、理解するべき内容は膨大なのですが、100パーセントの確率で計算形式の問題で組み立てられているため、公認会計士資格取得は国家資格の中では、比較的独学で臨んでも、身につけやすい教科内容といえます。
実際に通信教育講座ですと、公認会計士試験1本に焦点を合わせた方策を充分にまとめた、オリジナルの教材が用意されているので、全て独学でしていくよりも勉強の手順が認識しやすく、勉強に取り組みやすいと言えるでしょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|どのような問題... | トップ | 公認会計士|はじめから独学... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL